海外個人旅行哲学


旅の中で考えたことを、こちらにまとめてみます。

『海外個人旅行哲学』
最初の世界一周旅行の経緯、なぜ、僕は2年8か月の世界一周旅行をすることになったのか。なぜ旅行記を書くのか。
【旅行哲学】『旅がすばらしいのは、解決するものはその場で解決するってことだ』@クエッタ/パキスタン
人は少なくとも、働くために生きているのではないキューバ旅行記より)
飛行機に乗っている時間はムダ。(航空機の座席に座っていることは、海外旅行ではない)。
予約をしないで旅をすることが、旅である。(予約をするとそれは、ツアーのなりそこねとなる)
インターネットは、間違った情報、空想と想像があふれているのでとても危険。(インターネットはとても危険)
ガイドブックは、古いほど面白いし使える。
旅の計画は、知らない町に暗くなって着かないように立てるのがポイント。
旅は、朝移動、昼宿探し、午後観光、夜はぐっすりの繰り返し。

「一度行ってよかったところへ、二度と戻るな
旅先で出会った女性の年齢や職業を、詳しく聞いてはいけない。
【盗難論】マナグアの安宿に荷物を置いて、夜中に外出する時に、盗難防止について旅行哲学する
『日本における海外旅行本の歴史を軽く振り返り、旅行哲学をして1日過ごす』@グアテマラシティ/グアテマラ
旅とは不安定さを楽しむこと。 ( 世界旅行者は、旅行天使と車でメキシコへ下らなかった理由を、日本人の本質から旅行哲学する)
アメリカに住み着きたい日本人には、ほとんど情報がないという話
ロサンジェルスのバイトについて、日本の労働について、旅行哲学する
CBSの日本特集を見て、バブルの絶頂期でも、米国での日本人の存在感のなさを旅行哲学する

世界旅行者は「日本人が英語がしゃべれない根本的な理由」を語る
「A Glorious Way to Die」で、海外旅行で外国人と話して、英語の本をガンガン読んでいた時代を回想する
『海外での語学学習について、自分の体験から、旅行哲学してみる』
index
xxx