ユースホステルの2人部屋を1人で使って泊まる@Hosteling International Toronto/トロント/カナダ

これが、僕が泊まった「Hosteling International Toronto」の602号室です。
2人部屋を1人で使ったので、2004年の秋で、74.28カナダドル(約6400円)でした。
1980年代に学生や若者がヨーロッパや米国を周遊していた時代。
そのころは、ユースホステルに宿泊するのが定番だった。

現在の日本人の海外旅行というと、けっこう金がかかったものになっている。
でもホテル代が高いところでは、現在でもユースホステルに宿泊することを一つのオプションとして考えておくのがいいだろう。

特にヨーロッパをユースホステルに泊まりながら旅をするのはオススメ。
同じような若者と知り合えるので、情報交換にしても有利だし、旅の同行者をすぐに見つけられるからね。

僕自身は、学生時代はユースホステルに宿泊して日本中を旅してまわった。
ただ、海外旅行では、ほとんどユースホステルにとまったことはない。

世界一周旅行中にユースに泊まったのが、ニュージーランドやオーストラリア。
もともとこの地域はホテル代が高くて、ユースやバックパッカーズというドミ(共同部屋)に泊まらないと旅が出来にくいところなんだよ。

2004年にトリニダードトバゴへ行く途中、行き返りにトロントで宿泊しなければならなくなった。
いつものように出たとこ勝負なので、トロントに到着して観光案内所で、空港利用者に特化したコンフォートホテルを紹介してもらった。
税金など全部コミでシングルが90.84カナダドル(約8千円)もかかった
これには、空港への送迎バスの値段も含まれてるので、そこを考えるとなかなか有利なんだけどね。

帰りには飛行機の都合でトロントに2泊するし、ナイアガラへも行きたかったので、トロントの中心に宿を取りたい。
そこで、ユースホステル(Hosteling International Toronto)に泊まることにした。

予約をせずに飛び込んで、ドミではなくて一部屋を借りると、74.28カナダドル(約6400円)。
これはシーツ代も含んでいる。
部屋にはトイレもシャワーも付いていて、小さなテーブルもあり、特に問題はない。
ドアの鍵もカード式だし、ユースホステルのロビーから客室へ入るドアもカードで管理されている。
2泊したので、ユースホステルのカードにシールを2枚貼ってもらった。
6枚貼るとユース会員の値段で宿泊できる。

ユースホステルのカード
このときに、シールを最初から6枚購入して、会員値段で宿泊した方が有利だったかもしれない。
ただ、居心地がいいかどうかわからなかったので、そこまで考えなかったんだけどね。

思い出すと、ニュージーランドの南島クライストチャーチのユースでも、ロンドンのアールズコートのユースでも、会員になったときはシールを6枚購入した記憶があるね。

旧ユーゴスラビア、ベオグラードのユースでシングルルームに宿泊したことがあるが、これは普通のホテル並みの設備だったよ。

ま、いろいろあるってことね。

【参照】日本ユースホステル協会 http://www.jyh.or.jp/
【写真】カナダのユースホステルビジターカード(シールが2枚貼ってある)
【旅行哲学】ユースホステルにもいろいろある。
http://www.hihostels.com/dba/hostels-Toronto-011006.en.htm
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20050107
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20080925#p3