『ワールドトレードセンターの日系銀行で、クレジットカードの相談をする(1988/11/08)』@ニューヨーク/米国

【エンパイアステートビルから見るニューヨーク(2000)】
1988年11月8日、火曜日。
「ニューヨークシティマラソン(New York City Marathon)」が終わり、1988年のブッシュ対デュカキスの大統領選挙も終わった。
今夜には大統領選挙の結果がわかる。
そうなると、いくらアイディア豊富な僕だって、ニューヨークに留まる理由を思いつかないよ。
明日、ニューヨークを出て、グレイハウンドでの北米一周旅行を開始することになるだろう。
カナダの寒さのためには、昨日、革ジャンを買ったしね。
また、「地球の歩き方・カナダ」も入手している。
これ以上、ニューヨークにいる理由なんか、さすがグータラな僕でも思いつけないよ(涙)。
とにかく、恒例の「朝のホットシャワー」を、思い切り浴びる。
洗面所だったと思うが、日本人の若者がいたので、いつものように、オキラクに声をかける。
大阪から来た若者だったが、話してみると、彼は僕の卒業した、京都大学の4回生だったよ。
旅先では、京大生に会うのはよくあることなので、特に驚かない。
彼と適当に旅の話をして、時間を潰した。
主に、旅先で増えた荷物を、日本へ送る話だったかな。
僕も、旅に出るときは、荷物は少ないほうがいいので、まだ、余分なものを送ろうと考えている。
そのあと、部屋に戻って、テレビを見ていた。
すると、テレビで日本の銀行のコマーシャルが流れた。
この銀行の東京の麻布支店に、僕の口座がある。
そうして、その口座は、クレジットカードの引き落としに使っている。
ところが、そのカードは、米国に入ったとたん、使いにくくなった。
ちょっと大きな額の買い物をしようとすると、すぐに問い合わせをするようにと、ストップがかかる。
昨日、230ドル程度の革ジャンを買ったときも、承認されるまで、1時間ほどかかった
ヨーロッパではまったく問題なく使えていたのだが…。
もちろん心当たりがないわけではない。
実は、東京の家を引き払って、すぐに海外旅行に出た。
ちょっとバタバタしていたので、クレジットカードの住所変更届を出してない。
つまり、クレジットカードの請求書は、宛先不明で、カード会社に戻るのだろう。
ただ、銀行口座はちゃんと存在していて、そこにはまだ数百万円の預金がある。
だから、いままで一度も引き落としができなかったということはないはず。
ただ住所不明では、やはり問題だろうねー。
正直、もともとクレジットカードを海外旅行に持って出るつもりはなかった。
カードや重要書類を、銀行の貸金庫に入れたときに、ふと、一枚だけクレジットカードを手許に残しただけなんだよ。
だから、ほとんど使うことはなかった。
思い出すと、スペインのマドリッドで、バルセロナ行きの列車の切符を買うときに、たまたまスペインペセタがなくて、カード使ったのが最初だ。
あと、ロンドンで、米国行きのサウジエアの片道航空券を買ったときにも使った。
でも、ヨーロッパでは、まったく問題なく使えたものだが。
それを思い返してみるとだね、この時期(1988年)は、クレジットカードが変化する途中だったんだろうね。
ヨーロッパでは、ただ、カードを「インプリンター」という装置、にはさんで、ガッチャンとプリントするだけで、承認も何も不要で、そのまま使えた。
米国本土に渡って、カードを読取装置に通すようになって、それで承認が出ないと使えなくなっていた。
で、この時期、米国でも、カードを読み取らないまま、使えるところもあった。
いまは、カードが使えたり、使うのに時間がかかったりしている。
どういう状況なのか、確認しておいたほうがいいかもしれない。
というわけで、僕はこの銀行へ行ってみることにした。
銀行は、いまはなき、ワールドトレードセンターにある。
ワールドトレードセンターは、僕はすでに一度行ったことがある。
そのときは、屋上にあがって、風景を眺めただけだった。
今日は、ワールドトレードセンターの日系銀行へ行って、カードの事を聞いてみるつもり。
早い話、無理に用事を作っただけだ。
僕にとっては、ワールドトレードセンターの屋上から風景を見るのも、ワールドトレードセンターの日系銀行へ行くのも、同じだ。
つまり、新しい経験で、それは観光目的なんだよ。
どちらにしても、今日、何か用事を作ったほうがいいわけだし。
ワールドトレードセンターの日系銀行の受付に行った。
ここには、かなり体格のいい黒人女性がいた。
用事を告げると、担当の日本人社員を呼んでくれる。
彼は30歳をちょっとすぎたばかりくらいの、いかにもニューヨーク駐在の大手企業社員という雰囲気。
その意味は、ちょっと軽かった。
僕が事情を説明すると、銀行とクレジットカード会社は違うので、カード会社に直接話をしてくれ、との返事。
僕も事情はすぐに了解したので、あとは、世間話をしていた。
僕がこれから、アメリカを横断して、ロサンゼルスまで行き、それから南米旅行をするかもしれないと、話をした。
すると彼は、ブラジルへ出張した話をしてくれて、両替についてのアドバイスもくれた。
彼の話は聞いただけで間違いだとわかったが、ただの世間話なので、感心した振りをして、聞いてあげた。
僕は、ロンドンのシティでも、日系銀行に行ったことがあるし、この海外旅行中にいろんな日本企業の社員と会って、話をしてきた。
その経験から、僕は「日本企業は海外では失敗する」と予想していたね。
バブルの崩壊で、僕の予想通りになったわけだが。
ホテルの部屋に戻り、旅の荷物をまとめ、余分な荷物は、明日、日本へ送ることにする。
テレビを見ていたら、ブッシュが勝利した。
これでニューヨークに思い残すことはない。
明日、カナダへ向けてのバスに乗る。
手許にあるのは、グレイハウンドの1か月パスだった。
しかし、ある特別な事件が起きて、僕は2か月、北米バス旅行をすることになるのでした。

ニューヨーク物語

北米一周グレイハウンドの旅 「ホテル加宝物語」

パリ滞在とロンドン、アイルランド(1988/10/03-1988/10/22)

europe world INDEX 北アメリカ LIST
xxx