『ホワイトハウス、ワシントンモニュメント、ナショナルアートギャラリー、キャピタルヒルを見る』@ワシントンD.C./米国
1988年11月19日、ニューヨークからグレイハウンドバスで、ワシントンに到着。
ワシントンのバスターミナルのホテル案内板から電話をかけて、「THE BRAXTON HOTEL」に決める。
部屋は39ドル+タックスで、一晩43.90ドルになる。
ニューヨークでは、スローンハウスYMCAのシングルルームに、28.25ドルで泊まっていたので、高く感じる。
ただ、ニューヨークは、トイレもシャワーも共同だった。
まあ、トイレの数も多かったので、不便には感じなかった。
また、とにかくYMCAのシャワーは、ドバーッとお湯が出るので、気持ちよかったなー。
いままでいろんなシャワーを浴びてきたが、あんなにすごい勢いでお湯が出るのは経験したことがない。
まるで滝に打たれているような気持ちになったよ。
僕は世界一周旅行や長期海外旅行を繰り返すうちに、シャワーに適した身体になったみたいだよ。
正直、お風呂に入ると、キモチはいいんだけれども、つい長く入りすぎて、気分が悪くなるからね。
医学的にも、シャワーで局部を洗う程度の方が、身体にはいいらしいしね。
皮膚も、あまり洗いすぎて、脂気がなくなると、いろんなトラブルが起きるとか。
フランス人は、1年に棒石鹸を一本しか使わないというし、僕の今の考えでは、身体はキレイにしすぎない方がいいと思う。
僕が泊まったホテルは、トイレもシャワーも部屋に付いているので、高いのは仕方がない。
それに、ワシントンというところは、だいたい、ホテルは高い町らしい。
さて、翌11月20日、朝起きて、ロビーに降りる。
昨日タクシーをシェアしてやってきた英国人を見つけたので、軽く話をする。
このときは、「女性に話しかける時はどう言ったらいいのか?」という疑問をぶつけた。
彼の説明では、「Excuse me, Miss(Madam)」でいいとのこと。
そのずっと後、ロサンゼルスのスーパーシャトルで一緒になった知的白人金髪美人に「Excuse me, Lady」と声をかけたことがある。
このときは、シャトルバスの運転手から、「Ladyという呼びかけは失礼だ」と注意を受けた。
運転手は50歳代のイラン人だったが、これをきっかけに、白人美女と3人で、話が盛り上がった。
その時の話では、「Ladyという呼びかけは、売春婦を呼ぶときに使う」とわかった。
だから、呼びかけの時には使わないほうがいいという結論になった。
でも、若い女の子に、「Young Lady」と声をかけるのは、許されるらしい。
この白人金髪美女は、なかなか頭が切れて、MOCA(The Museum of Contemporary Arts, Los Angeles)の学芸員だった。
彼女をMOCAで降ろして、僕が最後に、4番街のホテル加宝で降りたので、逆にならなくて良かったと思ったよ(笑)。
それはそれとして、旅先で出会った人に、英語の疑問を聞くと、親切に教えてくれるもの。
もちろん、相手を見なければいけないけどね。
また、こういうことを聞けば、話のネタが出来るわけだよ。
欧米人と話をするといっても、共通の話題がないと、白けるだけだからね。
イギリス人の若者と別れて、僕はワシントンの町へ飛び出す。
僕が泊まったホテルは、結構町の中心部にあった。
だから、まずは「ホワイトハウス(WHITE HOUSE)」へ歩いていく。
ただ、1988年11月20日は日曜日だった。
このとき、何かの理由があって、火曜日まで見学できないとのこと。
僕は、グレイハウンドの乗り放題パス「アメリパス」を使っているので、とにかく動き尽くめだ。
火曜日までワシントンにいることはないね。
でも、ホワイトハウスは、外から見ただけで十分に感動的でした。
ホワイトハウスは、映画でも繰り返し繰り返し出てくるもの。
外観だけでも自分の目で見ているということは、いいことだよね。
また、ホワイトハウスの次に、アメリカの映画に出てくるのは、もちろんワシントンモニュメント(WASHINGTON MONUMENT)だよ。
というわけで、ワシントンモニュメントを見る。
次は、スミソニアン博物館へ。
スミソニアン博物館といっても、とにかく多くの博物館の集団があるわけで、とても1日や2日では、見尽くせない。
アメリカをグレイハウンドのバスで走り回っている旅行者としては、スミソニアンのごく一部を見れば、それで十分だ。
僕は「ナショナルギャラリー(NATIONAL GALLERY)」へ行く。
ここでは、ちょうど「JAPAN THE SHAPING OF DAIMYO CULTURE 1185-1868」という特別展をやっていたからね。
アメリカへ来て、ニューヨークでも、この展覧会のことは話題になっていた。
その理由はだね、(何度も書くが)僕が世界一周旅行をしていた1987年から1990年というのは、日本の経済力が世界を飲み込もうかとしていた時代。
その強力な日本というものに対する興味が盛り上がっていたんだろう。
このときは、美術展の解説のテープレコーダーにミニヘッドフォンで、美術展の解説が聞けた。
解説は英語だったが、話をしているのは日本人なので、とても聞きやすかった(笑)。
日本人は、日本風の英語で十分ということが、これでもわかるね。
日本人がアメリカ人みたいな英語を話すのは、「やりすぎ」ということ。
でも、この特別展は、日本の武士の甲冑がずらりと並んでいて、なかなか感動的でした。
愛国心がわいてきて、「日本はすごいなー♪」と、誇らしげに思って、背筋を伸ばして歩く。。
「大名(DAIMYO)」というタイトルの映画が上映されていたので、それも見る。
他には、「茶の湯の実演(TEA CEREMONY)」なんかに、人が集まってました。
「日本大名文化の形成」という展覧会は、東ビル(EAST BUILDING)だった。
そこで、西ビル(WEST BUILDING)にも行って、19世紀のフランスとイタリア美術を鑑賞した。
ホワイトハウスを見て、ワシントンモニュメントを見たら、もちろん国会議事堂(CAPITOL HILL)も、このあと見た。
これで、今日のワシントン観光はオワリにする。
国会議事堂から、ユニオンステーションまで、歩く。
この間は、公園を歩くだけで、なかなかすがすがしい気持ちだ。
ユニオンステーションから、地下鉄レッドラインで、メトロセンターへ。
そこからオレンジラインに乗り換えて、マクファーソンスクエア(MCPHERSON SQUARE)へ。
料金が80セントだったが、駅の照明が暗く、地下鉄の運行間隔があいているようで、結構な時間待ったよ。
ホテルに戻ったのは夜になったが、近くの酒屋が開いていないかもと、心配だった。
でも心配は杞憂で、酒屋でワインとビールを買う。
中華料理をテイクアウトして、部屋で夕食にしました。
ワシントンは、とにかくスミソニアン博物館には、見るものがたくさんあるね。
明日は、まず、スミソニアンの「航空宇宙博物館(NATIONAL AIR & SPACE MUSEUM)」を見る。
そして、夜には、グレイハウンドバスで、とっととマイアミへ向かうことにしましょう。
北米一周グレイハウンドの旅目次  
ニューヨーク秋物語 
北米 「ホテル加宝」物語 中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記