『ワシントンで、スミソニアン航空宇宙博物館を見て、グレイハウンドでジャクソンビルへ』@ワシントンD.C./米国

1988年11月21日、今日は、ワシントンを出て、マイアミへのグレイハウンドバスに乗る。
ホテルには、19日、20日と2泊したわけだが、宿泊費の清算でトラブルが起きた。
この宿は税金を含めて、1泊43.90ドルになる。
だから、2泊分は87.80ドルなのだが、それがカードで落ちないとか。
このカードはもともと世界一周旅行では使うつもりがなかったので、予備として持っていた。
しかし、トラベラーズチェックが減ってきたので、アメリカに入ってからは、ポイントポイントではカードを使っている。
ホテルで調べてもらうと、50ドルまでの支払いならば、使えるとのこと。
そこで、50ドル分はカードで支払い、残りの37.80ドルは、トラベラーズチェックで支払い、お釣りをドルキャッシュで受け取る。
今日は、マイアミへのバスに乗るつもり。
だから、バスの時刻の確認と、切符を確保するために、まず、グレイハウンドのバスディポへ行った。
朝のワシントンの通りを、バックパックを背負って、歩いていく。
バスターミナルのある付近は、ちょっと寂しい感じがして、危険だという噂もあった。
でも、朝の通りをバックパックを背負って歩いている中年男性を襲うことはないだろう。
やはり強盗は夜更かしだから、朝は寝ているものだしね。
ホテルからバスディポまで、歩いて30分かかった。
僕はグレイハウンドの乗り放題「アメリパス」を持っている。
この時代のグレイハウンドは、予約無しに乗れるというのが基本だった。
というのが、例えば、ある時刻出発のバスに乗る人が多ければ、別のバスを用意して、乗客を確実に運ぶってことね。
僕としては、バスの出発時刻を確認しておいたほうがいい。
カウンターで、アメリパスの冊子に、マイアミ行きのバスを記入してもらった。
カウンターで世間話をすると、マイアミは嵐だとのこと。
バックパックをバスディポのロッカー(569番)に預ける。
これで身軽になって、夕方出発のバスの席も確保したことになる。
あとは、ワシントン観光の続きをすればいいだけ。
昨日は、ホワイトハウス、ワシントンモニュメント、ナショナルアートギャラリー、キャピタルヒルを見た。
あと気になるのは、スミソニアン博物館の中でも、「航空宇宙博物館(National Air & Space Museum)」だね。
時間的には余裕があるので、まず郵便局へ行って絵葉書を出した。
地下鉄で、ユニオンストリートからメトロセンターで乗り換えて、スミソニアンへ(80セント)。
航空宇宙博物館では、特に、第二次世界大戦の航空機の展示が面白かった。
英国の主力戦闘機スピットファイア、ドイツのメッサーシュミット、米国のムスタング、それから日本の零戦もあったよ。
見慣れないイタリアの戦闘機が、目に新鮮で、面白かった。
戦闘機の形にも、なんとなく国民性が感じ取れるね。
あと、宇宙から世界各地を見おろすというタイプの映画があった。
この時期は、「スミソニアンで零戦を見た」というだけで、話のネタにはなったんだと思う。
いまだと、靖国神社の遊就館の1階に、零戦があります。
ここだと、入場料が要りませんから、靖国へ行った時には、是非訪れてください。
スミソニアンには、多くの博物館がある。
しかも入場料は無料だった。
巨大な博物館、美術館がずらりと並んでいるのを見ると、アメリカの国力を感じたね。
僕は海外旅行中には、美術館、博物館を片っ端から見て歩いた。
だから日本に戻ってきても、日本の博物館などを見て回った時期もあった。
でも、日本の博物館、美術館と言うものは、規模も小さいし、入場料も高いね。
この時期の日本は、バブルの時期で、お金は行き場がなくて、余っていたはずだ。
その時に、誰かが、巨大な博物館を作っていたら、日本のバブルの記念にもなったと思うけどね。
もう手遅れだが…(涙)。
時間もあったので、歩いてユニオン駅へ。
オーストラリアビールの「フォスターズ」の大きな缶とワイン、ツナサンドを夕食にした。
バスの出発は、午後5時くらいだったはずだ。
ただ、僕のノートには、はっきりと出発時刻が書いてない。
バスの切符は、「ワシントンからリッチモンド(RICHMOND)」「リッチモンドからフェイエットヴィル(FAYETTEVILLE)」「フェイエットヴィルからジャクソンヴィル(JACKSONVILLE)」「ジャクソンヴィルからマイアミ」の4枚のクーポンに分かれていた。
グレイハウンドでマイアミへ向かう。
「真夜中のカーボーイ(Midnight Cowboy)」の最後で、ニューヨークからマイアミへのグレイハウンドに乗るシーンがあったね。
そこでなにが起きたか、書きません。
是非、映画を見てください。
ワシントンから出たバスは、ところどころで、乗客を乗せたり降ろしたりして、順調に走った。
グレイハウンドバスのシートは(少なくともこの時期は)リクライニングしないので、寝る態勢が問題になるかな。
たまたま、夜中に隣の席が空いたので、2席を使って、身体を縮めて横になる。
ファイエットヴィルとジャクソンヴィルの間の、チャールストン(CHARLESTON)という町に着いたのは、深夜だった。
僕が2席を使って横になっていると、揺さぶられて起こされる。
チャールストンで、白人の若者が2人乗ってきた。
1人はイギリス人の「マーク」、もう1人がジンバブエ出身の「ディー」。
2人とも、来週日本に行くということで、適当に話をあわせる。
おしゃべりなディーが僕の隣に座って、結構話が続いたよ。
僕がアフリカ旅行の途中で、ジンバブエへ飛ぼうとして、止めた話をしたんだと思う。
ディーが言うには、「世界で一番キレイなのがジンバブエのトイレだ」という話。
1996年に僕がジンバブエのブラワヨへ行った時、その言葉を思い出した。
確かに、ブラワヨの公園のトイレは、きれいだったけどね(使用料も取られたし、専属の掃除人もいた)。
そのまま寝てしまったようだが、翌朝午前9時にジャクソンヴィルに、到着する。
最初の予定では、ジャクソンヴィルはただのミールストップという話だった。
ところが、ここでバスを乗り換えることになった。
その過程で、大変なことが起きてしまったんだ(汗)。
けれど、それはまた次の話を読んでね。
北米一周グレイハウンドの旅目次  
ニューヨーク秋物語 
北米 「ホテル加宝」物語 中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記