『ワシントン広場、ソーホー、グリニッジヴィレッジを歩いて、バナナリパブリックでTシャツを買う(1988/10/30)』@ニューヨーク/米国

【5番街の地下鉄駅(2000)】
1988年10月30日、今日は日曜日だ。
実はこの日、ニューヨークでは夏時間が終わり、普通の時間帯に戻った。
つまり、昨日の午前8時は、今朝の午前7時となる。
まあ、僕にとっての意味は、一時間ゆっくりと寝られたってことかな。
何年にもわたる長期旅行をしていると、いつか、この日にぶつかって、あれこれ考えたり、トラブルが起きたりするものだ。
僕が最初に経験したのは、イギリスで語学学校に通いながら、クラプハムジャンクションのホルバート婦人の家にホームステイしていたときだった。
翌日は夏時間から普通の時間へ戻ると言われていた。
でも、部屋の目覚まし時計を設定し忘れていて、午前8時だと思って朝食のテーブルに着いた。
すると、まだ午前7時で、朝食の用意ができてなかったってことなんだけどね。
日本でも、省エネの観点から、特に民主党の若手政治家から、夏時間導入の計画があると聞いているが、これは素人政治家の遊び。
日本で導入したら、大変なトラブル(事件、事故)が起きるに決まっているよ(笑)。
というわけで、ここで、世界旅行者は、「日本への夏時間制度導入にはっきり反対」の立場を明確にしておきます。
さて、10月22日にロンドンからニューヨークに着いた。
だから、10月30日になると、ニューヨークにはすでに9日滞在していることになる。
これまでのニューヨーク滞在で、ほとんどのニューヨークの定番名所は、見ている(と思う)。
特に、泊まっているスローンハウスYMCAのある34丁目からセントラルパークまでの地域は、歩き倒している。
それから南になれば、バテリーパークから自由の女神像への船には乗った。
ただ、バテリーパークへの行き帰りは、地下鉄とバスを使って、途中の街は見ていないんだ。
だから、今日は、ニューヨークのダウンタウンを歩いてみようかなと、思う。
まず向かうのは、ワシントン広場(WASHINGTON SQUARE)だ。
昔、「ワシントン広場はどこにあるでしょう?」というクイズがよくあって、答えは「ニューヨーク」だったから。
そうなると、ニューヨークのワシントン広場へ行くのは、話のネタになると考えたわけだ。
ワシントン広場は、西4丁目(WEST 4TH)にあったよ。
近くのサラダバーで、巻き寿司とチキン、天ぷらを取って、3ドル50セント程度。
500ミリリットルの缶ビールが1ドル10セントで、二本飲むと2ドル20セント。
次に、「セントマークスプレイス(SAINT MARKS PLACE)」へ歩いた。
セントマークスプレイスからまた、ワシントン広場に戻ると、結構人が集まっている。
中国人が空手ショーをやっていた。
また、黒人がワシントン広場の中央のサークルで芸をしていた。
こういう大道芸人が、いろいろやって、それで生計を立てている(実は結構儲かっている)人も多いのだろう。
僕がこのあと行くことになる、ロサンゼルスの「ベニスビーチ」みたいなところなんだろうね。
僕は「ワシントン広場(Washington Square Park)」から「セントマークスプレイス」へ、また戻る。
それから「トンプキンス広場(TOMPKINS SQUARE PARK)」、「ソーホー(SOHO)」、「グリニッジヴィレッジ(GREENWICH VILLAGE)」と歩いた。
その途中で「BANANA REPUBLIC TRAVEL CLOTHING CO.」という店を見つける。
これが、僕が「バナナリパブリック」に出会った、最初なんだけどね。
店も洒落ていて、一階には服が置いてあったんだけれど、その地下には、ガイドブックを売っていた。
世界一周中の僕としては、その雰囲気が大好きになって、ガイドブックをぱらぱらめくったり、旅行の服を見たりして楽しめた。
記念にということで、セール中だったTシャツを一枚買った(7ドル)。
このバナナリパブリックのTシャツを着ていたことで、グアテマラのキリグア遺跡で、同じくバナナリパブリックを着ていた神と出会ったんだけれどね。
まあ、それは、ニューヨークを出て、アメリカをバスで旅して、ロサンゼルスに落ち着いたあと、中米旅行をしていたとき。
まだまだ先の話なので、ここでは気にしなくていいです。
ただ、僕がロサンゼルスに滞在したとき、常に、バナナリパブリックの店に通っていたことは、覚えておくといいかもしれません。
ニューヨークのバナナリパブリックには、コットン100パーセントのセーターが売ってあった。
そして、その色柄とか、とても好きになった。
買おうかどうか、、かなり迷った。
値段は62ドルで、東京で似たようなセーターを買うより、ずっと安かったんだけれどね。
ただ、旅先で買う服というものは、結局は、荷物になるんだよ。
それで買わなかったわけだ。
この日は、なかなか寒かったので、とっととYMCAに戻って、暖かい部屋でごろごろして過ごした。
昨日買ったニューヨークタイムズを読んでいると、ワシントンの「NATIONAL GALLERY」で、「日本展」が今日始まったとのこと。
来年(1989年)の1月23日までやっている。
内容は、日本の「戦国時代」というのだから、これは、見ておく必要があるかもね。
今日は寒かったし、これで十分だ。
明日は、まだ見残している、ウォールストリートでも歩いてみましょう。
□ ワシントン広場、 ソーホー グリニッジヴィレッジ バナナリパブリック

ニューヨーク物語

北米一周グレイハウンドの旅 「ホテル加宝物語」

パリ滞在とロンドン、アイルランド(1988/10/03-1988/10/22)

europe world INDEX 北アメリカ LIST
xxx