『ニューヨークの中心部、ポートオーソリティバスターミナル、タイムズスクエア、セントパトリック大聖堂、セントラルパークなどを歩き回る』@ニューヨーク/米国

1988年10月22日、僕はロンドンからのクウェート航空機(KU101)で、ジョン・F・ケネディ空港(JFK)に到着した。
そのあと、バス、地下鉄を乗り継いで、ニューヨークのど真ん中、「スローンハウスYMCA」にチェックイン
テレビ付きのシングルルーム(シャワーと、トイレ、洗面所は共同)で、28ドル25セント(130円と考えると、3672円)。
ニューヨークのど真ん中で、テレビもあるし、壁は厚いし、どっしりとした雰囲気が大好きになる。
ニューヨークの10月末だと、結構寒いわけだが、YMCAの中は、暖房ががんがん効いているしね。
建物の中では、Tシャツで過ごせるのがキモチイイ。
朝になったら、すぐに、連泊の手続きを取る。
つまり、23日と24日も泊まることにする。
2日あれば、ニューヨークの雰囲気もわかるだろうし、また、これからの移動計画も立てられると思ったから。
そのときに確認したが、このYMCAは、25日間連泊可能だとか。
まあ、一泊28ドル25セントのテレビ付きの部屋に30日泊まっても、850ドル程度。
ニューヨークのど真ん中に、1か月11万円程度で住めるなら、大歓迎だからね。
あまりにすばらしいところだったためか、しばらくしたら、このYMCAの宿泊設備は、なくなりました(涙)。
YMCA自体がなくなったのかもしれません。
ま、僕としては、僕が行ったときに存在したことだけで、十分満足です(笑)。
このあとも、アメリカ、カナダと、僕は原則的にYMCAの20ドル台のシングルルームに泊まって、旅をしていたけどね。
さて、10月23日の朝は、YMCAの23日、24日の予約を取って、部屋を確保した。
まずは、朝からシャワーを浴びる。
このシャワーも、熱いお湯がドッカーンと、滝のように出る。
シャワールームとトイレが一緒で、大きな部屋だったことを、覚えている。
シャワーのところには仕切りはあったが、目隠しのカーテンはないし、トイレはひざから下が外から見える。
でも、僕はまったく気にならなかった。
洗面所は、たくさんの洗面台が並んでいて、人を待つこともない。
お湯は思いっきり出るので、ホント、気持ちよかった。
実際、この時期、客が少なかったのか、オフシーズンだったのか。
トイレやシャワーでは、他の人には、ほとんど会わなかったしね。
だから、とても居心地がいい。
YMCAを出て、まず向かったのが、郵便局。
ここで、日本へ絵葉書を10枚ほど書いて送った。
もちろん、「ニューヨークへ着きましたよ〜(笑)♪」という連絡だ。
次に、42丁目の「ポートオーソリティバスターミナル」へ歩いた。
このバスターミナルには、グレイハウンドが発着している。
グレイハウンド社を見つけて、僕が持っているグレイハウンドの乗り放題のパス「アメリパス」の使い方を確認する。
乗る直前にバリデーションすれば、30日以内なら、いくらでも切符を追加できる。
ポートオーソリティバスターミナルへ来て、カウンターでパスを見せて、行き先を指定すれば、切符にプリントされる。
いつでも、行きたいときに、アメリカ旅行に出発できるわけだ。
次に「タイムズスクエア」へ歩いた。
1988年のタイムズスクエアは、かなりうらぶれた場所で、ポルノ映画館があった記憶がある。
タイムズスクエア近くで見つけた「サッポロ」という日本料理店で、昼食を取った。
次に、「紀伊国屋書店」へ行って、日本の文庫本を一冊買う。
これが、西村京太郎の推理小説で、日本円で4百円。
日本円で400円の本が、5ドルで売られていたが、税金がつくと5.41ドルだった。
1ドルが130円と考えると700円程度、この時代は、日本の文庫本は75パーセント増しで売られていた。
でも、パリだと2.5倍程度していたから、さすがアメリカになれば、ヨーロッパよりも少し安くなったということかな。
続いて5番街へ出て、「セントパトリック教会」へ。
ここで、ひざまずいて、祭壇に祈りをささげる。
5番街のほうから「セントラルパーク」へ入り、軽く歩いて、「コロンバスサークル」へ抜けた。
セントラルパークへはまだ何度もくるだろうから、今日はちょっと様子を見ただけだ。
この時代の日本人の欧米への海外旅行というのは、ちょっと知的なものだったね。
美術館、博物館を見るのはもちろん、芝居、ミュージカル、オペラなんかを鑑賞するのはごく普通のこと。
日本では、ほとんど芸術に興味のない僕は、ミュージカルなんか、モトモト見ようという気持ちが起きない。
でも、ロンドンにいたときは、「スターライトエクスプレス」を見たよ。
また、語学学校の友達と、アガサクリスティの「マウストラップ」の芝居を見に行った。
そのころ世界で一番長い期間上演していたというギネス記録を持っていた芝居だ。
だから、ニューヨークへ来たら、ブロードウェーのミュージカルを見るのは、ごく自然のことだよね。
この時期有名だったのが、役者が猫の扮装を歌い踊る「CATS」というミュージカル。
ウィンターガーデン劇場(WINTER GARDEN THEATRE)」へ歩いて、「CATS」の切符を購入した。
10月26日午後2時の上演、席は「R127」。
あまりに簡単に切符が買えたので、調子に乗って、このじき大評判だった「レ・ミゼラブル(LES MISERABLES)」を見ようと考える。
上演している「ブロードウェイ劇場(BROADWAY THEATRE)」へ行く。
窓口で聞くと、さすがに、連日満席。
たまたまキャンセルが出たのか、僕が取れたのが10月31日の午後8時の上演(席は「E107」)。
切符の値段は残念ながら記録してないが、トラベラーズチェックで支払ったことは確かだ。
まあ、「キャッツ」と「レ・ミゼラブル」を、ニューヨークのブロードウェーで見れば、「ニューヨークのショー」についても、語れるのではないかな。
ニューヨークへ来た初日の10月23日に、10月26日のキャッツと、10月31日のレ・ミゼラブルの切符を入手した。
とすれば、10月いっぱいはニューヨークにいることになるね。
まあ、一週間程度いれば、ニューヨークの主な観光地は、余裕を持って見て回れるでしょう。
旅行計画がだんだんと頭の中で形作られていく。
結局、旅の計画とは、旅の中で出来上がっていくものなんだよ。
午後の遅い時間になって、僕は「TAD'S STEAK」というステーキ屋に入り、ステーキとワインの夕食にした(13ドルくらい/1700円程度)。
僕は基本的に、旅に出ているときは、夕方の遅い時間に、一日一食のメインの食事を取る。
だから、食事を終えて外に出たときは、まだ夜にはなっていなかった。
引き続きブロードウェーを歩いていて、日本人の旅行者を見つけて声をかけた。
僕のノートには「千葉、バンコクレストラン男と会い、コーヒー」とあるので、千葉出身のバンコクでレストラン経営をしている日本人男性と会って、コーヒーを飲んだ」のだと思う。
旅行ノートには書いてあるが、まったく記憶にないので、互いに時間潰し程度の話だったのだろう。
なお、「DIPLOMAT泊まりとのこと」とあるのは、この時代、「ディプロマットホテル」というホテルがあったんだろうね。
このあとは、歩いて34丁目のスローンハウスYMCAへ戻った。
途中の店で、缶ビールを数本買って、部屋でテレビを見て、幸せな眠りに着きました。
ニューヨークの最初の日は、まずまず大成功だったね。
明日はまず、観光案内所へ行って、ニューヨークの各種パンフレットを入手して、それから、一週間程度のニューヨーク滞在計画を考えましょう。
もちろん、「自由の女神(STATUE OF LIBERTY)」と「エンパイアステートビルディング(EMPIRE STATE BUILDING)」へは、とっとと行ってしまう。
ニューヨークといえば、とにかく、自由の女神と、エンパイアステートビルディングは、押さえないとね。
□ 中央郵便局 ポートオーソリティバスターミナル セントパトリック教会 セントラルパーク ウィンターガーデン劇場 ブロードウェイ劇場 サッポロ 紀伊国屋書店

ニューヨーク物語

北米一周グレイハウンドの旅 「ホテル加宝物語」

パリ滞在とロンドン、アイルランド(1988/10/03-1988/10/22)

europe world INDEX 北アメリカ LIST
xxx