ベニスビーチの賑わい@ベニスビーチ/ロサンジェルス

【ベニスビーチ(Venice Beach)@Los Angeles】
ベニスビーチへは、ダウンタウンから33番、333番のバスで行くことができる。
で、バスが停まったところから、海のほうへ歩くと、海岸沿いにたくさんの店が並んでいるよ。

【ベニスビーチの店】
また、ストリートパフォーマーもたくさんいる。
1989年に中南米へ下る前ころは、ベニスビーチはTシャツ屋さんへが多かったよなー。
で、韓国人のTシャツ屋さんと「何枚だからいくらまけてよ」みたいな交渉を、けっこう時間をかけて、あちこちの店を回って、やったことを覚えている。

【ロサンゼルスダウンタウンからのバスがベニスビーチのバス停に到着しました】
いまは、ティーシャツ屋はそんなに多くないけれどね。
で、子供のがクレヨンで書いたような、サーファーがサーフボードを立てて横にいるみたいな、そんなティーシャツを買って、中南米へ下って行った。
ま、そのとき持って行ったTシャツは、NYのバナナリパブリックで買ったやつの他は、このサーファーのやつだったんだけど。
けっこう、あちこちで人気が出ました。
中米なんかでは「そのTシャツプレゼントにくれないか」とかね。
あまりの人気に(もちろん、僕も気に入ってたんだけどね)日本にいる友達のために、別の機会に、十枚くらい買って帰ったんじゃないかな。
いまは、ベニスビーチには、その韓国人のTシャツ屋もなくなった。
僕は、ベニスへ行くたびに、あのTシャツをもう一度着てみたいよなーと、思っちゃったりしています。

【写真】ベニスビーチの賑わい
【旅行哲学】Tシャツの絵柄一つで、旅人はその時代を思い出すことができる。
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20040920