『バンクーバーを軽く観光して、シアトルへの午後のバスに乗る』@ブリティッシュコロンビア州/カナダ

【あの伝説のベストセラー「間違いだらけの海外個人旅行」文庫版
1988年12月18日午後3時半に、サンフランシスコから26時間のバス旅を終えて、バンクーバーのグレイハウンドバスディポに到着。
ホテル案内板にあったYMCAに電話をかけて、部屋を確保。
この日は、なにしろサンフランシスコからのバスに乗り続けて、かなり疲れていた。
暗くなった町を少し歩いただけで、とっとと寝ました。
さて翌日、12月19日の朝になる。
バンクーバーへやってきて、まずやることは、バンクーバー観光だね。
僕の知識としては、バンクーバーは港町ということ。
だったら、ハーバークルーズの観光船なり、地元の人たち向けのボートがあるだろう。
バンクーバーに行って、港を見れば、それで、いいんじゃないかな。
もちろん、特に目的もなく、町をあちこち歩くことが、旅の基本。
バンクーバーは、アメリカの太平洋岸の町で、昔は、日本人も多く住んでいた。
だから、どうやら「日本人町(JAPAN TOWN)」があるようだ。
また、カナダには、中国人が多いので、「中国町(CHINA TOWN)」もあるだろう。
そのほかの知識としては、ニューヨークで出会った女性が、バンフで働いていたという話があった。
この時期の「ワーホリ(WORKING HOLIDAY)」は、カナダとオーストラリアが有名だった。
このあとも、あちこちで、ワーホリ崩れの旅行者(ワーホリが終わったあとに旅をしている)と知り合うことになるけどね。
バンフというのは、バンクーバーから内陸部に入った、観光都市。
この時代は、なぜか日本人に、めちゃ人気があったようだ。
なにしろ、バンフでワーホリしてた女の子の話では、カナダ人のスタッフが日本語ぺらぺらだった。
日本人同士で、カナダの悪口も言えなかったらしいしね。
僕としては、バンフまで行ってもいいが、時間を調べると、バスで片道13時間以上かかる。
これだと、夜行バスで同じ道を往復するから、面白くないし、身体が持たない。
これからロサンゼルスまで南下する途中には、まだ行きたい町もあることだし、バンフはあきらめましょう。
カナダ西部の旅は、バンクーバーだけで十分、と結論付けた。
それに、いまは冬だからね。
これが夏ならば、バンフへ行くのも、ステキなことだろうけれどね。
僕は暑いのが大好きで、寒いのは、いやなんだよ(笑)。
それに、頼まれてもスキーをする気はないしね。
「世界旅行主義」によると、人間には「海幸彦」と「山幸彦」の2種類に分かれる。
海幸彦とは、南太平洋でのんびりとカヌーに乗っていたら、流されて、日本列島にたどり着いた人たち。
山幸彦とは、アジア大陸から、氷河期に、ナウマン象を追って、日本にやってきた。
現在の日本人はこの二つの民族によって成立している。
登山やスキー、ゴルフがすきなのは、山幸彦の子孫。
ビーチでごろごろして、ビールを飲むのが好きな人たちは、海幸彦の遺伝子を持っている。
僕は、典型的な海幸彦なので、山を見てもほとんど感動がない。
ビーチで、ビキニの女性を見ると、テンションがあがるのも、海幸彦の証明かな。
わざわざカナダの内陸部のバンフにに13時間もかけて、入っていく気はなかった。
だから、バンフ旅行計画は、あっさりと捨てた。
あと、この1987年から1990年の世界一周旅行を終わって、日本に戻り、さらに1996年に二度目の世界一周旅行を終えたあとでわかったこと。
それは、バンクーバーの近くに「ヴィクトリア」という、きれいな町があるらしい。
それにしても、やはり、12月にわざわざ行くようなところではないだろう。
というわけで、1988年12月19日は、バンクーバーを見れば、それでいい。
まずは、なぜか「バンクーバーホテル(VANCOUVER HOTEL)」へ歩いた。
このホテルは、銅屋根がキレイな由緒あるホテル。
ちょうど、ケベックの「Chateau Frontenac Hotel(シャトー・フロントナックホテル)」のような、伝統を感じたね。
中央郵便局へ歩いて、日本へ絵葉書を出した。
次に、「蒸気時計」を見て、「SEA BUS」と「SKY TRAIN」に乗った。
記憶がはっきりしないが、SEA BUS とは、ボートのことじゃないかな。
さらにチャイナタウンへ歩いたが、ものすごく大きかった、というか、だだっ広かった。
正直、「中国人をこんなに移民させて、カナダは国家として成り立つのかな?」とまで、思ったからね。
そのあと、日本人街(JAPAN TOWN)へ、行ったが、ここは予期していた以上にショボかった(涙)。
まあ、いまさら、わざわざバンクーバーに、日本人が集まる意味もないけどね。
それでも、日本人街のスーパーマーケットに入ったら、昨日(1988/12/18)付けの読売新聞を見つけた。
「衛星版」だったが、3ドルもした。
ということは、カナダのバンクーバーで日本語の新聞を買って読む人たちが、何人か存在するのだろう。
その読者層が、想像できないけどね。
もともと日本の新聞なんか、3カナダドル(この時期330円)も払ってまで読む意味はないので、僕は買わない。
あと、町を歩いていて気がついたのが、いやに「PUB」が多いこと。
まるで、イギリスみたいだ。
結局、カナダという国は、アメリカの隣国だが、本質的にはヨーロッパ風文化が根底にあるんだろうね。
パブに入って、1パイント(500ml弱)のビールを頼むと、1.95カナダドル(200円ちょっと)。
お店でビールを飲んで、200円ちょっとは安いね。
イギリスでも感じたことだが、パブのお客は、ビールを一杯頼んだだけで、おつまみも頼まず、玉突きをして楽しんでいる。
日本の居酒屋だと、おつまみやお酒を頼み続けないと、店員がやってきて、すぐに追い出されてしまう。
僕の感じでは、イギリスやカナダのパブで、商売が成り立つのが不思議だ。
それとも、日本の居酒屋が儲けすぎているのか?
そのあと、教会を見つけて、祈った。
このときは、大きな教会で、僕一人だったので、まじめに祈ったよ。
続いて、別のパブに入ったら、こんどは、1パイントのビールが2.90ドル(300円)。
こんなに値段が違うのも不思議だが、僕のノートにはっきり書いてあるので、正直に記録しておきます。
ビールを飲みながら考えていたのは、実は今日の夜のことだ。
バンクーバーにはそれほど見るところもなく、午前中で見終わってしまった。
あと一日いても、パブめぐりをするくらいだろう。
とすると、移動しなければならないが…、とまたグレイハウンドのバスディポへ行った。
こんなにしょっちゅうバスディポへ行くのは、YMCAと近かったからだろうね。
すると、バスディポで、昨日シアトルで別れたばかりの、日本人のカップルに会ったよ。
シアトルで一泊して、今日、バスに4時間乗って、バンクーバーへ着いたそうだ。
これから、バンフへ行く。
昨日は、シアトルのホテルに2人で泊まって、楽しいことをしたのだろうね。
若いときは、とにかく、エッチばかりしたいものだから…。
特に若い女性が、セックスを知ったら、夢中になってしまう。
でもそうでないと、とんでもない男性との結びつきが生まれず、遺伝子的にまずいわけだ。
カップルに、バンクーバーの印象を軽く語って、別れる。
さて、教会で祈ったあと、カップルに出会った。
カップルは、シアトルからやってきた。
この神託を読み解くと、神は僕に「シアトルへ行け」と言ってるのでは?
だって、バンクーバーは見てしまったし、バンフへ行く気は無い。
どちらにしたって、僕はロサンゼルスへ戻るわけだし。
僕はYMCAへ戻り、荷物をまとめ、シアトルへのバスに乗る。
バンクーバーを午後3時に出て、シアトル到着が午後6時50分予定(乗車時間3時間50分)のバスだ。
シアトル到着が夜の7時になるので、12月だということを考えれば、もちろん真っ暗だ。
でも、シアトルで宿を取るかな??
近くに安宿でもあれば、泊まってもいい。
シアトルのバスディポの近くに、安宿があるだろう。
しかし、もちろん僕は、乗り放題のパスを持っている。
安ホテルがなければ、今晩はまたバスで寝れば、それでいいだけ。
シアトルから先のことは、シアトルに着いて、そこでバスの時刻表を見て、考えましょう。
本当の旅人は、先の先のことまで考えない。
北米一周グレイハウンドの旅目次  
ニューヨーク秋物語 
北米 「ホテル加宝」物語 中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記