『バンクーバーから、シアトル、ポートランドを経由して、吹雪で道路状況が悪い中を、26時間かけて、サクラメントへ到着』@サクラメント/カリフォルニア州/米国

【あの伝説のベストセラー「間違いだらけの海外個人旅行」文庫版
1988年12月19日午後3時、僕はバンクーバーからグレイハウンドバスに乗って、シアトルへ向かった。
カナダ東部では、アメリカからカナダへの入国も、カナダからアメリカへの出国もかなり厳しかった。
が、カナダの西部国境では、米国からカナダへは、すんなりと簡単に国境を越えられた
今度のカナダから米国への国境越えも、国境で「関税申告書」を記入するのが、ちょっと変わってたくらい。
関税申告書(CUSTOMS DECLARATION FORM)には、「申告するものはありません(NOTHING TO DECLARE)」と書いただけ。
シアトルを午後3時に出発したバスは、すんなりと走って、午後6時50分にシアトルのバスターミナルに到着(所要時間4時間)。
ここでバスを降りて、夕食とトイレ休憩を取る。
シアトルの12月の午後7時なので、周囲は真っ暗だ。
シアトルで宿を取る気持ちは、すでに全く無くなっていた。
だって、ホテルで寝れば、お金がかかる。
しかし、ここからバスに乗ったまま夜を過ごせば、パスを持っているので、一晩無料で過ごせる。
それになによりも、もっとも大事なのは、僕はとても体調がいいってことね。
バンクーバーからのバスが、シアトルへ到着した。
バックパックはバスに積んだままにしているが、バスの番号「9058」は、きちんと控えてある。
これが、長距離バスに乗るときのポイントね。
特にグレイハウンドのバスは、全く同じペインティングなので、ほとんど区別がつかない。
自分のバスの前にある番号をはっきり覚える(控える)ことが大切。
ミールストップの店の前の駐車場でバスを降りて、食事を済ませて外へ出たら、同じようなバスがずらりと並んでいたりする。
バスも勝手に位置を変えたりするので、自分のバスがどれなのかわからなくなってしまう。
自分の乗ってきたバスがわからなくなると、冷や汗ドバーッだからね。
グレイハウンドバスに慣れてない旅行者は、置いてきぼりにされたり、うっかり別のバスに乗ったりする。
その結果、全く知らない町に着いてしまったとか、荷物が行方不明になったとか、よくある話なんだよね(笑)。
このあといよいよ始まる「ホテル加宝物語」で、グレイハウンドバスで置いてきぼりにされた若者のエピソードが語られるであろう。
期待して待て!
シアトルのバスディポで、午後6時50分から午後9時20分まで、2時間半、時間を潰す。
そのあと、また同じバスに乗り込む。
シアトルを出て、4時間くらいバスに乗っていると、ポートランドに到着。
これが、12月20日の午前1時過ぎ。
ここまではだいたい時間通りだったが、バスのポートランド出発が、1時間以上遅れた。
バスは午前2時ごろに、やっと出発する。
アメリカ西海岸を南北に結ぶインターステイト5号線の路面が、シャーベット状になっていたりして、バスはスピードを落とす。
途中のストップで、休息時間を多く取ったりするので、バスはさらに遅れる。
途中のレディング(REDDING)到着が、時刻表より2時間半遅くなった。
乗客も不平たらたらだ。
しかし僕は、あんまり気にならない。
僕は、ニーチェのの「ツアラトゥストラ(中公文庫・手塚富雄訳)」を読んで過ごしていた。
僕は本格的な旅行者なので、考えることは、今夜どこに泊まるか、またバスに乗るのかだけ、だし。
乗り物の遅れにイラつくことはないし、待ち時間が長いことに離れている。
バスの中で、心は決まっていた。
今夜は、サクラメントでホテルに泊まる。
というのが、このまま南下していけば、明日の朝には、簡単にロサンゼルスに着いてしまう。
それでは、ロサンゼルスからバンクーバーへただ往復しただけで、何の面白味もないよ。
ロサンゼルスから北上するときは、途中でサンフランシスコに立ち寄って、観光した。
サクラメントは、あまり知られていないが、カリフォルニア州の州都だ。
なにがあるかわからないが、サクラメントで一泊することは、意味があるだろう。
サクラメントへは、到着予定時刻が12月20日の午後2時25分のところ、2時間15分送れて、午後4時40分になる。
バスディポからちょっと歩いた通りに、ネオンサインが光っている「BERRY HOTEL」を見つける。
シングルルームが22ドル(税込み)。
これは、テレビつきで、部屋にはトイレも、シャワーもついている。
ホテルのフロントで酒屋を聞いて、ビールとつまみを買いに出る。
多分ハンバーガーとビール程度を夕食にしたのではないかな。
部屋のテレビでアメリカのクイズ番組を見ていた。
ノートには番組名を控えている。
「ホイールオブフォーチュン」「ジェパディ」「ファミリーフュード」「ハリウッドスクエア」それから「ウィン、ルーズ、オア、ドロー」。
つまり、クイズ番組をずーっと見ていたようだね。
バスディポでバスの時刻表を見て考えていたのだが、ここからギャンブルの町「リノ」まで、バスで3時間らしい。
3時間ならば、簡単に移動できる。
これは、行ってみたほうがいいだろう。
このときはまだ、ギャンブルの町「ラスベガス」へ行く前だった。
ラスベガスならば、これから行くこともあるだろうが、リノへはわざわざ来ることはないだろうしね。
明日の午前中に、サクラメントを観光して、午後にリノへ移動して、リノで泊まればいいかも。
でもそれは、明日になって決めればいい。
今日は、バンクーバー、シアトル、ポートランド、サクラメントと26時間のバス旅が無事に終わっただけで十分です。

北米一周グレイハウンドの旅目次  
ニューヨーク秋物語 
北米 「ホテル加宝」物語 中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記