『ニューヨークで、ミエミエの詐欺にあった日本人男性と話をして、タイムズスクエアへ行くと、日本女性と出会う(1988/10/24)』@ニューヨーク/米国

1988年10月22日、僕はロンドンからのクウェート航空機(KU101)で、ジョン・F・ケネディ空港(JFK)に到着した。
そのあと、バス、地下鉄を乗り継いで、ニューヨークのど真ん中、「スローンハウスYMCA」にチェックイン
翌日の10月23日には、ニューヨークの中心街を歩いて回って、「キャッツ」と「レ・ミゼラブル」の切符も窓口で買った
この時、大人気で、ほとんど入手絶望といわれていたミュージカル「レ・ミゼラブル」の切符を手にした。
しかし、「レ・ミゼラブル」の公演は1988年10月31日だ。
当然それまで、ニューヨークを動けない。
だから、まず10月いっぱいはは、ニューヨークに滞在することになるだろうね。
そのあとは、グレイハウンドのバス乗り放題切符「アメリパス」で、動き出す
30日有効の乗り放題のパスだから、動き出せば、ほとんど休みなくガンガン移動する覚悟だ。
ちょうど、僕がヨーロッパで、21日有効のユーレイルパスで移動しまくったようなことだね。
北米を一周して、西海岸のロサンゼルスへ行けばいい。
動き出す前には、ニューヨークをじっくりと見る時間はあるというわけだ。
ニューヨークには、見るものがたくさんある。
とにかく絶対的な名所は、できるだけ早く押さえておいたほうがいい。
まず、ニューヨークといえば、誰がなんと言っても、「自由の女神」だろうね。
「猿の惑星」でも、ニューヨークの象徴として、使われていたわけだし。
朝、まず、熱いシャワーをドカンと浴びて、すっきりする。
次に、大きな洗面所で歯を磨き、髭を剃る。
洗面所で、「日本領事館へ行って、パスポートの再発行しなきゃ」と、大声で日本語を話している男を発見。
隣で顔を洗いながら、声をかける。
話を聞くと、彼は詐欺にあって、パスポートを盗られたのだとか。
そのストーリーが面白かったので書いておきます。
この日本人旅行者は、スローンハウスYMCAの出口で、白人から英語で声をかけられた。
「銀行に送金があって取りに行きたいんだけれど、タクシー代がないので、貸してくれないか」との話。
知らない人から、突然金を貸してくれといわれて、不思議に思わないのは、誰が考えてもおかしい。
だが、日本人旅行者はとにかく「海外で地元の人と知り合いになる」という状況に舞い上がるものなので、見事に引っかかったらしい。
「タクシーで一緒に銀行に行って、お金を引き出したらすぐに返すから」という約束で、百ドル渡した(オイオイ…)。
一緒に銀行に行って、彼が戻るのを待っていたら、別の出口から逃げられてしまった。
ここで終われば、単に百ドルの盗難(詐欺)だった。
常識的には諦めるものだが、彼は自分で犯人を捜そうと考えたらしい。
YMCAの前にたむろしている連中に、犯人について聞き込みをした。
すると、そいつを知っているという人間が現れる。
彼は、捕まえて百ドルを取り返そうと、知っていると言った人間と一緒に、詐欺師を捜しに行く。
ある場所に入ろうとしたときに、パスポートが必要だといわれて、自分のパスポートを渡した。
その男ごと、パスポートが行方不明になったそうだ。
これで、100ドルとパスポートが失われた。
それで、日本領事館に、これから、パスポートの再発行申請に行くのだそうだ。
いやはや、信じられないくらい人を信じる人だったが、日本だったらやらないようなことでも、海外だとやってしまうものなんだよ。
彼は身体も大きく、ケンカにも自信がありそうで、逆にそれで人を信じてしまったのかな。
僕としては、朝から旅ネタを一つゲットした、ということで満足。
YMCAの内部を少し探検する。
YMCAの中には、スポーツ施設もあるようだしね。
YMCAの中の、「NEW YORK STUDENT CENTRE」と「Y'S WAY」というオフィスへ行く。
ここで、全米のYMCAのパンフレットを入手した。
これには、北米各地のYMCAの場所や、そこに宿泊施設があるかどうかのリストがあった。
このパンフレットがあったからかもしれないが、僕はこれからの北米一周旅行では、ほとんどYMCAに泊まっていたよ。
続いて、YMCAのカフェテリアで朝食を取る(2ドル半/この時期3百円程度)。
このあと、毎朝、このカフェテリアで朝食を取った。
1988年は、日本人は海外に出ていたもの。
ここでも日本人旅行者は結構多くて、僕は、日本人を見つけると、気軽に話しかけていた。
次に、34丁目のYMCAを出て、タイムズスクエアまで歩いた。
タイムズスクエアは、ニューヨークのブロードウェイと7番街が交わる付近で46丁目あたり。
タイムズスクエアに行った理由は、ここに観光案内所があると思っていたから。
多分ガイドブックに書いてあったんじゃないかな。
しかし、観光案内所は、この時見つからなかった(存在しなかった)。
観光案内所を探して、タイムズスクエアをうろうろしていると、同じように何かを探している日本女性を発見する。
声をかけると、やはり、観光案内所を探しているそうだ。
いろいろ聞いてみると、この時、タイムズスクエアには観光案内所がなかった。
セントラルパーク横の「コロンバスサークル」にあるとのこと。
それでは、日本人美女といっしょに、コロンバスサークルへ行きましょう。
旅先、秋のニューヨークでの日本人美女との出会い。
これは、何かが始まるかもしれませんね。
□ 詐欺にあった日本人 タイムズスクエア 日本人美女

ニューヨーク物語

北米一周グレイハウンドの旅 「ホテル加宝物語」

パリ滞在とロンドン、アイルランド(1988/10/03-1988/10/22)

europe world INDEX 北アメリカ LIST
xxx