『日本人美女と、自由の女神(THE STATUE OF LIBERTY)を見に行く(1988/10/24)』@ニューヨーク/米国

1988年10月22日、僕はロンドンからのクウェート航空機(KU101)で、ジョン・F・ケネディ空港(JFK)に到着した。
そのあと、バス、地下鉄を乗り継いで、ニューヨークのど真ん中、「スローンハウスYMCA」にチェックイン
翌日の10月23日には、ニューヨークの中心街を歩いて回って、「キャッツ」と「レ・ミゼラブル」の切符も窓口で買った
この時、大人気で、ほとんど入手絶望といわれていたミュージカル「レ・ミゼラブル」の切符を手にしたのは大きかった。
YMCAの大きな洗面所で、詐欺にあって、100ドルとパスポートを盗られた日本人男性と話す。
さて、34丁目のYMCAを出て、いつものように、タイムズスクエアまで歩いた。
タイムズスクエア付近を、観光案内所を探してうろうろしていると、同じように何かを探している、若い日本女性を発見する。
僕と同じような、個人旅行者だと判断して、「観光案内所を探してるんですか(笑)?」と声をかける。
2人でいろいろ聞いてみると、観光案内所は、セントラルパークの南西端にある「コロンバスサークル」にあるのがわかった。
一緒に、コロンバスサークルの観光案内所へ歩いた。
セントラルパークの南端は、59丁目付近。
天気もよかったし、2人で歩いていくことにする。
歩きながら話をすると、彼女は、ワーキングホリデーでカナダへ来たのだそうだ。
カナダのバンフのホテルのウェイトレスとして働いていた。
ワーホリの期間が終わったので、これからアメリカを旅して、日本へ戻る予定。
大陸横断鉄道でモントリオールへ、そこからニューヨークへ着いたばかり。
つまり、これからニューヨーク観光をするわけだ。
僕もこれからニューヨーク観光をするのだから、一緒だね。
僕がニューヨークのタイムズスクエアを歩いていると、二十歳代の日本人美女と出会った。
これは、神様がプレゼントしてくれたのかも…。
コロンバスサークルの観光案内所では、各種パンフレットや割引券が、山のように手に入った。
歩きながら互いの旅行話をしているうちに、一緒に観光する雰囲気になっていた。
2人で、まずとにかく、ニューヨーク一番の観光名所名所「自由の女神(STATUE OF LIBERTY)」へ行くことにする。
「BOOKS NIPPON」という日系書店を見つけたので、入ってみる。
すると、「地球の歩き方・南米」を発見。
この時期、ニューヨークでは、21ドル程度で売ってあった。
つまり、2千7百円程度。
日本だとこの時期でも、1500円程度だったので、2倍弱の値段だったね。
ま、この時は、まだ南米へ行くと決めていたわけではない。
だから、ロサンゼルスに行ったときに、南米のガイドブックについては考えればいい。
地下鉄1号線に乗って、2人で、マンハッタン島の南端、バテリーパーク(BATTERY PARK)へ移動。
バテリーパークから、フェリーに乗って、リバティー島へ。
リバティー島で自由の女神を見る。
(今はどうかわからないが)台座の部分には、世界中からの移民歴史の紹介みたいなものがあったね。
自由の女神を見終わって、またフェリーでバテリーパークへ戻る。
2人の間には、夕食を一緒にしようという、了解ができている。
旅先で一人で食事をするのは、誰でも避けたいものだ。
だから、逆に言うと、旅先では、食事相手は簡単に見つかるってことね。
さて、さっきは、地下鉄一号線で、バテリーパークへ来た。
次は、世界旅行者としては当然、別の乗り物を試したい。
というわけで、「M6」バスで、「West 30th St. 6th Av.」まで移動する。
ま、「6th Avenue」とは「Avenue of Americas」のことだけどね。
なぜここでバスを降りたかというとだね、交通渋滞(traffic jam)がひどすぎて、歩いたほうが早いと思ったから。
それに、「ニューヨークのバスに乗る」というミッションも、一応達成したわけだし。
West 49st.にあるロックフェラーセンターにある紀伊国屋書店まで歩いて、日本語の本を立ち読みした。
ここで、ちょっと時間を潰して、「Tad's Steak」で、話しながら、夕食をとった。
さて、ニューヨークの街角で出会って、一緒に、自由の女神を見に行った。
地下鉄やバスの中で、歩きながら、いろんな話をして、盛り上がった。
この時僕はまだまだ元気な、ぎりぎり30歳代。
女性は、20歳代半ば。
そうして、ニューヨークのステーキ屋へ行って、厚いステーキを食べ、もちろんワインを飲んだ。
ニューヨークには、夜の帳が降り始める。
ニューヨークの街角で、初めて出会った男女が、一日、2人で歩き回って、話を続けている。
夕方にステーキとワインの食事をしながら、話はさらに、ディープに盛り上がった。
そしてて、夜になった。
ニューヨークの街に足を踏み出せば、ロマンティックな、高層ビルの明かりが2人を包む。
こういう状況になれば、誰でも、次に考えることは決まっているよね…。
だから僕は彼女を、さらに別の場所へと誘った。
そこは、もちろん…。
次回の、あっと驚く展開をお楽しみに。
□ ワーホリの日本人美女 コロンバスサークルの観光案内所 ブックスニッポン 地下鉄 バテリーパーク 自由の女神 ロックフェラーセンター 紀伊国屋書店 Tad's Steak

ニューヨーク物語

北米一周グレイハウンドの旅 「ホテル加宝物語」

パリ滞在とロンドン、アイルランド(1988/10/03-1988/10/22)

europe world INDEX 北アメリカ LIST
xxx