スタッテンアイランドフェリーとエミコの想ひ出@ニューヨーク/米国

ニューヨークのタイムズスクエアに観光案内所がある。
と思い込んで、捜したが見つからず、同じく観光案内所を捜していた日本女性のエミコ嬢を見つけてしまった。
彼女はカナダへワーキングホリディでやってきて、バンフのホテルで働いていたとのこと。
その朝、モントリオールからニューヨークへ着いたばかりだ。
一緒にコロンブスサークルの観光案内所へ行き、町の地図やパンフレット、割引券などを入手する。
せっかくだからと、エミコと一緒に地下鉄でバテリーパークへ行き、ボートで自由の女神へ向かった。
そのころロックフェラーセンターにあった紀伊国屋書店で本を見て、一緒に「Tad's Steak」で食事をする。
エミコは、とても元気でおしゃべりで独立心の旺盛な女の子。
見た目はまだ20を過ぎたばかりという感じだったが、二十代半ばということだった。
OLをやめて、カナダへワーキングホリディに来た。
が、勤めているバンフのホテルの客が日本人が多いせいか、まわりのカナダ人も日本語がわかるんだとか(涙)。
あんまり英語の勉強にならないとぼやいていたよ。
夜になって、お決まりのエンパイアステートビルディングへ登るが、ツアーで来たのか日本人のカップルが変に多かったね。
こういう時は一人だとさびしくなるので、女の子と一緒はちょっとうれしい♪
翌日もエミコと待ち合わせをして、グレイハウンドが出るポートオーソリティバスターミナルで食事。
グレイハウンドのパスは、そのころ1日10ドル払えば有効期間の延長できる、と教えてくれた。
2人で秋のセントラルパークを歩いたあと、メトロポリタンミュージアムを見る。
ここでは興味が分かれるので、自由に見てまわることにして、出口で待ち合わせをした。
僕は自分が旅をしてきたギリシアやエジプトの遺跡を見るのが好きだったしね。
日本料理店「サッポロ」で食事をした。
夜になって、NYのビジネスマンが通勤に使っているスタッテンアイランドフェリーに乗りに行く。
2人でスタッテンアイランドまで往復しただけだけど。
戻りのフェリーが船着場に接岸する時、ニューヨークの摩天楼の夜景が頭上に覆いかぶさってきくる。
あまりの迫力に、思わずエミコを抱き寄せてしまった。
でも、それ以上のことはなかった。
秋のニューヨークの2日間、僕は恋をしていた。
ニューヨークと、そしてエミコに…。
【旅行哲学】スタッテンアイランドフェリーを見て、エミコのことを思い出したよ。僕もまだまだ若かったね♪