大阪大学のK内くんと、ソルバング(Solvang)へ@カリフォルニア州

1991年4月、世界旅行者は、アラモで1週間79.99ドルという恐ろしい値段の車を借りた。
翌日、ブラジルにハマって卒業せずにいた大阪大学の8回生K内くんといっしょに車に乗る。

行き先はまず、ソルバング。
ま、なぜソルバングへ行ったのかわからないが、なにか理由があったのだろう。

サンタバーバラへ行くつもりだったが、それだけでは寂しいので、何か探していたら見つかったのかもしれない。
今となっては遠い昔なので、はっきりと思い出せないが。

I−101を2時間ぐらい走って、サンタバーバラを過ぎて、246号線に入る。
ちょっと走って、ソルバングへ到着だ。

そこでわかったのだが、ソルバングとはデンマーク風のテーマパークみたいな町だった。
テーマパークといっても、別にジェットコースターがあるわけではないんだけどね。
町の中心に立つ風車が一応目印というか、そういうものらしい。
全体がデンマーク風になっている上に、駐車場のスペースがいやに広い。

駐車場のスペースがデンマークの村にあるはずがない。
まあ、これだけの駐車スペースがあると言うことは、ロサンジェルスからずいぶんの人がやってくるんだろうなーと予想する。

町を見て歩くと、早い話お土産屋だらけだ。
スイスアーミーナイフの店を見つける。

ところでスイスアーミーナイフといえば、スイス製だよ。
でもなんとなく、デンマークのお土産にいいかなと思うのが、雰囲気にすぐに呑まれてしまう、お調子者の世界旅行者だ。

アーミーナイフのチャンピオンは、すでに東京で、僕が結婚していた女の子が、外泊して帰ってこなかったときの記念に買っていた(1万4千円くらい@渋谷東急ハンズ)。

アーミーナイフの店に入ると、「日本人か?」と聞かれる。
そうだと答えると、「親父が日本に行ったことがあるんだ」と、頼みもしないのにおじいさんを読んでくる。

おじいさんは、米軍にいたときに日本に占領に行ったということだ。
想い出としては、「日本のInland Sea(瀬戸内海)がとてもきれいだった」とのこと。

実は僕がこのあと1999年にアジア横断旅行をした。
そのとき、神戸を出て瀬戸内海を通って天津へ向かう燕京号に乗った理由は、このおじいさんの言葉が理由だったんだよ。

ちょっと話をしたので、何も買わずに出るのも悪いからと、「Swiss Army Knife Mechanic($34.01)」を購入してしまった。
日本人が来たらおじいさんを呼んでこの思い出話をさせるのが、この店の売り上げを上げるテクニックだったのかもしれないね。
また、ソルバングの名前が入ったプラスチックのキーホルダーを3ドルで買った。
絵葉書を買って送った。

さてその次に向かうのは、サンタバーバラだ。

【写真】ソルバング名物の風車をバックにした世界旅行者
【旅行哲学】カリフォルニアにあるデンマーク村ソルバング。これって伊勢志摩のスペイン村みたいなものかな。