サンディエゴからグレイハウンドバスでサンイシドロへ行き、歩いて国境を越えて、ティファナへ日帰り@米国〜メキシコ

【これからメキシコへ入る(1995)】
1988年12月11日、本来ならば、今日、ロサンゼルスへ向かう予定だった。
ところが昨日、宿泊していたサンディエゴのYMCAで、盗難にあってしまった。
損害としては、現金で60ドル程度。
これは、財布に入っていた紙幣と、小銭入れに入ってたコインの全部。
それから、100ドルのトラベラーズチェックが2枚。
現金が返ってくるとは考えていないので、60ドル程度は諦める。
ただ、トラベラーズチェックは再発行ができる。
昨日深夜、アメリカンエクスプレスのオフィスに電話をして、再発行の手続きは済んでいる
ただ1988年のこの時期は、日曜日はオフィスが、休みだった。
だから12月11日は、時間潰しをしなければならない。
サンディエゴで旅行者が、時間潰しをするとしたら、メキシコのティファナへ行けばいいだけ。
正直、盗難事件がなくても、サンディエゴに来ているなら、ティファナへ行くべきだっただろう。
海外旅行の神様が、「世界旅行者くん、ちょっと急ぎすぎだから、もう一日サンディエゴにいて、メキシコにでも行ってきなさい」と呼んでいるみたいだ。
しかし僕は、、テキサスの「エルパソ」からメキシコの「シウダフアレス」へ歩いて国境を越えたので、遠慮してたんだけどね。
朝、念のために部屋を探すと、ホイヤーのダイバーズウォッチが部屋の隅に転がっていた。
僕は今日もYMCAに泊まるわけだが、盗難にあった部屋は気持ち悪いので、部屋を657号室から234号へ変えてもらう。
暇つぶしに、メキシコ領のティファナへとグレイハウンドで向かうことにした。
サンディエゴのYMCAは、グレイハウンドのバスディポの並びで、すぐ近くだったしね。
グレイハウンドのアメリパスがあるので、国境のサンイシドロまでグレイハウンドで行ける(40分程度?)。
そこからは、歩いて、鉄のゲートを通り、メキシコ入国だ。
この時代は、ティファナなどのメキシコの国境地帯へは、入国スタンプ無しで、72時間の滞在が認められていた。
でも、スタンプがないとしたら、何日でも滞在できるってことなんだろうけどね。
なお、もっと南へ下ると、メキシコの入国スタンプのチェックがありました。
歩いて国境を越える人が多いので、人の流れについていけば、自動的にティファナの街に出ます。
中心のレボルシオン通りを歩く。
教会があったので、中へ入って、ひざまずき、深く祈りをささげた。

【ティファナの教会】
それで僕も行ったのだが、ま、ティファナの町は、観光客向けの店がたくさんあったよ。
銀製品を売る店、革製品を扱う店。
どこも胡散臭かったが、僕が歩いていくと、日本語で声をかけてきたりした。
日本人を見ると、「ヤスイヨ!」とか「ヤマダサン」とか、声をかけてくるのが面白かったかな。
ロバにシマウマの模様を描いて、馬車を引かせて、写真を撮る商売もありました。
あと、テキーラの店が多かったよ。
シーザーズホテルの道に面したバーで、ボヘミアビール(1.35ドル)を頼んだ。
国境近くのバーだと、ちょっと高かった(1.75ドル)。
全体的に、がさつな、国境らしい、ちょっと危険な雰囲気がしました。
僕はただ、時間潰しで来ているだけなので、ビール飲んだだけで、とっととティファナを退散しました。
このあとも、僕がロサンゼルスにいたとき、何度もティファナへは来たことがある。
レンタカーで来たこともあるし、モーターサイクルに乗ってきたこともある。
おっとっと、もっと重要なことがある。
中南米旅行に出るときもティファナを通ったし、中南米旅行から戻ってきたのも、この国境だったよ(笑)。
とにかくこの日最初に国境を越えたのは、短時間でした。
夜のティファナは、かなり怪しいという体験談を聞いてますが、それは書きません(笑)。
帰りは、米国の入国ゲートのところで、パスポートを見せるだけで、軽い手荷物検査があるくらい。
米国の入国ゲートを出たところに、グレイハウンドのバスディポがあるので、そこでバスに乗ればいい。
サンイシドロからサンディエゴまでは、バス待ち時間が長かったが、乗ればすぐにサンディエゴ。
サンディエゴのバスディポへ着いて、まだ時間が早かったので、港で、ボートに乗って往復しました(片道1.5ドル×2)。
港から歩いてYMCAへ帰る途中、大通りに面して、ポルノショップを発見。
英語のエッチ本でも買おうと、中に入る。
すると、白人美女が2人、アダルトグッズを手にとって、店主と相談をしていました。
1988年ごろは、女性がアダルトグッズを堂々と買うという状況は日本にはなかったので、「アメリカは違うなー♪」と感動したのを覚えています。
明日は、ミッションバレーのアメリカンエクスプレスで、トラベラーズチェックの再発行をして、ロサンゼルスへ行く。
ロサンゼルスで、また、いろいろしなければならないんですけどね。
ま、何とかなるでしょう。
北米一周グレイハウンドの旅目次  
ニューヨーク秋物語 
北米 「ホテル加宝」物語 中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記