『サンフランシスコで一泊して、とっとと観光をして、次は、バスに26時間乗って、バンクーバーへ』@カリフォルニア/米国

【あの伝説のベストセラー「間違いだらけの海外個人旅行」文庫版
1988年12月16日午前9時、僕はロサンゼルスから、サンフランシスコのグレイハウンドバスディポへ到着した。
今日は、サンフランシスコを観光して、一泊するつもり。
心当たりとしてはYMCAになるが、もちろん予約なんかしていない。
とにかく「San Francisco Central YMCA」へ歩いてみた。
この時代、グレイハウンドのバスディポは、サンフランシスコ中心を通る「マーケットストリート」の南へ入ったところだった、と記憶している。
YMCAは、マーケットストリートの北側にあって、歩いてすぐだった。
YMCAに入っていって、部屋の料金を聞いた。
シングルルームがテレビつきで27ドル、テレビ無しで25ドル。
これは、税金も含んだぽっきり値段だ。
僕はもちろん、テレビつきの27ドルのシングルルームに決める。
僕のノートには、セントラルYMCAの料金のほかに、別に、「Embarcadero YMCA、24+tax, 26+tax」と書いてある。
エンバルカデロ(Embarcadero)というYMCAが、いまも存在するが、セントラルYMCAで、エンバルカデロのYMCAの料金を聞いたのかしら??
まあ、泊まったのはセントラルYMCAなので、エンバルカデロのことは、どうでもいいんだけどね。
20年以上前の旅行ノートを、記憶を探りながら読み解くと、ときどきわけのわからない書き込みがあったりするわけだ。
僕の1988年の北米一周旅行では、ほとんどの町でYMCAに泊まってきた。
YMCAは、ドミに泊まるのがイヤで、しかも金を使いたくない僕にとっては、本当に楽だったよ。
清潔で、安くて、たいていはガラガラだったからね。
が、いまはYMCAには宿泊できないみたい。
現在は、安く泊まるとすると、やはりユースホステルになるのでは…。
最近のユースホステルは、個室もあるようなので、調べてみてください。
僕も、2004年に、トロントのユースホステルのシングルルーム(ツインのシングルユース)に泊まったことがあるけどね。
ヨーロッパのユースでも、かなり豪華で、シングルルーム、ダブルルームのあるところも増えてきたようだ。
1988年12月16日の僕は、サンフランシスコセントラルYMCAの、自分の部屋に入る。
サンフランシスコの12月だから、外は結構寒い。
一晩をバスで過ごして、暖かい部屋に落ち着くと、ホッとする。
ロサンゼルスからの、9時間の夜行バスでは、やはり十分に眠れなかった。
まず、部屋の外の共同シャワーで、たっぷりと熱い湯を浴びて、目を覚ます。
アメリカの宿は、お湯がたっぷり出るのがいい。
それは、基本的にバスタブがない、ってことにもつながるんだと思う。
欧米の安いホテルでは、バスタブがなくて、シャワーだけのところが多い。
シャワーが中心なので、お湯の出が、大切なんだろう。
僕もほとんど、シャワーで旅をしてきたので、バスタブにつかると、変にのぼせて、気分が悪くなるんだ…。
テレビを見ると、「スーパーパスワード」という、言葉当てのクイズ番組をやっている。
また、ニュースによると、昨日のサンフランシスコは嵐、南カリフォルニアは雪嵐だったそうだ。
12月15日から、ビザ無し入国が許可されたという新聞記事を読む。
僕はバルセロナで取った観光ビザで米国へ入国しているわけだが、昨日からは、ノービザでの入国ができるようになったらしい。
ちょっと落ち着いたところで、YMCAをあちこち探検したら、洗濯室があるのを見つけた。
そういえば、僕のアーミージャケットも、ジーンズも、アメリカに入って以来、一度も洗ってない。
下着やTシャツは、手洗いしてきたんだけどね。
というわけで、久しぶりに、服の洗濯をしました。
洗濯が75セント、乾燥が50セントでした。
でも、サンフランシスコへやってきたのに、部屋でテレビを見て、洗濯をしているだけでは、意味がない。
とにかく、サンフランシスコ観光に出なければ。
サンフランシスコといえば、僕の頭にまず浮かんだのが、有名な「ケーブルカー」と「フィッシャーマンズワーフ」。
ということは、ケーブルカーに乗って、フィッシャーマンズワーフへ行けばいいわけだ。
マーケットストリートを歩いて、パウエルストリートとの交差点へ。
ここからケーブルカーの「POWELL-HYDE LINE」に乗って、フィッシャーマンズワーフへ(運賃2ドル)。
フィッシャーマンズワーフのショッピングモール「ピア39」へ歩いて、「クラムチャウダー」を昼食にする。
フィッシャーマンズワーフからは、「アルカトラズ島」が遠望できる。
港からは、アルカトラズ島へのツアーも出ていたが、島に上陸すると時間がかかる。
そこで、1時間15分の、「BLUE & GOLD FLEET」社の、「SAN FRANCISCO BAY CRUISE」を申し込んだ。
これが料金12ドル(この時期だと1500円)でした。
このクルーズは、どこにも上陸せず、ただ湾内をあちこち見て回るだけ。
アルカトラズ島、ゴールデンゲートブリッジ、サンフランシスコとオークランドを結ぶ「ベイブリッジ」の下を通ったと思う。
また、「エンゼルアイランド」「トレジャーアイランド」を船から眺めて、その説明がある。
トレジャーアイランドは、パンナムの太平洋横断水上機、チャイナクリッパーが出発したところだそうだ。
考えてみれば、昔の太平洋横断航路は、サンフランシスコへ着いたはず。
その時代は、日本から見れば、サンフランシスコが、アメリカの玄関口だったわけだ。
物思いにふけりながら、観光船に乗っていたが、サンフランシスコの港の、12月半ばの夕方は、結構冷えた。
同じ船に乗っているのは、僕以外は、カップルや、家族連れの観光客だけ。
身体も寒かったけれど、僕の心は寂しさで、冷え冷えとしていました(涙)。
まだまだ若くて元気だった僕は、フィッシャーマンズワーフからYMCAへ、歩いて戻ることにした。
YMCAへ戻る途中に、チャイナタウンもあったからね。
チャイナタウンへ歩いていって、中華街の風景を見たが、レストランへ入った記憶はない。
チャイナタウンといえば、なんといっても「サンフランシスコのチャイナタウン」が本場だ。
僕が大好きな映画、「ゴーストハンターズ(BIG TROUBLE IN LITTLE CHINA)」の舞台も、このサンフランシスコのチャイナタウンだった。
チャイナタウンは、中華街の風景の中を、歩くだけで十分。
やはり、中華料理というものは、誰かと一緒に食べたほうがおいしいものだしね。
多分、チャイナタウンを歩いて、適当なテイクアウトでも見つけて、ワインを買って、部屋で夕食にしたのだと思う。
僕の場合は、食事中に本を読むし、ワインを飲むので、部屋で食事をしたほうが気楽(安上がり)なんだ。
部屋に戻る前に、グレイハウンドのバスディポへ行って、明日のバスの時間を確認。
アメリカ西海岸といえば、ロサンゼルスからサンフランシスコへ寄ればいい。
あとは一気にカナダのバンクーバーまで、行くつもり。
時間があれば、そのあとでまた南下しながら、興味のあるところを見ればいい。
この旅で、東部カナダでは、ケベック、モントリオール、オタワ、トロント、ナイアガラ滝と旅をしている。
西部カナダでバンクーバーへ行けば、東西のカナダを旅したことになる。
これは、世界旅行者として、ポイントが高いわけだね(笑)。
前にも書いたが、僕はこのときお金がなかった。
サンフランシスコのYMCAの一泊は許せるが、二泊はできない。
グレイハウンドの時刻表を見ると、バンクーバーまでのバスがある。
明日(1988年12月17日)のお昼ごろ出発のバスだった。
これに乗れば、バンクーバーへの到着が、次の日(12月18日)の午後3時ごろ。
午後3時ならばまだ明るいので、バンクーバーでも、宿を探す時間はある。
僕はこのお昼過ぎのバスに乗ることにする。
また、グレイハウンド乗り放題「アメリパス」の切符を、新しく14枚つづりで打ち出してもらった。
僕は、朝9時にサンフランシスコへ着いて、宿を見つけ、洗濯をして、サンフランシスコの観光を手早くすませた。
明日は、とっとと、バンクーバー行きのバスに乗るだけだ。
まあ、軽く26時間くらいのバス旅になるけどね(笑)。
北米一周グレイハウンドの旅目次  
ニューヨーク秋物語 
北米 「ホテル加宝」物語 中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記