『サンフランシスコから、グレイハウンドバスに乗って、ポートランド、シアトル経由して、バンクーバーへ26時間』@オレゴン州/米国

【あの伝説のベストセラー「間違いだらけの海外個人旅行」文庫版
1988年12月16日に、サンフランシスコの観光を一応済ませた
サンフランシスコ名物の「ケーブルカー」にも乗ったし、フィッシャーマンズワーフも見た。
湾内クルーズで、「ゴールデンゲートブリッジ」の下を通ったし、チャイナタウンも散策した。
僕はバンクーバーへ向かう途中だから、サンフランシスコ滞在は、一泊で切り上げて、翌日(1988年12月17日)には、バンクーバーへのバスに乗る。
僕は何度も書いているが、「夜行バス、夜行列車に乗るときは、到着時間から逆算して出発時間を決める」のが大原則。
ロサンゼルスからサンフランシスコに来るときに、「夜行列車/夜行バスの乗り方」、について詳しく論じている。
これから、バスに乗って、北上し、カナダ国境を越えて、バンクーバーまで一気に行ってしまう。
バスディポの時刻表で確認すると、26時間程度はかかる。
だとすれば、バンクーバー到着は午前中がいいわけだから、サンフランシスコ出発も午前にすればいい。
ところが、僕は、午後1時ころ出発のバスに乗っている。
理由は単純明快。
「サンフランシスコを午前に出て、バンクーバーに午前に着くバスがなかったから」、なんだ(笑)。
でも、まだ明るい時間の午後3時15分にバンクーバーへ到着するバスを選んでいる。
到着したときに、日没前かどうか、というのは大事だ。
日の光があれば、とにかく、町を歩いて、宿を探すことができるからね。
日が暮れたあとで、知らない町を、宿を探してうろうろなんて、これは絶対に避けたいところだ。
もちろん、バンクーバーでも、宿は予約してないが、まあいままでの経験から、宿を見つけるのは問題ない。
ただ、宿へ行くまでの道が暗ければ、気持ちよくないし…。
午後1時ごろ出発の、バンクーバー行きグレイハウンドに乗ることにする。
前日、パスの再発行を受けたときに、時間は確認してある。
しかし、あくまでも慎重な僕は、早めにYMCAをチェックアウトして、バスディポへやってきて、そこで時間を潰していた。
時間潰しに、絵葉書を書いて、バスディポの前の郵便局から出した。
バスディポで、本を読んでいると、ここでも、日本人旅行者に出会う。
この時期は、バブルの最盛期で、日本全国が浮かれていたので、若者は、何の特別な目的がなくても、どんどん海外旅行に出ていた。
旅先で日本人の若者に会うと、「僕はどこへ行ったらいいんでしょう?」と、よくアドバイスを求められたものだ。
この時代は、そんなに格差も激しくなかったし、旅行手段も限られていたので、旅先で出会う旅行者も同じような感じだ。
つまり、できるだけ長期間、安価に、アメリカ大陸を、グレイハウンドバスを利用して、旅をしている。
まだまだ留学生もそんなにはいなかった。
というか、この時代の留学生は、旅をしたりせず、まじめに勉強をしていたんじゃないかな。
このあと留学ブームが起きて、猫も杓子も「留学」という形で海外へ出るようになる。
この時期は、本格的な大学への留学は多くなくて、一般的には「語学留学」程度だったしね。
留学ブームが起きる直前だった。
だから、旅先で出会う日本人も、簡単に理解できた。
相手がどういう人物なのか、ほとんどわかっているのだから、気楽に話しかけられる。
僕が出会った日本人学生は、久留米市出身で、北九州(小倉)の大学に通っている4年生。
最初の海外旅行だそうだ。
それで、ロサンゼルスに10日滞在し、サンフランシスコに10日。
ロサンゼルスからは、グランドキャニオンへ行って、JTBの飛行機ツアーに参加した(250ドル)。
アメリカを飛び回る周遊航空券、を持っていて、これからアメリカを回るという話だった。
びっくりしたのは、グレイハウンドのパスを3つ持っていて、その有効期間が7日、7日、30日だということ。
日本への帰国はまだ決めてない(帰りの予約は入れてない)のだとか。
僕は、「旅行代理店に騙されてるな…(笑)」と思ったが、それは言わなかった。
この時代は、卒業旅行で、ヨーロッパ一周鉄道旅行も多かったが、北米一周旅行というのも、ごく普通だった。
いまだと、アメリカ2か月の旅なんか、あんまり流行らないけどね。
僕もこのとき、「北米一周グレイハウンド2か月の旅」をしていたが、この程度は、ごく普通のこと。
グレイハウンドに乗れば、まず、日本人の若者がいたものだしね。
彼と別れて、僕は午後1時ごろに、バンクーバー行きのバスに乗る。
すでにバスには乗りなれているので、車内では、本を読んだり、風景を見たりして、快適に過ごす。
サンフランシスコを午後1時ごろに出て、夜が来て、オレゴン州ポートランド到着が、8月18日の午前5時ごろ。
ここで、1時間ほどの、ミールストップがある。
グレイハウンドバスには、トイレが付いている。
でも、バスに乗るときは、バスに付いているトイレは使わないつもりでいるのがいい。
あくまでも非常用ね。
トイレの付いていないバスは、運行距離にもよるが、だいたいは2時間か3時間おきに、トイレストップがあるもの。
また、昼食、夕食、朝食時間には、ある程度長い時間の、ミールストップがある。
まあ、バスに乗っているときに、ヘビーな食事はしないのがルール。
長距離バスに乗るときの問題は、トイレなんだよね。
朝になれば誰でも、大きいほうに行きたくなる。
バスに乗っていて、朝のトイレ時刻になって、バスに一つしかないトイレで、誰かががんばっていたら…(汗)。
というわけで、トイレの設備がたくさん備えられた、サービスエリアなんかがバス大国にはある。
それで有名なのが、トルコのに整備されている、長距離バス向けのサービスステーションだ。
トルコは、バス移動が主力なので、各地にサービスエリアがあって、トイレの数も非常に多い。
インドは、もともと鉄道が運送の主役だったが、最近は、立派な夜行バスも増えた。
でも、まだまだバスターミナルが整備されてないので、トイレは、ひどい状況だ。
僕は2007年に、アウランガバードからムンバイへ、バス夜行バスで移動したことがあるが、トイレは大変だったよ(涙)。
特にインドのバスは、目的地へ直行せずに、乗客のリクエストに応じて、途中で降ろしていくので、時間通りには着かないしね。
人間は、朝になったら、トイレに行って大きいほうをするのが、自然だ。
その時間に、トイレのないバスがゆっくりと走って、道端に乗客を下ろしていったら、ホント、絶望しかないよ。
しかも、ムンバイの到着は、バスターミナルでもなんでもなく、普通の道路脇だったんだから。
僕は、トイレを済ませるために、タクシーを止めて、鉄道駅まで行ったんだけどね…。
まあもちろん、グレイハウンドは、ちゃんとしたバス会社だから、よく考えられている。
ポートランドのバスターミナルは、なかなか大きくて、立派なものだった。
ポートランドの1時間ほどのミールストップで、、トイレもゆっくり済ませられるし、朝食も取れる。
朝だから、歯を磨いたり、顔を洗ったり、ひげを剃ったりして、すっきりする。
ここで、日本人若者のカップルに出会ったのを覚えている。
彼らは、高校卒業後に、アメリカへ語学留学をして、そこで知り合ったカップルだった。
親が金持ちで、子供の成績がよくなくて、大学進学が難しいので、アメリカへ留学させたというタイプ。
これは、この時期、よくある話で、よくいる若者だったわけだ。
僕はすぐにそこを見て取ったので、話を盛り上げた。
2人は愛し合っていたが、将来には不安がある。
このままアメリカに住み続けることもできないし、日本に戻っても、アメリカにいただけに、日本社会にはなじめない。
でも2人にとって、若いときの、「すばらしい愛の想い出」はできるだろう。
人は、ステキな想い出があれば、それだけでも、生きていける。
だから、僕は二人を励まして、二人が言ってほしいようなことを語った。
日本はなぜダメなのか、日本で生きていくのが楽しくない理由、なんかね。
また、「日本もこれからは、どんどん変化していくさ。キミたち若者が変えていく力にならなければね♪」と励ました。
もちろん僕は、「日本は変わらないだろうなー」「日本には楽しい生活なんかない」と思っていたんだけどね。
若者には、たとえかなわないとわかっていても、夢や希望を持っていてほしいものだ。
いまの日本にいたら、まあ、夢も希望も、ゼッタイに持てないけどね。
1988年は、なんとかぎりぎり、はかない希望くらいは、まだ持つことができた時代だった。
ポートランドを午前6時半ごろに出て、バスはさらに北上する。
シアトルに着いたのが、午前10時40分。
サンフランシスコから乗ってきたバスはここまでで、別のバスに乗り換えて、バンクーバーへ向かうことになった。
ポートランドで出会ったカップルとは、互いの旅の無事を祈って、シアトルのバスディポで別れる。
バンクーバー行きのバスに乗り換えて、シアトルを出るのが、午前11時10分。
さて次は、アメリカからカナダへの国境越えだ。
ちょっと緊張する。
それには理由がある。
ニューヨークからモントリオールへのバスで、国境越えをしたときは、かなり厳しい入国審査があった
また、ナイアガラの国境でアメリカへ入国する時は、僕だけ残されてチェックされたしね。
アメリカとカナダの東部国境では、東洋人に対しては、カナダの入国、米国への入国ともに、厳しいチェックがあった。
しかし西部の国境では、グレイハウンドのパス(アメリパス)と、クレジットカードを見せた程度で、すんなりと通してくれたよ。
国境近くには、免税店(DUTY FREE SHOP)が看板を出していたのが、興味深かった。
バスはトラブルなくすんなりと走って、バンクーバーのバスディポに、午後3時半に到着。
時刻表によると、午後3時15分到着だが、たいした遅れでもない。
大事なのは、まだ明るいうちにバンクーバーへ到着できたということ。
しかし、(いま調べてみると)バンクーバーの12月18日の日没時間は、午後4時15分だ。
これから、宿を決めなければならない。
バスディポのホテル案内板にYMCAがあったので、電話をかけると、もちろん部屋が見つかる。
そこに、「VINCENT'S BACKPACKERS HOSTEL」の客引きが、声をかけてきた。
客引きは、ホステルのパンフレットと、バンクーバー地図をくれた。
ホステルに泊まるのだったら、マイクロバスで送るとのこと。
僕はYMCAに泊まることに決めてたので断ったが、軽く世間話をした。
客引きからもらった市内地図を見て、YMCAへ歩く。
テレビ無しのシングルルームで、23ドルプラスタックス10パーセントで、合計25.30ドル。
とはいっても、ここはカナダなので、カナダドル料金だ。
YMCAでは、100米ドルが115カナダドルのレートで両替してくれる。
町の両替屋では、100米ドルは、120カナダドルになるが、そこからさらに手数料を引かれるので、小額の場合は、手数料の取られないYMCAが有利だ。
日は暮れたが、まだ時間は早いので、外へ出る。
近くにあった教会へ入り、神に祈りをささげる。
またバスディポまで歩き、そこで、クラブハウスサンドイッチとビール2杯を、夕食にする。
ずっとバスに乗っていたので、あんまり食事をしていない。
緊張が続いているせいか、胃が小さくなっているのか、食欲はあまりない。
とにかくこれで、カナダ西海岸のバンクーバーへやってきて、北米の海岸線を一周したことになる。
旅では、今日のことと明日のことさえ考えればいい(「世界旅行主義」)。
今日は、部屋へ戻って、寝ればいい。
明日は、軽くバンクーバー観光をするつもり。
バンクーバーにも日本人街がある(あった?)らしいから、ちょっと歩いてみたいね。
アメリカ一周はしたので、後はグレイハウンドのバスが切れるまでに、ロサンゼルスまで、戻ればいい。
明日もバンクーバーにいるのか、どこかへ行くのか、そのことは、明日考えます。

北米一周グレイハウンドの旅目次  
ニューヨーク秋物語 
北米 「ホテル加宝」物語 中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記