トラベラーズチェックの盗難と再発行@サンディエゴ/カリフォルニア

【ティファナの教会】
1988年12月9日に、フラッグスタッフから日帰りで、グランドキャニオンを見る。
戻ってきて、フラッグスタッフから、グレイハウンドに乗る。
グランドキャニオンを見た後、その夜8時、フラッグスタッフの小さなバスディポから、またグレイハウンドに乗る。
フラッグスタッフからフェニックスへは3時間くらいかかり、到着が午後10時45分。
ここで、ロサンゼルスへ行く予定を変更して、サンディエゴにした。
サンディエゴ到着が午前7時ごろ。
すぐに電話をかけて、隣の「サンディエゴYMCA」にチェックイン。
この話は、「フラッグスタッフ→フェニックス→サンディエゴ」を読んでください。
YMCAの部屋でボーッとしていた。
これで、アメリカを東海岸から、西海岸へ、グレイハウンドで横断したわけだ。
あとは、バスで3時間程度のロサンゼルスへ行って、いろいろやることもある。
しかしいまは、そんなことは考えずに、ゆっくりしよう。
部屋で午前中、軽く寝なおした後、サンディエゴの町をうろついてみる。
ちょっと歩いたアムトラックの鉄道駅を過ぎると、すぐに港があった。

サンディエゴは米国海軍の基地になっていて、港をみてまわるためには、観光用のクルーズ船もある。
が、世界旅行者はそんなことにお金を使いたくないので、港の向こう側へ渡る普通のボートを見つけてそれに乗った。

このボートでも、港を渡る途中で、航空母艦を見ることが出来たよ♪
あとは、町のど真ん中にある「ホートンプラザ」というショッピングモールを見てあるいて、時間を潰す。
シネコンがあったので、時間潰しに映画を見た。
それが、日本語タイトルが「花嫁はエイリアン」英語タイトルが「MY STEPMOTHER IS AN ALIEN」という映画。

アメリカ風の喜劇で、馬鹿馬鹿しかった。
僕の笑いのつぼには入らなかったが、映画館の中で、大うけして笑い続けているおばさんがいたよ(笑)。
ホートンセンターのスーパーマーケットで、ワインを一本購入。
中華料理のテイクアウトを買い、あとマックナゲットを買って、これをYMCAへ持って帰る。
部屋でテレビを見ながら、この夕食をとる。
ワインを飲んだら、疲れていたのか、部屋で服を着たまま、コロッと寝てしまったようだ。
目が覚めたのが午前3時ごろ。
部屋は明るいままだが、なんとなく変な感じがする。
頭が変に重い。
ジーンズのポケットを探ると、財布が見つかるが、財布の中のドル札もトラベラーズチェックも、無くなっている。

コイン入れを見ると、ジャラジャラしていた小銭も全部すっかりない。
また、腕時計も見つからない…。

ボーッとした頭で考えるが、これは泥棒に入られたってことかしらん?
でも、ドアには内側からチェーンがかかっているし…。

しかし、貴重品バッグは鍵がかかっていたせいかそのままだ。
中を見ると、こちらのバッグのトラベラーズチェックも現金もクレジットカードも無事だ。

ただ財布にはいってたお金を、全部使った記憶もない。
しかも昨日は、新しいトラベラーズチェックを財布に入れたばかりだし、それまで使っているはずはない。

すぐにフロントへ降りて、「泥棒にあったみたいだ」と報告する。
まあ、泥棒にあっても、そのあとの手続きをきちっとやれば問題はない。

トラベラーズチェックの発行元、アメックスのトールフリーダイアル(無料通話)に電話をして、(もちろん英語で)盗難の報告をする。
僕のノートにトラベラーズチェックの番号を控えてあるので、報告は簡単に済む。

盗難にあったのは、100ドルのトラベラーズチェックが2枚だ。
昨日100ドルのトラベラーズチェックを1枚使っていて、その残りの現金が60ドル程度あったはずだが、これは諦めるしかない。

電話相手のアメックスの電話オペレーターは、ホテルの責任者を電話に出すようにと要求する。
僕はナイトマネージャーを呼んで、僕のいうことを復唱させる。

電話の横に立って会話を聞きながら、警察に盗難届けを出したりするのも面倒な話だと思う。
きっと、普通の旅行者は200ドル程度なら、諦めて届出をしないのだろうけれどね。

しかし、手続きはあっけなかった。
オペレーターは「警察への届出は必要ありません。すぐに再発行します。月曜日にアメックスのオフィスに来てください。あなたの番号は88SD****です」と言うだけ。

今日は、12月11日の日曜日。
もうやることはないので、また寝る。
朝起きて念のために部屋を探すと、ベッドの下に腕時計を発見した。
本当は今日、ロサンジェルスへ移動しようと思っていたが、月曜日にアメックスのオフィスへ行かなければならないので、まるまる一日ある。
盗難にあった部屋は気持ち悪いので、部屋を657号室から234号へ変えてもらう。
暇つぶしに、メキシコ領のティファナへとグレイハウンドで向かうことにした。
この時期は、グレイハウンドの乗り放題パスを持っていたので、何でもかんでもグレイハウンドを使って移動していたわけだよ。
サンイシドロの国境でバスを降りて、歩いて、国境のゲートを越える。
ティファナは、やはり国境の町らしく、がさつな感じがした。
ただ、観光客向けの店が並んでいるだけで、それほどのことはない。
僕は、テキサスの「エルパソ」からメキシコの「シウダフアレス」へ歩いて国境を越えたことがある。
同じような雰囲気だが、ティファナのほうだと、日本人を見ると、「ヤスイヨ!」とか「ヤマダサン」とか、声をかけてくるのが面白いかな。

月曜日になって、アメックスのオフィスの場所を観光案内所で調べる。
どうやら、ダウンタウンからはちょっと離れた、ミッションバレーというところの大型ショッピングモールに存在しているようだ。

もちろん貧乏な世界旅行者は、タクシーなど使わず市バスに乗る。
結構な時間をかけてミッションバレーへ到着し、そこの地図を見てアメックスオフィスを発見。

オフィスで、電話で告げられた事件の番号を言う。
すると、特に質問されることもなく、その場ですぐに新しいトラベラーズチェック200ドルが渡された。

結局、僕が受けた損害は、現金60ドル程度のものだったようだ。
しかも盗難事件のおかげで、ティファナへも行けたし、ミッションバレーにもやってきた。

それ以上に、「トラベラーズチェックを盗まれて、再発行をする」という、世界旅行者としては絶対必要な体験ができたわけだ。
これは、考えてみれば、神が世界旅行者を試していたわけだね。
そして、世界旅行者は盗難に気が付いたらすぐに行動を起こし、全く無駄なく再発行をやり遂げ、神の試練を乗り越えたわけだ。
ねー、こういう試練を乗り越えているから、世界旅行者はすごいわけなんだよ(笑)。

【旅行哲学】一人前の旅行者になるには、トラベラーズチェックの再発行体験が必要ね。

注)このときは日曜日の早朝の盗難で、再発行は月曜日でしたが、現在は日曜日でも大丈夫かもしれません。それは自分でやってください。
トラベラーズチェックの再発行にはいろいろと落とし穴がありますから、注意してください。
でもとにかく自分で勝手に動かずに、トラベラーズチェックの会社に連絡して、その指示に従うことが大切です。
参考: トラベラーズチェック再発行の注意点
北米一周グレイハウンドの旅目次  
ニューヨーク秋物語 
北米 「ホテル加宝」物語 中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記