ユニオンステーション@サンディエゴ/加州/米国

【サンディエゴユニオンステーション】
南カリフォルニア、サンディエゴのユニオンステーション。
駅には「SANTA FE」と書いてあるので、その名前なのかもしれない(誰か知ってたら教えてね)。
僕が中南米旅行を始めたとき、ロサンジェルスからサンディエゴまでアムトラックを使って、この駅に着いた。
駅を出ると、右側が港で米太平洋艦隊の母港になっていて、空母が停泊していたりするよ。
左側へちょっと歩くと、グレイハウンドのバスターミナルがある。
中南米へ下る時は、グレイハウンドでティファナ(メキシコ)のバスセンターへ直行した。
中南米を一周して戻ってきた時も、バスでやってきて、アムトラックでロサンジェルスへ戻ったっけ。
そうそう、米国一周バス旅行をしていたときも、グランドキャニオンの起点フラッグスタッフのバスディポから、フェニックス経由でサンディエゴへ着いたよなー。
その時は、バスディポの近くのYMCAに泊まったっけ。
YMCAの部屋でトラベラーズチェックの盗難にあった。
それで、ミッションヒルズのアメックスのオフィスへ再発行のためにバスで行ったのも、今ではいい想い出だよ。
ちなみに、警察に届け出をせずに電話一本で、翌日に再発行された経験から、世界旅行者の本に「トラベラーズチェックはアメックス」と書いた。
アメックスもいい宣伝になったものだよ(笑)。
町の中心のショッピングビル「ホートンセンター」も歩いていける場所だ。
僕の友人が土曜日の夕方に、ホートンセンターに行ったら、知り合った日本人留学生の女の子に誘われたとか。
その女の子のアパートで「3P(threesome)」をしたという。
興味がある人は、行ってみるといいだろうが、この話は、20年ぐらい前のことだから、注意してね(笑)。
サンディエゴのちょっと北にある、ラホーヤのビーチはとてもステキな、上品な場所らしいよ。
鉄道で海側の席に座っていると、ビーチで日光浴する白人美女のビキニ姿が見れるのも、この鉄道のいいところだ。
【写真】サンディエゴのユニオンステーション(サンタフェ鉄道駅)
【旅行哲学】白人美女のビキニ姿はやはりナマで見たいものだ。
「中米旅行記1989」その1:ロサンジェルス(米国)〜ティファナ(メキシコ)