『サンディエゴからグレイハウンドでロサンジェルスに着き、ホテル大元へチェックイン』@ロサンゼルス/カリフォルニア/米国


【左側の建物が「ホテル大元(ダイマル)」@一番街/リトル東京/ロサンジェルス/カリフォルニア】

1988年12月12日、僕はサンディエゴのYMCAで目を覚ます。
12月10日の夜に、YMCAの部屋で、トラベラーズチェックとドルの現金を盗まれてしまった。

その夜に、すぐに電話で盗難届けを出した。
12月11日の日曜日は、アメックスのオフィスが休みだということで、メキシコの国境の町ティファナへと、日帰りした。

そして、今日、月曜日の12月12日にトラベラーズチェックの再発行を受けることになっている。
「トラベラーズチェックの再発行をしたあとは、とっととロサンゼルスへの移動」する予定。

まず、サンディエゴのダウンタウンから、25番バスで、ミッションバレーへ。
ここの大きなモール(ショッピングセンター)に、アメックスのオフィスがあるという。

もちろん、「行ってみてオフィスがなかった」では、大笑いのドジ話。
行く前に電話をかけて(20セント)、オフィスが開いていることを確認した。

バスは結構な時間(1時間近く)がかかったが、ミッションバレーのショッピングモールへ無事に到着。
モールのディレクトリーで、アメックスのオフィスを確認する。

盗難にあった12月10日の深夜に、ホテルから電話で、盗難のレポートはしてある。
事件番号も知らされているので、その番号を告げれば、すぐに再発行してくれた。

僕が盗まれたのが、100ドルのトラベラーズチェック2枚だった。
再発行してくれたのも、100ドルのトラベラーズチェック2枚。

再発行には、ほとんど時間がかかってない。
時間がかかったのは、実は、ミッションバレーからサンディエゴのダウンタウンへ行くバスの乗り場で、ちょっと迷ったことかな。

これは、よくある話なので、わざわざ僕の(旅のウンチクたっぷりな)旅行記に書くのは、止めておきます。
というわけで、とっととサンディエゴYMCAへ戻り、フロントに預けておいたバックパックを手にする。

そのまま、すぐ隣にあるグレイハウンドバスディポへ。
僕が乗った急行バスは、サンディエゴ発午後12時10分で、ロサンゼルス到着が午後2時半。

つまり、たったの2時間10分だ。
もちろん、グレイハウンドの乗り放題パス「アメリパス」を持っているので、料金は気にならない。

逆に言うと、1988年のバス料金を書けないのが、欠点かな。
でも、ヨーロッパの鉄道乗り放題「ユーレイルパス」にしても、アメリカのバス乗り放題「アメリパス」にしても、いちいち料金なんか考えないしね。

バスの隣に座ったのが、米軍基地で働いているフィリピン人男性だった。
いろいろ話をしたが、僕の質問に、彼が必ず、「イエス、サー」と付けるのが、興味深かったね。

この時代のロサンゼルスのバスディポは、町のど真ん中の、6番街とロサンゼルスストリートの角にあった。
僕が泊まる予定の、リトル東京にある「ダイマルホテル」は、1番街だ。

サンディエゴからロサンゼルスに着いてすぐ、グレイハウンドのバスディポから電話をかける。

「エクスキューズミー、イズジスホテルダイマル?」
「イエ〜ス」

「ドゥユウハブアルーム、トゥナイト?」
「はいはい、日本人ですか?」と日本語の答えが返ってくる。

グレイハウンドのバスディポからダイマルへ、バックパックを背に歩いていった。
ロサンジェルスストリートを6番街から1番街まで歩くのは、そのころは危険だといわれていたもの。

途中でホームレスに軽く絡まれたが、それを予期していたので、ニコニコと笑顔でかわす。
危険を避けるために、サンディエゴからロサンジェルスへ向かうバス自体、昼に到着するように選んでいたのだから。

ダイマルには、マネージャーとして、中国人のおばちゃんが仕切っていて、日本語を話す。
またそのころいた、ただの宿泊者らしい日本人のおじいさんも、旅行者の世話を焼くのが好きでいろいろ相談に乗っていた。

宿泊客はもちろん日本人だけ。
そのころの日本のガイドブックには、ロサンゼルスの安宿として、掲載されていた。

長い旅からロサンジェルスへ着いて、ダイマルへ入れば、そこには日本語を話す人たちがいるわけだ。
だから、気楽といえば気楽だったのかな。

このときの宿泊料が、シングルで20ドル。
シャワー、トイレは、共同で、部屋には何にもない。

何にもないというのは、部屋が狭くて、ベッドだけ置くスペースしかないってこと。
また、テレビもなかった。

日本からアメリカへ行くと意気込んで、不安一杯でやってきた旅行者の皆さんたち。
彼らも、ロサンジェルスで日本語の通じる宿に泊まることで、旅の不安はなくなり、気持ちが落ち着いたことだろう。

でも、すでに1年3ヶ月も旅をしている僕から見れば、あんまり評価できなかったね。
このホテルでは、部屋で寝ている以外、なにもすることがない。

それに何よりもまず、12月だというのに、暖房がない。
部屋が暗いので窓を開けると、そこには別の建物の壁がある。

アメリカ南部を旅行していた時は、安くても、なかなか広くて立派な部屋に泊まっていた。
ロサンジェルスはもっと物価も安いと思っていたので、ちょっと期待はずれ。

がっかりしたが、すぐにホテルを移ろうとは思わなかった。
ロサンジェルスに来たのは、それなりの理由があったからだ。

北米一周グレイハウンドの旅目次  
ニューヨーク秋物語 
北米 「ホテル加宝」物語 中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記