『ソルトレークシティで、モルモン教の本部(テンプルスクエア)を訪れる』@ソルトレークシティ/ユタ州/米国

【グレイハウンドバス(2001)】
僕を乗せたグレイハウンドバスは、1988年12月26日午前7時15分に、ソルトレークシティのバスディポに到着。
ラスベガスで午後9時40分発のソルトレークシティ行きバスに乗ったが、1時間の時差があるので、乗車時間は8時間35分でした。
ロサンゼルスのセシルホテルで一泊したが、ラスベガスまで6時間50分、ラスベガスからソルトレークシティへ8時間35分と、バスに乗り続け。
だから、身体のことを考えても、今夜はソルトレークシティで一泊したいもの。
僕は、バスディポから、WEST UNIVERSITY BLVD.と S. MAIN ST.の角にある「THE NEW GRAND HOTEL」へ歩いて行った。
堂々とした建物で、昔はかなりちゃんとしたホテルだったのだろう。
部屋も大きかったが、ただ、建物の維持管理はそれほどでもなくて、「滅び行くホテル」という感じがした。
ただ、町の真ん中でとても便利だ。
ロサンゼルスもそうなんだけれど、アメリカでは、町の中心地はだんだんと寂れていって、昔のきちんとしたホテルは安宿化してしまうんだよね。
ニューグランドホテルでは、テレビとバス付きのツインルーム21.84ドルのところを、19.66ドルに値下げしてくれた。
一晩をバスで過ごし、ホテルを見つけて、大きなベッドがあるのだから、寝てしまいたい。
でも、ソルトレークシティには一泊しかせず、明朝は、またバスで移動するつもり。
部屋にバックパックを置いて、とっとと、ソルトレークシティの観光に出かける。
何をみたらいいのか、よくわからないが、ソルトレークシティが「モルモン教」の総本山だくらいは知っている。
ちなみに、モルモン教とは、「末日聖徒イエスキリスト教会(The Church of Jesus Christ of Latter-Day Saints)」のことです。
日本でも、昔はよく、白人男性が、町の通りで、「あなたは神を信じますか?」と声をかけて、伝道していたものだよ。
まあとにかく、「新しい町へ着いたら観光案内所へ行く」のが海外個人旅行の鉄則だ。
僕は、まず、「SOUTH VISITOR'S' CENTER」へ行った。
THE TEMPLEの外観(信徒以外は内部に入れない)を見る。
そのあと、「TABERNACLE」というドームで、オルガンリサイタルを聞いた。
次に、「NORTH VISITORS' CENTER」へ行った。
ここで、「モルモン教の歴史」を教えてくれるツアーがあったので、それに参加する。
ツアーを申し込んで、始まるのを待っていると、そこのスタッフさんと、いろいろと英語で話をすることになる。
しばらく話をしていたら、「あなたはどこから来たの?」と聞かれる。
「日本です」と答えると、「あーら、アメリカ人かと思った」という返事。
「あなたの英語はとてもきれいなので、どこの人かと思ったの」と、聞いた理由を説明してくれた。
続けて、「きっとあなたの英語の先生は優秀だったのね」と、続けた。
そこで僕は、「いいえ、先生はそんなによくなかったんです」と答える。
こういう答えを、相手は期待していないので、不思議な表情を浮かべる。
そこで僕は言う。
「先生は優秀じゃなかったんですが、僕の頭が優秀だったんですよ」
ま、これで、軽い笑いが取れるわけだね。
僕は、英語はなにしろ「ケンブリッジ英検特級(CPE)」をロンドンでゲットして、そのままアメリカにわたってきた。
北米旅行の中で、ずーっと英語を使い、英語のテレビを見て、グレイハウンドバスの中では英語の本を読んでいる。
だから、この時期が、僕が一番英語ぺらぺらの時代だったろう。
やはり、日常的に英語に接してないと、英語力は落ちるからね。
ただ、英語的な考え方というのは、一度身につくと離れない。
僕の場合は、もともと、イギリス的なユーモアが見についてしまっているので、日本人らしくない返事が自動的に出てくる。
例えば、このあと行くことになる南米一週旅行の終わり、カリブ海のサンアンドレス島でも、同じようなことを言われて、同じタイプの答えをした。
「あなたはなぜそんなにスペイン語がしゃべれるの?」と聞かれて、「頭がいいですから」と返事をしたんだけどね。
まあ、ちょっと思い出したので、書いておきます。
モルモン教の成立などを説明するツアーがあって、日本語のツアーもあるとか。
オフィスには、他に日本人の女の子が2人ツアーを待っていた。
僕が英語をしゃべるのがわかったので、日本語のツアーをせずに、英語のツアーで、僕が通訳することになった。
結局、日本人の女の子2人と、僕一人に、英語の解説者がついて、見て回る。
女の子2人は、英語はしゃべらなかったが、ある程度は理解しているようだった。
ポイントポイントで、僕が日本語で説明してあげた。
説明役の女性にも、適当に返事をしなければならないし、ミエミエな質問をしたり、と結構大変なお仕事でした。
正直、ひとりで見て回ったほうが、オキラクだったね。
一緒に見て回った日本女性2人も、そんなに愛想よくなかった。
そのあと、「ASSEMBLY HALL」と 「SEAGULL MONUMENT」を見た。
そう僕の旅行ノートに書いてあるが、どんなものだったか、全く記憶にない。
いまは、ネットでいくらでも調べられるので、興味のある人は、自分で調べてください。
僕が説明を受けたことを、旅行ノートにメモしてある。
それによると、モルモン教の創始者ジョセフスミスが14歳のときに、神の使いが現れた。
天使は、金板の聖書を与えようとしたが、それをあっさり断る。
天使はまたやってきたがそれも断り、三回目にやっと聖書を受け取った。
聖書をもらうまでに、4年かかったというのだから、若いのに、頑固だったんだろうね。
1844年にジョセフスミスは殺害され、そのあとを有名な、「ブリガムヤング」が引き継いだ。
ブリガムヤングが、ソルトレークシティを建設した。
ここまでが、僕がモルモン教徒の案内人から聞いた話です。
海外旅行とモルモン教との関係で言えば、モルモン教徒は、聖書を信じているので、遺跡の発掘事業に熱心だ。
「イスラエルの失われた10支族」の行方を捜して、中米の遺跡発掘をしているとか。
僕はそれを知っているので、このあとアフリカへ行ったとき、ジンバブエの「カミ遺跡」周辺の土地を買ったのがモルモン教徒ではないかと疑ったりした。
テンプルスクエアでは、僕が、熱心に質問をして、興味を示したので、結構気に入られたようだ。
帰りには、モルモン教の経典の「モルモン書」の英語版と日本語版をプレゼントしていただきました。
海外個人旅行をすると、世界各地の遺跡や、教会、寺院、モスク、聖地を訪れるもの。
美術館へ行っても、宗教画をよく目にする。
だから、海外個人旅行者は、自然と宗教に興味を持つようになる。
旅先では、神に祈ることも多いからね。
また、長い旅の途中では、「神に導かれている」と感じることも多い。
だから、宗教的な雰囲気をもつことになるのかな。
テンプルスクエアへ行って、モルモン教徒と関連の建物や内部を見たことで、ソルトレークシティ観光は終了。
あとは、だらだらと、町を歩き回る。
本屋を見つけたので中に入ると、奥にビニールのカーテンで仕切られた部屋があった。
その中に入ると、僕の期待通りのエッチ本がたくさんありましたよ!みなさん(笑)♪
まあ正直、人間である限り、宗教的な人でも、エッチは大好きなものなんだね。
特に、モルモン教とは、もともと一夫多妻制度だった(今は違うようですが)から、理解できる気がします。
しかし、エッチ本は買わずに、夕食を買う。
ピザ屋を見つけ、スライスを3枚、中華料理のテイクアウトで、焼き飯とチキンとブロッコリーの炒め物、を買って部屋に帰る。
僕の旅行ノートに「ラスベガスで買ったワインを雪で冷やして」とあるので、道端には雪が積もっていたのだろうね。
これで、ソルトレークシティの観光はオワリ。
明日12月27日は、ラスベガス経由で、ロサンゼルスへ戻ります。

北米一周グレイハウンドの旅目次  
ニューヨーク秋物語 
北米 「ホテル加宝」物語 中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記