『ソルトレークシティからラスベガス経由で、ロサンゼルスへ着き、ハリウッドへと行く』@ロサンゼルス/カリフォルニア州/米国

【グレイハウンドバス(2001)】
1988年12月27日午前9時、ソルトレークシティからラスベガスへの、グレイハウンドバスに乗る。
このバスは、ラスベガスまでの途中停車が3駅だった。
ラスベガスのダウンタウンのバスディポ到着が、午後4時ごろ。
それでは所要時間は7時間かというと、時差があるので、8時間でした。
ラスベガスからソルトレークシティの移動が8時間35分だったから、このバスは、途中の停車も少なかったようだ。
まあとにかく、午後4時ごろにラスベガスへ到着。
ロサンゼルスからソルトレークシティへ移動するときに、ラスベガスに短時間いたので、すでに土地勘はある。
前回立ち寄ったとき、バスディポの近くで、軽くスロットマシーンをやって、予想通り負けた。
僕はもともとギャンブルが好きじゃない、というか、ギャンブルで勝てるとは、一度も思ったことがない。
だから、話のネタに、軽くスロットマシーンをやれば、それで十分。
しかしこの時期、ラスベガスにはもうひとつ、ひきつけるものがあった。
それが、「食べ放題のビュッフェ」だ。
いまはそれほど安くもないようで、「ラスベガスのビュッフェが安い」という話は、ほとんど聞かないね。
しかし1988年ごろは、特に貧乏旅行者は、ラスベガスへ行って、大きな部屋に安く泊まって、食べ放題のビュッフェでお腹一杯食べるというのが定番でした。
僕はグレイハウンドの乗り放題のバスパス(アメリパス)で北米を旅して来た。
だからラスベガスでも、部屋に泊まることはしない。
ギャンブルを形だけやって、あとビュッフェで、食事をすればそれで十分。
ただのビュッフェでは話のネタにならないので、「Las Vegas Champagne Buffet」というところにした。
普通のビュッフェだと、本当に1ドルちょっととか、そんな料金だった。
しかし僕は、豪華に、「シャンペン付きのビュッフェ」にしたわけだね。
この料金が、4.51ドル。
高いが、これでシャンパン飲み放題。
とはいっても、シャンペン用の小さなプラスチックのコップに、シャンパンサーバーから自分で注ぐ。
自分で注ぐから飲み放題なわけだが、このシャンパン用のコップがものすごく小さいので、何度も入れなければならない。
最初は、ちょっと離れたテーブルに座っていたが、何度も席を立つのが面倒。
僕はテーブルをシャンペンの近くに移動して、ガンガン飲んだ。
さらにローストビーフも食べ放題だが、これは係員が、薄切りにして、お皿に一枚ずつ載せるというもの。
これは、何度もロースとビーフのところに並ぶのが、心が痛んだ。
それが狙いなのだろう、ローストビーフはあまり食べなかった。
食べ物はたいしたことがなかったが、それでも、シャンパンを飲んだので、十分元は取ったと思う。
これでその時代ラスベガスの名物だった、ギャンブルと食べ放題のビュッフェを体験したわけだ。
ラスベガス体験はこれで終了。
付け加えておくと、僕のファンに誘われて、2001年にラスベガスを再訪した。
このときは、ストリップにある有名ホテル「ルクソール」に宿泊した。
いまのラスベガスは、家族連れも楽しめるテーマパークのようなところになっている。
食事もまともな値段がして、僕が1988年に体験したような、格安のビュッフェというものは無くなっていたようだ。
1988年の僕は、とにかく体力のある限り、バス移動をしている。
だから、今日もラスベガスでも、ロサンゼルスでも泊まらない。
バスの中で寝るだけだ。
正直、バックパッカー旅行というものは、若くて体力がないとできないよ。

歳を取ってバックパッカーをやろうとしても、体力が弱れば無理。
それ以前に、体力に自信がないと、気力が出てこない。

ラスベガスの仕上げに、時間つぶしとして、ギャンブルをしてみる。
ポーカーマシンをやったが、やはり負けて、15ドル失った。
時間を潰して、深夜12時01分、ラスベガスのダウンタウン発のグレイハウンドに乗る。
かなり疲れて無理に起きていたので、バスに乗ったらすぐに眠りに着く。
ロサンゼルスのバスディポに着いたのが、翌日12月28日午前6時過ぎだ。
ロサンゼルスでは、サンディエゴから最初に来たとき、リトル東京一番街の「ホテル大元(ダイマル)」に泊まっていた。
そのホテルを出て、ロサンゼルスからサンフランシスコへ夜行バスに乗った。
バンクーバーまで行って、あちこち寄りながら、ロサンゼルスへ戻ってきた
ロサンゼルスで一泊だけホテルセシルに泊まって、まだバスのパスが使えるので、ラスベガス経由でソルトレークシティへ行った。
そしていま、ソルトレークシティからロサンゼルスへ戻ってきたわけだ。
今日はとても重大なことを確認しなければならない。
それは、口座を作った「加州住友銀行」の僕の口座に、日本からの送金があったかどうか確認すること。
いまはまだ朝の6時だ。
銀行は閉まっているし、ホテルに入るにも早すぎる。
時間潰しに、ハリウッドへ行きましょうか。
そう思った僕は、バックパックをバスディポのコインロッカーに放り込んで、ハリウッドへ行きました。


北米一周グレイハウンドの旅目次  
ニューヨーク秋物語 
北米 「ホテル加宝」物語 中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記