『サクラメントのカリフォルニア州立鉄道博物館で大陸横断鉄道の歴史を学び、グレイハウンドで、ギャンブルの町リノへ』@リノ/ネバダ州/米国

【あの伝説のベストセラー「間違いだらけの海外個人旅行」文庫版
1988年12月19日午後3時、僕はバンクーバーからグレイハウンドバスに乗った。
カリフォルニア州の州都サクラメント到着が、12月20日の午後4時40分。
吹雪でバスが遅れたが、バンクーバーからサクラメントへ、約26時間のバス旅が終了した。
カナダから米国へは、バスだからもちろん、陸路国境越え。
カナダの東部でも、西部でも、国境を往復したから、アメリカとカナダの国境を陸路で4回越えたわけだ。
海外個人旅行者としては、立派な勲章だね♪
しかも僕はこのあと、2004年に、ナイアガラの滝で、レインボーブリッジを、カナダから米国、米国からカナダと往復した。
ということは、アメリカとカナダで普通の人が通過する国境を、すべて越えているわけだ。
もちろん、ほとんど知られていない、内陸部の国境もある。
でも、そういう国境を越えても、誰も興味を持たないだろう。
また、あまりに変わった国境を越えて自慢をすると、人から嫌われるから注意したほうがいい。
僕の場合は、誰でもが簡単に通れる国境の話をするから、役に立つわけだね。
1988年12月21日の朝、すっきりと、サクラメントの「ベリーホテル」で目覚める。
昨日は、早目に寝たので、気分爽快。
さて、今日の計画を考える。
とにかく、近くにあるギャンブルの町「リノ(RENO)」へ行こう。
昨日、サクラメントのバスディポで調べたところでは、サクラメントからリノまでは、3時間程度。
リノは、ネバダ州の、ラスベガスと並ぶギャンブルの町だ。
しかし、リノへ行く前に、サクラメントの観光をしたい。
サクラメントに観光名所があるのか、それは手持ちのJTB「自遊自在」というガイドブックを見る。
1988年ごろは、「地球の歩き方」がバカ売れしていて、JTBもそれに対抗して、「自遊自在」というシリーズを出版していた。
しかし、「地球の歩き方」がバックパッカー向けだったのに対して、安宿情報などが少なくて、結局失敗してしまった。
僕は、「何事も競争が大事だ」という「世界旅行主義」を持っている。
日本のガイドブック業界に、「地球の歩き方」一つしかなければ、日本のガイドブック業界は腐敗するだろう。
そう考えた僕は、アメリカ各地から、「自遊自在」編集部に、特にアメリカの面白情報を送っていた。
この、サクラメントのホテルについても、ちゃんとオチのついた面白いレポートを送った。
僕のレポートは、「自遊自在・アメリカ」に掲載されて、大評判になった。
世界一周旅行が終わった後、連絡を取って、JTBの出版部へも行った。
その時に、JTBから僕の旅行本を出す話も出たが、立ち消えになった。
この時期は僕も、東京都ユースホステル協会で海外旅行講演をするなど、日本の海外旅行にたいして、間違いを正してあげようという気持ちもあった。
日本という国は、新しい本物の考え方を嫌う人たちで成り立っている。
だから、昔からいままで、相変わらず、手垢のついた旅行常識、旅行観から離れられないんだよなー(涙)。
僕はそれがよくわかったので、日本人を救うことは、とっくに諦めた。
いまは、僕の考え方が理解できる知的レベルの高い人に対してだけ、書いてます。
ガイドブックを読むと、サクラメントには、いろいろ見るところがあるようだ。
まず行ったのが、「CALIFORNIA STATE RAILROAD MUSEUM(カリフォルニア州立鉄道博物館)」だ。
これは、米国の大陸横断鉄道(CENTRAL PACIFIC RAILROAD)建設の解説が多かった。
シエラネバダ(SIERRA NEVADA)山脈越えの鉄道建設が大変だった話。
このとき、多くの中国人が建設に参加した話など。
ニューヨークから伸びてきたユニオンパシフィック鉄道と結ばれたのが1869年。
これで、米国東部と西部が鉄道で結ばれて、西部開発が進んだというわけね。
鉄道博物館は、ジオラマもつかい、展示品も多くて、とてもすばらしかった。
一番驚いたのは、本物の蒸気機関車が、ずらりと並んでいたこと。
特に、SOUTHERN PACIFIC鉄道で使われていた巨大蒸気機関車の展示には、ホント、圧倒されたね。
日本にも「てっちゃん(鉄道オタク)」は多いだろうが、サクラメントの鉄道博物館に来た人は、ほとんどいないだろう。
いま、日本のガイドブックをチェックしたが、サクラメント自体が、もう載ってないからね。
その点でも、世界旅行者は、日本の普通の鉄道オタクにも、完全勝利したわけだよ(笑)。
鉄道博物館があまりにもすばらしかったので、感動の余韻に浸る。
すると、うっかり他の観光名所も見たくなるもの。
「OLD SACRAMENTO」という、昔のサクラメントを保存したような観光用のエリアがあったので、そこへ行った。
この日(1988年12月21日)は水曜日で、平日だったが、オールドサクラメントには、結構な人がいた。
クリスマス前だったから、クリスマス休暇だったのかな。
いまだと、12月21日は、クリスマス前だと理解できる。
11月ごろから、クリスマスソングが流れ、テレビにはクリスマスをテーマにしたコマーシャルが流れるからね。
でも、本格的な長期海外旅行をしている場合は、季節も曜日もほとんど考えないものなんだよ。
ただひたすら、その日その日を旅して、現在を生きているだけなんだから。
サクラメントを歩いていると、サクラメント川(SACRAMENTO RIVER)に、外輪船が浮かんでいるのを発見。
続いて、カリフォルニア州議事堂、会議場を見た。
だいたい、これで、サクラメントの名所は見終わったわけだ。
最後に、教会に入り、ロウソクを灯して、神に祈る(ロウソク代25セント)。
旅で一番大切なことは、「神に祈る」ということなんだよ。
旅では、いくら自分で考えても、どうにもならないことが多いからね。
バスディポから午後2時発のリノ行きのグレイハウンドバスに乗る。
到着予定時刻は、午後6時だ。
それでは、バスに乗っているのは、4時間かというと、それが大間違い。
実は、カリフォルニア州のサクラメントはPST(PACIFIC STANDARD TIME)、ネバダ州のリノはMST(MOUNTAIN STANDARD TIME)なんだ。
だから、1時間の時差がある。
と、僕の旅行ノートには書いてある。
ただ、いま調べてみると、カリフォルニア州もネバダ州ももPSTになってました。
1988年から現在までの間に、変更があったのかもしれません。
僕の勘違いかもしれません。
ただ、このときは僕は時差があると考えていたので、僕の旅行ノートにあるままに書いておきます。
サクラメントのバスディポから、午後2時のバスに乗る。
もともと、このバス自体が、1時間ほど遅れて到着した。
僕がロサンゼルスを出てから、バンクーバーまで北上し、バンクーバーからサクラメントまで南下した間、西海岸を雪嵐が襲っていた。
サクラメントを出たバスは、3時間でリノに到着するのに、雪のために5時間かかったんだ。
もうすでに、真っ暗なリノのバスディポに到着した。
僕は本物の世界旅行者だから、ホテルはもちろん予約してない。
いつも、「新しい町には明るいうちに到着する」という旅行原則を言ってるのに、失敗したのか?
いえいえそうではありません。
僕は、グレイハウンドのバスパス(アメリパス)を持っているから、もしリノで宿が見つからなくても、ちっとも困らない。
安い宿が見つからなければ、またバスに乗ってしまえばいいだけ。
サクラメントに戻って、またホテルに泊まってもいい。
そのままロサンゼルスへ行ってしまってもいい。
リノでどうしてもホテルを見つけなければならない、というわけではないんだ。
どうなったところで、全く気にならない(笑)。
バスディポには、リノのホテルへの直通電話ががある。
そこで、名前に聞き覚えがあった「サーカスサーカス」に電話をしてみた。
ホテルに、空き部屋があるという。
その料金を聞いたが、その答えに僕は、あまりに驚いて、聞き返してしまった。
さて、1988年12月21日の、ネバダ州リノの「サーカスサーカス」の一泊料金はいくらだったのか。
それは、次回のお楽しみ。
□ カリフォルニア州立鉄道博物館(CALIFORNIA STATE RAILROAD MUSEUM)  http://www.csrmf.org/
北米一周グレイハウンドの旅目次  
ニューヨーク秋物語 
北米 「ホテル加宝」物語 中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記