ロサンジェルス暴動@ホテル加宝/ロサンジェルス/カリフォルニア
1992年4月29日水曜日ロサンジェルス暴動が始まった。
僕はちょうどその時、ロサンジェルスの「ホテル加宝」に滞在していた。

ちょっと前に週刊文春が僕を「世界旅行家」として写真つき4ページで特集していた関係で、僕は「ホテル加宝」の連絡先を教えていた。
すると、木曜日に週刊文春の記者から電話があって、ロサンジェルス暴動や、ダウンタウンの状況について、いろいろ話をする。

ついでに、ホテル加宝宿泊者の電話インタビューもお世話してあげた。
5月14日号の週刊文春に記事が載った。

週刊文春1992年5月14日号 戦慄の72時間30人の証言 ロス暴動「私は目撃した」


いやー、大変だったよ…、ロサンジェルス暴動。

でも、サンフランシスコ大地震のときも、ベルリンの壁崩壊の時も、僕はロサンジェルスにいたんだよなー。
日本にいると、ワイドショーでわけのわからない報道を見るしかない。
東欧民主化の時の米国の報道は、すごかったなー。
テレビを見ていると、普通の番組が突然中断されて、ニュースを始めるからね。
東欧の国の学者なんかが出てきて、お国訛りの強い英語で解説してるのも興味深かった。
で、中断された番組は、それっきり(多分)。
「まさにその時代を生きている」感じがしたね。
日本では何が起きても、日本人専門家(笑)が日本語で解説してくれる。
おそらくは、ウソだらけのことをね。
日本では、すべてが自分に無関係な井戸端の世間話でしかないんだよ(涙)。

【旅行哲学】日本にいると、世界から隔絶されていると感じるね。