『ハリウッドで時間を潰し、加州住友銀行に入金を確認し、ダイマルホテルに二度目のチェックイン』@ロサンゼルス/カリフォルニア州/米国

【チャイニーズシアター(2007)】
1988年12月28日午前6時ごろ、僕を乗せた、ラスベガスからのグレイハウンドバスは、ロサンゼルスのバスディポへ到着。
なお、1988年のことですから、このバスディポは、ロサンゼルスダウンタウンのど真ん中、6番街とロサンゼルスストリートの角にありました。
午前6時では動きようがない。
今日やることは、ひとつで、つまり、日本からの送金を受け取るのが目的。
僕の旅行ノートには、「BANKはAM10:00から」と書いてあるが、これは自分なりに銀行へ行く時間を決めたのだろう。
とすると、4時間ばかり、時間を潰さなければならない。
ロサンゼルスは、まだどこも観光したことがないので、とにかくハリウッドへ行くことにした。
この時期はまだメトロレッドラインができていない。
だから、バスで行ったはずだが、RTDバスで行ったのか、グレイハウンドで行ったのか、記憶にない。
この時代、ハリウッドにグレイハウンドのバスディポがあった。
いくら時間つぶしだといっても、気軽に移動できる距離ではない。
多分、ダウンタウンのバスディポでハリウッド行きのバスを見つけて、それに乗ったのでしょう。
そこは深く考えないこと。
ただ、僕の旅行ノートに「ハリウッドでチャイニーズtheater」と書いてあるし、僕の記憶でもチャイニーズシアターに行ったのは間違いない。
僕がハリウッドへ行ったのは、ひとつにはハリウッドのYMCAに泊まろうかと考えて、YMCAをチェックするためだった。
このとき、ハリウッドのYMCAへ行ったが、かなり寂れていたので、ここに泊まるのは止めた。
グレイハウンドバスディポから、ヴァインストリート、ハリウッド大通り、セルマアヴェニュー、サンセット大通りと歩いて、時間を潰した(旅行ノートにあるままです)。
ハリウッドのグレイハウンドバスディポから、わざわざグレイハウンドバスに乗って、またダウンタウンへ戻った。
これははっきりと記憶がある。
だからやはり、そのころの市内バス、RTDバスは使わなかったんだね。
グレイハウンドの乗り放題パス「アメリパス」が有効な期間は、使い倒すというのが、僕の考えだったし。
そうそうそれで、僕がマイアミで買った30日有効のパスは、11月30日に使い始めた。
マイアミからセブンマイルブリッジを通って、キーウェストに行くときに使ったんだ。
とすると、明日の12月29日が有効期限だ。
また思い出したが、僕がハリウッドに来たのはだね、アメリパスを1日10ドルで延長するオフィスが、ハリウッドにあったからだった。
ちゃんと電話場号や住所まで、僕のノートに書いてある。
でも、アメリパスも名前が変化して(ディスカバーパス?)、そのあと乗り放題のパス自体が、無くなった。
だから、僕の旅行記を読んで、「こんな自由な旅をしたい!」と思っても、今は無理なんだよ(涙)。


【ダイマルホテル(2007)】

ダウンタウンのバスディポで、バックパックをロッカーから出して、背負い、ロサンゼルスストリートを北へ歩いて、加州住友銀行へ行った。
口座の残高を確認したときは、ドキドキしたね。
お金が入ってなければ、飢え死にするんだから(笑)。
しかし、いま僕がまだ生きているってことは、お金が入ってたんだね。
送金があったのは、1万ドルきっかりだ。
この時期のレートで行くと、130万円くらいだ。
1万ドル(130万円)あれば、これはもう、世の中に恐いものはない。
しかも、この時代の1万ドル。
ロサンゼルスの物価も安かったしね。
僕はとにかく、500ドルの現金を口座から出した。
歩いてまた、「ダイマルホテル」へ。
12月15日に、このホテルをチェックアウトして、サンフランシスコへ移動したから、約2週間ぶりだ。
ダイマルのおばさんは僕を覚えていた。
それで、喜んだのか、前よりもいい部屋をくれたよ。
窓があって、外が見える部屋(以前泊まってたのは、窓の向こうが壁だったからね)だ。
1万ドルのお金があり、時間もたっぷり(金の続く限り)ある。
ロサンゼルスのリトル東京の、日本人だらけのダイマルホテルの、一泊20ドルのシングルの、窓のある、明るい部屋に収まった。
僕はまだ男盛りで、元気いっぱい、体力気力充実。

アメリカ、カナダとグレイハウンドで旅をしてきたばかり。
これから何でもできる状態。
南米へ行くことは十分可能。
時間と金があり、気力体力が充実しているのに、南米へ行かなかったら、犯罪だよ。
でもそれは、今は考えない。
明日考えましょう。
今日は、ビールを飲んで、ゴロゴロして寝ればいい。
リトル東京の日系スーパーへ行って、2リットルの生ビールの樽を買うと、これがなんと6ドルしない。
日本だと、この時代、1500円くらいした。
ロサンゼルスでは、日本のビールも半額程度で売られていたわけだ。
アメリカのスーパーマーケットだと、アメリカのビールが信じられないくらい安い。
日系の店だと、お弁当やお寿司、和風総菜もそろっている。
ロサンゼルスって、この世の天国ではないでしょうか(笑)。
ビールを買って、弁当を買って、狭い部屋へ戻り、ひざまずいて、神様に祈る。
心配は何もない。
1万ドルの金があり、健康でやる気もある。
これから果たさなければならないミッション(中南米旅行)もある。
この時僕は、間違いなく、人生の頂点に立っていたね(笑)。
すべては神の定め。
僕の道は、神によって定められている。
北米一周グレイハウンドの旅目次  
ニューヨーク秋物語 
北米 「ホテル加宝」物語 中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記