『リノの観光案内所で、ふわふわした美女と話をして、町を軽く歩いて、ピザと白ワインとビールを夕食にする』@リノ/アリゾナ州/米国

【あの伝説のベストセラー「間違いだらけの海外個人旅行」文庫版
これは、1988年に、僕が北米(カナダとアメリカ)を、グレイハウンドバスで、北米一周をしたときの話。
まず、ニューヨークからロサンゼルスへ、大陸横断をした。
ロンドンからニューヨークへ飛んできたのが、1988年10月22日だった。
その夜に、35丁目の「スローンハウスYMCA」に飛び込みで入ったが、ここが思いのほか居心地がよかったので、滞在が長引いた。
10月22日から11月9日まで、ニューヨークに滞在して、歩き回っていた(これは「ニューヨーク秋物語」を読んでね)。
それから、カナダ東部を旅して、ナイアガラを見て、再度米国へ入り、ボストン経由で、またニューヨークへ。
ニューヨークからフィラデルフィアへ日帰り往復したあと、ニューヨークに別れを告げた。
それからは、マイアミまで南下したが、グレイハウンドのパスを途中でなくしてしまって、、マイアミにしばらく滞在。
マイアミのバスディポで新しく、「アメリパス」を買って、アメリカの南部を横断をする。
そうして、サンディエゴに到着したのが、12月9日だった。
それから、ロサンゼルスへ行って、これで「ニューヨークからロサンゼルスの大陸横断旅行」が完成したことになる。
ロサンゼルスでは、そのころ日本人の若者が集まっていた「ホテル大元(ダイマル)」に滞在した。
ロサンゼルスで、いろいろあった用意を済ませ、、手続きをした。
そのあと、12月15日に、夜行バスでロサンゼルスを離れ、サンフランシスコ経由で、バンクーバーまで北上。
続いて、バンクーバーからサクラメントへ移動して、そのあと12月21日に、リノへやってきて「サーカスサーカス」に宿泊する
リノでは、たまたま「パンナム103便爆破事件」のニュースを見た。
12月22日に、もう一泊することにしたが、リノの町もちょっと歩いてみたいもの。
午前中は、暖房の効いた、広い部屋で、ベッドに横になって、テレビを見てごろごろ過ごした。
しかし、一日中ホテルの部屋で過ごすのも、男性ひとりの場合は、つまらない。
午後になって、まず、リノの観光案内所(VISITOR'S CENTER)へ歩いた。
観光案内所といっても、20歳くらいの女性が一人いて、パンフレットが置いてあるだけの小さな部屋だった。
この女の子が、とても面白い感じで、今でも記憶に残ってる。
僕自身この時、「観光案内所に行くときは、人がよくて、頼りない人間を演じる(「世界旅行主義」より)」を実践していた。
「この人、大丈夫かしら?」と相手に思わせれば、親切に教えてくれるものだからね。
つまり、英語もたどたどしく、自信なさそうで、相手がなんとか助けてあげたいと思うような人間になった。
わかりやすく言うと、「裸の大将」のように振舞ったわけだ。
するとその女性が、とても親切に応対してくれて、必要以上に話をしてくれた。
ただ、この女の子も、とても、変わっていた。
話し方が、心ここにないような、ふわーんとした、感じ。
僕のつたない文章力ではうまく描写できないが、そう、ちょうど、SKE48の「金子栞」のような、感じだったかな。
いま思い返すと、ひょっとして僕が演技していることを見破って、女性のほうも金子栞の真似をしていたのかもしれない。
すると、1988年のリノの観光案内所の部屋には、裸の大将と金子栞が向き合っていたわけか。
これは、すごい衝撃的なことだね。
女性からリノの地図をもらい、観光名所に印をつけてもらって、歩き出す。
海外個人旅行者にとっては、観光案内所へ行くというのは、旅の一部だ。
観光案内所で、話をして、パンフレットや、地図をもらい、何か面白い行事はないか相談して、冗談を言い合ったりする。
旅先でも、旅行者と出会わないところでは、ホテルのスタッフとしか、話をするチャンスはないもの。
でも、観光案内所へ行けば、話はできるし、語学の練習にもなるわけだ。
観光案内所へ行けば、まずその町の地図は置いてあるから、それが一番の目的かな。
もちろん、観光客用の地図なので、見所が大きくわかりやすく、示されているしね。
それに、「現地で、自分で観光案内所へ行って、係員と話をして、もらった地図」というのは、いい記念になる。
僕にとっては、リノの観光案内所で、若い(金子栞と似た)、面白い美女と話をして、町の地図をもらったことが、旅の目的なんだ。
せっかく地図をもらって、地図にオススメの場所を書き込んでもらったので、見に行きましょう。
まず「HAROLDS CLUB」へ。
ここは「銃器のコレクション展示」が有名だったらしいのだが、聞いてみると、コレクションはなくなったのだそうだ。
次に「CAL NEVADA CLUB」、さらに「BALLEY'S RENO」と動いた。
でも、ほとんど記憶に残っていない。
そのあと僕は、ピザ屋へ行ったのは、覚えている。。
リノの通りは、雪で白くなっていて、そこでピザ屋の看板を見つけて、歩いていった。
かなり大きなサイズのピザが5.50ドル(700円程度)だった。
日本だと、ピザを頼むとすぐに、2千円を超してしまう。
アメリカでは、数百円程度で買えた体験があるので、僕は日本でピザを頼んだことがない(笑)。
あと、缶ビールと、白ワインを買って、部屋へ戻り、夕食にする。
一日のオワリに、清潔でふかふかのベッドと、テレビと、ピザとワインとビールがあれば、この世に不満はありません(「世界旅行主義」)。
しかし、このような幸せな生活は、永遠に続くことはない。
僕の幸せな結婚生活は、あっけなく、終わったしね。
だから、僕は、幸せにこだわることはないんだ。
僕にとっては、不幸せこそ本当の人生なのだから(涙)。
さて、昨日(12月21日)、今日(22日)は、クリスマス前で、ホテルが安い時期だった(一泊18ドル+税金)。
が、明日(12月23日)からは、クリスマスシーズンになり、ホテル代が一気に上がる。
ということは、明日は泊まらず(泊まれず)、僕は、バスに乗る。
マイアミで買ったアメリパス(グレイハウンドの乗り放題パス)は、12月いっぱい、あと一週間ほどは使える。
すると、明日ロサンゼルスへ戻ってしまうと、パスを使い残すことになる。
とすると、単純にロサンゼルスへ戻るのも、もったいないね。
ロサンゼルスへ戻る前に、どこか、行けるところはないだろうか?
でもまあ、そんなことは、明日になって、グレイハウンドのバスディポに行ったときに、その場で考えたらいいだけです
北米一周グレイハウンドの旅目次  
ニューヨーク秋物語 
北米 「ホテル加宝」物語 中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記