『リノのサーカスサーカスで、「パンアメリカン航空103便爆破事件(ロッカビー事件)」を知って、もう一泊することに決定』@リノ/ネバダ州/米国

【あの伝説のベストセラー「間違いだらけの海外個人旅行」文庫版
1988年12月21日、僕はサクラメントを観光して歩いた。
特に、「鉄道博物館」は、アメリカ大陸横断鉄道の説明が詳しくて、すごく楽しめた。
そのあと、ネバダ州のギャンブルの町リノへと、グレイハウンドバスに乗る。
普通だとバスで3時間で到着する予定。
しかしこの時は、アメリカ西部一帯を、猛烈な雪嵐が襲っていたので、バスは遅れた。
普通なら3時間で着くところが、5時間かかった。
リノのバスディポに到着したが、もうすでにあたりは真っ暗だ。
ギャンブルの町だから、ネオンサインは輝いていたが、それも心なしか寂しく見える。
もちろん宿の予約はしてない。
僕は、世界中どこへ行くにしても、宿の予約をしないのが主義(世界旅行主義)。
それの方が、ドキドキするからね(笑)。
旅はドキドキしなければ、意味がない。
それに、宿は、どこへ行っても見つかるもの。
旅行者がいるところには、自然とホテルができる。
だから、旅先には、ホテルが必ず存在する。
もし旅行者がいるのにホテルがなければ、誰かがホテルを建てて金儲けをするはず。
これが資本主義の論理だ。
ということは、旅行者がやってくる鉄道駅や、空港や、バスターミナルに行けば、ホテルは必ず見つかる。
リノのバスディポには、ホテル案内所はなかったが、ホテル案内板があった。
これは、ホテルに直通の電話があるってこと。
案内板にはいろんなホテルがあった。
僕は「サーカスサーカス」というカジノホテルの名前を知っていたので、直通電話をかけてみる。
ホテルが高いならば、せっかくリノまで来たのだから、軽く町を歩くだけは歩くつもり。
この意味は、リノのカジノを軽く見るって意味で、真夜中の通りを歩くことではありません。
そのあと、またグレイハウンドに乗って、バスの中で寝ればいい。
寝ているうちに、サンフランシスコかロサンゼルスまで移動してしまう。
電話をかけたら、サーカスサーカスには、今夜、部屋がある。
その値段を聞いたら、「18ドル(エイティーンダラーズ)」という。
心積もりとしては、30ドルから40ドルならば、話のネタに一泊くらいはしてもいい、と覚悟していた。
しかし、エイティーンと言えば、たったの18ドルだよ。
いままでアメリカ旅行で泊まってきた、ほとんどのホテルよりも安いことになる。
「サーカスサーカス」は、一応名の通った、僕でも名前を知っているカジノホテルだ。
ひょっとして、「18ドル」は僕の聞き間違いで、部屋代は「80ドル(エイティダラーズ)」なのではないか?
いままでも、電話でホテルの料金を聞いて、行ってみたら値段が違っていた(ごまかされた)という経験はあるのだし。
僕には、「バーゼルからジュネーブに着いて、駅から電話でホテルを予約したのに、ミエミエに料金をごまかされる」という旅行体験がある。
このとき、鉄道駅からホテルに電話したら、「38スイスフラン」と言われたが、行ってみたら「48フラン」だったという事件。
そこで、僕は電話で、「エイティーンダラーズ」と聞きなおして、さらに「ワン、エイト、ダラーズ」と再確認した。
18ドルならば、昨日泊まった、サクラメントの安ホテルよりもさらに安いわけだから、泊まることに決定。
実際は18ドルに税金がついて、「19.26ドル」だったけどね。
これは、手持ちのマスターカードで支払うことにした。
入った部屋は、キングサイズのダブルベッドが2つある、「self-contained room」でした。
「self-contained room」とは、バス、トイレ、キッチンなんかの設備が一通り備わった部屋、ということらしい。
特に、大きなベッドが2つあるのが、うれしかったよ。
海外旅行でホテルに泊まるときは、一般的に、日本の一流ホテルのスタンダードルームよりも部屋が広いのがいいね。
部屋には金庫も付いていたが、これは、「ギャンブルのために大金を持ってくる人のためかしら」、と思ったりする。
後で事情通に聞くと、「ホテルの部屋の金庫は、よく知らない異性と、ひと時の楽しい時間を過ごすときに貴重品を盗まれないようにするため」と教えられた。
なるほど、僕はそういうことをしたことがないので、よくわからなかったが。
それに、僕の財布をあさっても、お金はないしね(涙)。
ドアのところに、部屋の料金表が表示されていた。
これは、世界のあちこちで見たが、法律で決まっているところもあるようだ。
そこには、この部屋の料金が「100ドル」と書いてあった(驚)。
ただ、基本的な部屋代は100ドルだとしても、アメリカの、特にリノやラスベガスのようなギャンブル都市では、部屋の料金は大胆に変化する。
僕がロサンゼルスに長期滞在してたときに、「ロサンゼルスタイムズ日曜版」のトラベル欄をチェックしていた。
そのときにも、1990年ごろは、ラスベガスのホテル料金は、一部屋20ドル程度はよくあったものだ。
しかし、時期によっては、その20ドルの部屋が、100ドル、200ドル程度になる。
僕は、これがいかにもアメリカらしくて、好きだったね。
客が多いときはホテル代を上げて、客が少ない時期は、極端に料金を下げて客を呼ぶ。
それに比べると、日本という国は、本当にホテルの部屋代も、変化させない。
とにかく日本という国は、絶対的に、変化するのを嫌うところなんだよ。
なにしろ、狭い山間の土地を、肩寄せて耕して、天災にも不作にも耐えて、こつこつ同じことをやっていさえすれば、いつかは豊作が来るんだから。
だから、日本では、どんな理由があろうとも、変化を起こそうとする人間は、「悪」なんだ。
ホテルに客が来なければ、部屋の値段を下げても、客を呼んだほうがいい。
この単純な考え方が、日本では存在しなかった。
航空券もそうなんだけどね。
ホテルの値段についても、航空券の料金についても、そこにはおそらく、地方公務員や、中央官僚の指導があったのだろう。
あるホテルが極端に安い料金を出すと、他のホテルなんかから文句が出て、政治家や官僚がそれをさせないように「指導」した。
日本という国に、本当に資本主義もなかったし、自由もなかったということなんだよ。
日本には、お上の言うことをおとなしく聞くだけで、実際には、独創性も、何もないわけだ。
と、僕は、すでに見切っていた。
翌朝(12月22日)、もう一泊、「サーカスサーカス」に泊まることにした。
しかし、フロントが言うには、その翌日の23日になると、クリスマスのシーズンになり、ホテル代が急に高くなるとのこと。
これは、ちょうどよかった。
安いホテルならば、泊まる意味があるが、ホテル代が高くなるならば、泊まらない。
今夜だけ、もう一泊20ドル以下で泊まれるならば、それが僕の運命なのだろう。
実は、僕が吹雪の中をリノにたどり着いた日(1988/12/21)は、この日は歴史的な事件があった。
昨夜から、部屋のテレビは、どのチャンネルも、「PANAM 103」の報道で、いっぱいだった。
ヒースロー航空を飛び立って、ニューヨークへ向かったパンナム103便が、空中爆発した事件だ。
この空中爆発は、後に、リビアのテロリストが爆破したものだとわかった。
その関連のニュースが次々と流れてたんだ。
翌朝(12月22日)も、朝のニュースは、この爆破事件の続報。
しかし、特に進展もないわけで、テレビは通常の朝の番組に戻る。
アメリカの午前中のテレビ番組とは、クイズショーってこと。
この日は、「SALE OF THE CENTURY」というクイズ番組があった。
ただ、どんなクイズだったのか、僕の旅行ノートに記録してない。
続いて、「CLASSIC CONCENTRATION」というクイズ番組を見る。
これは、「神経衰弱」クイズだった(と、メモっている)。
というわけで、ホテルに延泊することを決めて、午前中は、部屋でテレビを見て過ごした。
しかし、リノの町をまだ見てない。
さて、リノに、カジノ以外で、何があるのか?
さっぱりわからないので、とにかく、リノの観光案内所へ行ってみましょう。
北米一周グレイハウンドの旅目次  
ニューヨーク秋物語 
北米 「ホテル加宝」物語 中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記