『リノを昼前に出て、サクラメント、サンフランシスコを経由して、ロサンゼルスに翌日午前中に到着(移動に24時間)』@ロサンゼルス/カリフォルニア/米国

【あの伝説のベストセラー「間違いだらけの海外個人旅行」文庫版
1988年12月23日、朝7時ごろに、リノのホテル「サーカスサーカスで、」スッキリと目が覚める。
21,22日と、ギャンブルの町リノのホテルに泊まって、ギャンブルは全くせずに、身体を十分に休めた。
ふっかふっかのキングサイズのベッドが2つある広い部屋に泊まっていた。
ホテルの外は雪景色なのだが、部屋はガンガン暖房が効いている。
だから、たまに外に出る以外は、部屋で裸で過ごして、ベッドで本を読んだり、テレビを見たりしていた。
それまで、グレイハウンドバスに乗り続けで、バスの中で寝てたりして、身体が疲れていたからね。
目を覚まして、テレビをつける。
ニュースでは、「吹雪でリノの空港が閉鎖された」と言っている。
僕はもちろん、(お金がないので)飛行機を使うことはないわけだが、関係は大いにある。
つまり、飛行機に乗れない人たちは、当然、バスに殺到するだろうってことね。
となれば、リノのホテルにだらだら長居する意味はない。
とにかく早くチェックアウトして、移動しなければ、
ホットシャワーを思う存分浴びて、きっちりと目を覚まし、荷物をまとめて、チェックアウトするのが午前9時。
ホテルのフロントで、「サーカスサーカスの年間料金表」があってので、それをもらう。
そこには、季節によって大きく変化するホテルの料金のリストがあった。
僕にとっては、二度とこのホテルに来ることはないだろうが、リノのホテル料金が大きく変化するという証拠が手に入った。
このときはまだ、僕が将来本を書くという予定もなかったので、その料金表は、JTBのガイドブック「自遊自在」の編集部に送ってあげた。
それやこれやで、僕のアメリカからのレポートは、「自遊自在」に掲載されたけどね。
「自遊自在」というガイドブックは、JTBが「地球の歩き方」に対抗して、出版したものだった。
僕は基本的には自由主義者で、正しい競争には賛成だ。
この時代は、旅行者の数も増えてきて、「地球の歩き方」に対しての不平不満が表面化したときだった。
僕は、「地球の歩き方」ではなく、「自遊自在」に情報を送ることで、ガイドブックの質が向上することを期待していた。
しかし、「自遊自在」はまもなく休刊となった。
「地球の歩き方」も、最初のころのバックパッカー向けの編集から、一般旅行客向けの平凡なガイドブックに変化した。
それは無理もないわけで、もともと日本には、海外旅行が人生の大切な一部分であるという、哲学がないんだよ。
ガイドブックを編集する人たちは、ただの編集プロダクション勤務で、海外旅行を知らないしね。
海外旅行が人生にとってとても大事だという使命感もなく、ただそのときそのときの金儲けのために、ガイドブックを作っているだけだ(涙)。
だからこそ、僕がベストセラー「間違いだらけの海外個人旅行」」を出版したときに、大反響を呼んだわけだ。
僕は海外旅行、海外体験を通して、日本人の考え方が変化することを期待していた。
ところが、何十年たっても、日本人は日本人のまま。
日本人に期待したことが、僕の失敗だったと思う。
しかしこの時代は、僕はまだ日本人が変化していく可能性があると考えていたので、勝手にJTBのお手伝いをしていたわけだ。
バックパックを背負って、「サーカスサーカス」を出て、通りを歩いていると、教会を見つける。
この意味は、「教会で祈れ」ということなので、もちろん中に入って、祈ります。
バスディポへ到着して、行き先を考えたが、とにかくサンフランシスコへ行こうと思った。
というのは、僕はもちろん、サンフランシスコに土地勘があるからね。
リノから東へ進んで、ソルトレークシティへのルートもある。
ただこれは、高原地帯を走って、ソルトレークシティまで、10時間ほどかかる。
山の中や、高原地帯を走っていて、そこでバスが、雪吹雪で動けなくなったら、凍死しちゃうよ。
サンフランシスコへは、グレイハウンドバスで6時間程度、3時間ほど走ればサクラメントもあるので、そこで降りてもいい。
しかし、僕が乗る次のバスは、午前11時出発だった。
到着予定は、午後6時ごろの予定。
リノからサクラメントは、それほどの吹雪はなく、スムーズに進んだ。
サクラメントのバスディポで、少し休息時間がある。
軽い食事を取って、トイレに行って、バスに戻ると、自分の乗ったバスがどれか、わからなくない。
バスが、バスディポの中で、勝手に移動していたわけだね。
このときは、正直、ものすごく焦った。
グレイハウンドの乗り放題パスがあるわけだから、僕個人は、バスに乗れなくてもちっともかまわない。
ところが、バスの中には、僕のバックパックが足元に置いてあったんだ。
バックパックをバスに預けて、クレームタグをもらっていれば、いつか手許に戻ってくるだろう(多分)。
でも僕は、北米一周グレイハウンドの旅をしている途中、乗り換え地点のジャクソンビルで、荷物が別のバスに詰まれたままだった経験がある。
それ以来、バックパックは、車内に持ち込んでいた。
だから、クレームタグもないわけなんだよ。
僕は何台もあるバスの中に入っていって、僕のバックパックを置いた場所を、次々と確認した。
やっと自分のバックパックを発見したときは、ホント、涙が出るほどうれしかった。
僕の旅行記で何度も書いているが、「長距離バスに乗るときは、バスの番号を控えておくこと」という教訓は、この体験から来ているわけだ。
というわけで、サクラメントのバスディポでは、一生忘れられない経験をした。
また、もう一つ変化があった。
リノからサクラメントへ一緒にやってきた乗客が、2つに分けられて、別々のバスに乗ることになった。
これは、サクラメントから乗客が増えたので、もう一台バスを出すという意味だ。
僕が乗ったバスは、シートの三分の一が埋まった程度で、走り出す。
しばらく乗ったところで、バスの運転手さんが運転しながら、「2台のバスに別れましたが、このバスは、サンフランシスコへ直行しま〜す」と宣言。
ところが、乗客の中には、サンフランシスコの手前で降りる人もいたようで、僕の後ろの席から大声で文句を言う人がいたよ。
しかしバスは、途中で止まって、その客を降ろすこともなく、また客も、それ以上はなにもなかった。
リノを午前11時に出たバスの、サンフランシスコ予定到着時刻は、午後6時だった。
バスの中でも迷っていたのが、前回泊まったサンフランシスコのYMCAで一泊するかどうか。
しかし、実際に到着したのは、午後8時ごろだった。
これからYMCAへ行って泊まっても、ただ寝るだけ。
だったら、一気にロサンゼルスまで行ってしまったほうがスッキリする。
というわけで、僕は次のロサンゼルス行き夜行バスに乗った。
翌朝午前中に、ロサンゼルスの市街地ど真ん中の、旧バスディポに到着。
残念ながら、このときのバスの出発時間、到着時間を控えてない。
ロサンゼルスからサンフランシスコへバス移動したときは、9時間ちょっとかかった。
しかしグレイハウンドは、途中の経由地によって、時間が変化するので、このときも9時間だったか、それはわからない。
でもロサンゼルスのダウンタウンに着いたのは、12月24日の午前中だった。
僕は、グレイハウンド近くにあって、前回チェックしていた「ホテルセシル」にチェックインする。
シングルルームで、税込み17.68ドル。
前回調べたときは、26.28ドルだったと控えてあるので、部屋のランクが違っていたのかもしれない。
というのが、僕がチェックインした部屋には窓がなく、ドアの鍵がかかりにくかったし。
それで、電話をかけて人を呼んで、ドアを修理させた。
さて部屋に荷物を置いて、僕は、とっとと町へ出る。
最初は、もちろんあそこに行こうと考えた。
しかし少し迷いがあったので、ロサンゼルスのダウンタウンを歩いて考えることにした。
それがどこか、わかるかなー(笑)?
僕の「北米旅行記」をちゃんと読んでれば、簡単なんだけどね。

北米一周グレイハウンドの旅目次  
ニューヨーク秋物語 
北米 「ホテル加宝」物語 中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記