『日本人コックさんと夕食を取り、ケベック観光をして、次はモントリオールへ』

大きな地図で見る
1988年11月10日、「ニューヨークからケベック」へ夜行バスを乗り継いで移動。
「HOTEL LA MAISON DEMERS」という宿に決めた(23カナダドル)。

銀行に行って米ドルをカナダドルに両替すると、150米ドルは173カナダドルに替わる。
この時期は米ドルが高かったので、1カナダドルは105円くらいになる。

僕が泊まった「HOTEL LA MAISON DEMERS」は、民宿みたいなもの。
でも、ケベックの旧市街のど真ん中にあって立地がいい。

シングルで2400円なのだから、まあいいと思うよ。
デポジットとして、50カナダドルを預けた。

まず、旧市街をきょろきょろしながら見物する。
Place d'Armes(ダルム広場)、Chateau Frontenac Hotel(シャトー・フロントナックホテル)、Musee de Cire(ワックスミュージアム)、 Notre-Dame-de-Quebec(ノートルダム大聖堂)と見て歩く。

歩いていると、日本人に出会った。
彼は、カナダの日本料理店のコックさんだそうだ。

せっかく日本人に会ったのだから、今日の夕食を一緒に取る約束をして別れる。
旅先で日本人と出会ったら、夕食を一緒にするのは常識。

まあ出来たら、可愛い女子大生さんやOLさんの方が、もっと楽しいけれど…。
でも、旅行者同士の話というものは、旅の経験の交換だけでも、結構盛り上がるもの。
日本では話すことがなくても、旅先では「あそこはこういう町ですよ」「僕はどこへ泊まりました」みたいな話でも興味深いんだ。
ところで僕は、ニューヨークからモントリオール、さらにケベックと合計11時間もバスに乗っていた。

ケベックを歩いているうちに疲れを感じて、とにかく身体を休めることにした。
部屋のベッドに横になって、本を読んで、寝たり起きたりしながら、午後3時から午後6時まで部屋で過ごす。

昼に約束したコックさんと再会して、ケーブルカーでロウワータウン(Lower Town)へ降りる。
ロウワータウンは、オールドシティの城壁の外にある、セントローレンス川沿いの町だ。

中華料理店に入って、焼き飯とホイコーロー、肉の包み焼きに、ワインのカラフェを3つ取った。
これで、チップを含めて、一人当たり30カナダドル(約3千円)。

これはちょっと食べ過ぎたかな。
ただ、ワインを飲んで、話は弾んだよ。

コックさんは、カナダ西部のブリティッシュコロンビア州、プリンスジョージの焼肉店で働いている。
彼の話では「日本人観光客はチップを払いすぎで、馬鹿にされている」とのこと。

実際にカナダのレストランで働いている人からの直接情報。
これは、貴重だったね。

その他、カナダでのワーホリ女性の話とか、互いの人生論とか、いろいろ盛り上がった。
旅先ではじめての人と出会って、互いの旅行経験、人生経験を交換する。

これこそ旅の究極の楽しみだ。
お酒も飲んだことだし、ホテルに戻って、今度こそぐっすりと寝ました。

翌朝、1988年11月11日。
午前8時半に、ホテルでコーヒーとクロワッサンのフランス風朝食を取る。

これは、一泊の23カナダドルに含まれている。
今日ケベックを出て、モントリオールへ向かう予定。

すぐに出発できるように、バックパックをまとめて、部屋に置いておく。
昨日ケベックの主なところは見ていたが、まだ見残しているところがある。

それがケベックの要塞、「シタデル(LA CITADELLE)」だ。
もちろんこれはフランス語で、英語ならばただ「THE CITADEL」となる。

英語の難しい単語は、だいたいがフランス語系。
なので、僕はほとんどのフランス語を見当つけて読むことが出来るよ。

要塞は、ガイド付きのツアーで見ることになっている(5ドル)。
行ったら、ツアーが出発締め切り寸前で、申し込み窓口が閉まっていた。

しかし、いろいろ話をして、なんとかガイドツアーにもぐりこむことが出来た。
ツアーは45分程度。

要塞内の博物館には、大東亜戦争のときの、マレーシアでの日本兵士の旗が飾ってあったよ。
この要塞は、実際にカナダ軍が駐屯しているので、大東亜戦争参加の記録として、置いてあるのだろう。
この日はものすごく寒くて、トレーナーにアーミージャケットで外に立つと、寒くて震えていた記憶がある。
要塞から見たセントローレンス川が、寒々として、印象深かった。

要塞を出て、Convent des Ursulinesへ行く。
「入場料が1ドルで、スライドを見せてくれた」とノートに書いてあるが、記憶が消えてる。

次に、Holy Trinity Anglican Cathedralで祈る。
ここの壁には、死者の名前を書いたプレートがたくさんあった。
教会の中に自分の名前のプレートを置くためには、ずいぶんな金がかかるだろう。
結局、世の中も、死んでも金がかかるってことね。
世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)は、世界中の記憶をたどる。
すると、アイルランドのダブリンで同じようなプレートがあったのを思い出したよ。

ホテルに戻って、バックパックを部屋から出して、チェックアウトする。
デポジットの50ドルから、1泊代を引いた27カナダドルを戻してもらった。

そうして、バックパックを背負って、ケベックのバスターミナルへ歩く。
バスターミナルでは、ちょうど正午発のモントリオール行きバスが出るところで、うまく乗り込めました。

世界旅行者のカナダ東部の旅。
モントリオール経由でケベックに来たが、次は、また戻って、モントリオールです。
xxx
 北米一周グレイハウンドの旅目次  
ニューヨーク秋物語 
北米 「ホテル加宝」物語 中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記