『静かな日曜日の午後に、世界旅行者はオタワの町を1人歩き、国会議事堂、国立美術館を見る』@オタワ/カナダ
1988年11月13日(日曜日)。
モントリオールのYMCAで、スッキリ目覚めたのが午前8時。

旅のコツは早起きだから、目覚めたのが午前8時は遅すぎる。
ただ、今日は、オタワ(OTTAWA)へ移動するだけだ。

バスディポで調べてあるが、モントリオールからオタワまでバスでたったの2時間だ。
こんなに近くては、オタワに早く着きすぎても困るわけでね。

YMCAのカフェテリアで、ゆっくりと朝食を取る(2.25カナダドル)。
バスディポへ行き、モントリオールを午前10時発でオタワ到着が午後12時20分のバスに乗る。

このときも、僕はグレイハウンドのアメリパスを持っているので、バスに乗るときに運転手に見せる。
運転手はクーポンをちぎるだけ。

とにかく乗り放題というのは、気楽なものだ。
精神がどこまでも広がる感覚が持てるからね。
この感覚を知っているのと知らないとでは、旅についての印象が違う。
例えば、ヨーロッパをユーレイルパスで鉄道旅行をしたことがない人たちは、とても考え方が、せこい(涙)。
ユーレイルパスで旅をしたら、ヨーロッパ中どこへ行ってもいいんだ、自由なんだという感覚を持つことができる。
この感覚を感じさえすれば、本物の旅行者になれる。
でも、一つ一つの区間を、日時が決まった「早割り」の切符で旅をしたら、常に時間に追いかけられている。
これでは、最初から人間が小さくなるだけで、旅の自由さは味わえない。
ヨーロッパから海外旅行を始めて、最初に予約をして安くすることを習慣にしたら、一生の海外旅行人生が、予約だらけの貧相なものになる。
だから、最初にヨーロッパに旅するなら、最低一か月くらいは余裕をもって、ユーレイルパスで旅をすること。
すると、人間が大きくなって、魅力も出てくる。
旅の話をするときに、「早めの予約」しか言えないのでは、人生そのものも、小さくなってしまうから注意のこと。

さて、僕の乗ったバスは、午前10時にモントリオールを出て、スンナリと、10分程度早く(お昼の12時10分に)オタワに到着した。
新しい町に到着したら、その町の情報を集めるのが基本。

オタワのバスディポには、オタワの市内地図とガイドブックが置いてあったので、それをゲットする。
だいたいきちんとした町では、市内地図と、その町のガイドブック(普通は毎月発行される、現地のレストラン情報などがある冊子)は、無料で入手できるものなんだよ。

例えば、エストニアのタリンでは、「Tallin This Week」という観光客向けの英語パンフレットがあったしね。
オタワでも、泊まるところはYMCAに決めていた。
オタワのYMCAはアーガイル通り(Argyle Ave.)にあったが、YMCAを見つけられずに、通りの端まで歩いてしまった。

でも、まだ正午を過ぎたばかりなので、焦る必要はない。
バックパックの重さが気になるが、とにかく新しい町を歩くことはそれだけで十分刺激的だからね。

YMCAを見つけて、すぐにチェックイン。
僕の部屋は416号のシングルルーム。

このとき(1988年)の料金は27.30カナダドル、プラスキーデポジットが3ドルだった。
バックパックを部屋に置くと、すぐ外へ飛び出す。

オタワはカナダの首都なので、国会議事堂がある。
上院と下院の建物はイギリス風で、向かい合わせに建っていた。

その「Parliament Hill Tour」に申し込む。
Centre Block and Library of Parliamentを見る。

午後3時からのツアーに参加する。
そこには、変に気取った日本女性2人と、現地駐在員らしい家族が一組いたよ。

The Peace Tower, The Memorial Chapelも見たと、ノートに書いてある。
が、全く記憶にない。

次に、「National Gallery of Canada(カナダ国立美術館)」へ歩いて行く。
美術館に入ったのが午後4時になっていた。

僕は正規の国際学生証(ISIC)を持っていたので、3ドルの学割料金で入ろうとした。
しかし、入り口の上品な女性は僕を見て、1ドルで入館させてくれる。

これは北米の美術館、博物館ではよくあること。
まずこういう施設はボランティアスタッフと寄付金で運営されている。

だから、閉館時間も近いのだからと、規則にはなくても、特別に安くしてくれたわけだ。
ロサンゼルスの自然史博物館でも、ホテル加宝の宿泊者の若者を連れて行ったときに、ぼくたち全体の金のなさそうな雰囲気を見て、半額で入れてくれたことがある。
また、ロサンゼルス近くの「ジョシュアツリーナショナルパーク」へ行ったとき、そのあとに訪れた塩湖の「SALTON SEA」でも、規則では5ドルの入場料がかかった。
でも僕は、ただ、塩湖が本当にしょっぱいかどうか見たいだけだからと言って、無料で入れてもらったこともある。
こういう余裕(常識)のあるところが、アメリカやカナダのステキなところなんだよね。
ま、今もそういう鷹揚さがあるかどうか、わからないけれども。

ただ、日本の都市には美術館が似合わない。
美術館を市民が自分のものとして愛してないのがわかる。

つまり、日本には地域の民主主義がないんだよ。
日本では、地域住民が町をよりよくしていこうという意思がないんだよね。

美術館の中は、すでに僕が世界各地で見てきた印象派、後期印象派の作品が多かった。
モネ、セザンヌ、ミレー、ルノワール、ゴッホなど、見ればすぐに当てられる。

この美術館の建物のデザインも面白かった。
美術館の中庭が「Garden Court」としてきれいに整備されていた。

とてもよかったのが、この日は日曜日で、町全体がとても静かだったこと。
美術館もほとんど人がいなかった。

行きも帰りも、Bank Streetを歩いたが、とにかく人通りが少なかった。
夕食はバスターミナルのレストランで取った。

ワインを開けて、あれこれ食べたら16ドルになってしまった。
この時期の1カナダドルは105円だから、結構な散財になった。

でもまあ、シングルルームが30ドルだったから、我慢できたのかな。
僕が北米一周旅行をしたころは、シングルで20〜30ドルで泊まってたからね。

メモに「ここのNotre DameはNational Galleryの前」と書いてある。
いまガイドブックの地図を見てみると、結構歩いたようだ。

あと、Time,Newsweek($2.25)のことが書いてあるので、ニューズウィークを買って帰ったのだろう。
オタワは日曜日で、とても静かだった。

全体的に品のいい、僕が気に入った都市だった。
でも、明日は、僕はトロントへ向かいます。
xxx
xxx
 北米一周グレイハウンドの旅目次  
ニューヨーク秋物語 
北米 「ホテル加宝」物語 中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記