オニズカストリート@リトル東京/ロサンジェルス

世界旅行者@オニズカストリート/リトル東京/ロサンジェルス
リトル東京のお土産屋集結地域、お買い物ゾーン、それがオニズカストリートだ。
この通りは二番街とサンペドロストリートの角から、斜めに一番街のほうへ突っ切っている。
この通りはニューオータニホテルとほとんど一体化していて、通年歩行者天国になっている。
お土産屋レストランの集まっているウェラーコートが西側にあって、東側にもお土産屋が集まっている。
単純明快に、観光客向けの通りなので、非常に安全だ。
ツアーでリトル東京へ来る時は、だいたいはこの地域のお土産屋めぐりになる。
ところでなぜ、この通りがオニズカストリートなのかというと、写真を見ればわかる。
なぜかこの通りのど真ん中にスペースシャトルが突っ立っている。

このスペースシャトルの模型は、チャレンジャー号。
1986年1月28日のチャレンジャー号の事故で犠牲となった、ハワイ生まれの日系二世、エリソン・ショージ・オニズカ空軍大佐を顕彰して建てられたものです。

だいたい日本人の観光客は、このチャレンジャー号の模型(10分の1)の前で写真を取るようだ。
ここで写真を取ると、背景にヌポーッとした建物が見える。
なんとなく日本の国会議事堂を縦に引き伸ばしたような変な印象を受けるが、これがロサンジェルス市庁舎です。

また、写真の右側のお土産屋の前に椅子が出ていて、そこに巨大なミッキーマウスのぬいぐるみが座っているのも、印象的ですね。

毎年正月には、ウェラーコートで太鼓ショーとか、琴の演奏とか、空手の演技とか、いろいろ行われます。
そのとき、オニズカストリートでは餅つきをやります。

昔は、付いたお持ちは無料で配っていましたが、最近はお金を取るところが、日本経済の沈滞を示していますね(というのは、こういう行事は日本企業の寄付によって成り立っているので)。

【写真】オニズカストリートに立つ世界旅行者
【旅行哲学】オニズカストリートは日系人宇宙飛行士の想い出通り。
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20050404