オルベラ街でお買い物@ロサンジェルス

【オルベラ街の入り口の十字架に立つ世界旅行者】
ロサンジェルスについては、世界旅行者はほとんどすべてのことを知っている。
ただ、ロサンジェルスも米国も変化が非常に激しい。
デパートもあっという間に持ち主が替わって、つまり建物はそのままなのに名前が変化してしまうというのは普通だ。
その変化の激しさが、ロサンジェルスだといえるだろうね。
行く度に、ダウンタウンを走るダッシュのルートも変化し増えるし、地下鉄の路線もどんどん増えている。
しかし、物価が上がってるのは困るよなー(涙)。
でもま、それはおいおい書いていくことにしておいて…。
今回はロサンジェルスのメキシコ名産の通り、オルベラ街のお話だ。
オルベラ街の入り口には、ロサンジェルスが建設されたという印の十字架が立っている。
その奥がずらりと、メキシコ民芸品店、メキシカンレストランがならぶ狭い通り。

【オルベラ街/右の建物は昔のメキシコ領事館】
昔は、この入り口の横がメキシコ領事館で、メキシコへ陸路で下る旅行者はツーリストカードをもらいに行ったものだ。
領事館は今は別のところへ移動して、その建物は現在はアートギャラリーか何かになってるんじゃないかな。
ちなみにメキシコへ入るのに自分でツーリストカードを用意する必要は無いです。
このオルベラ街の入り口に向かって右側に、アムトラックのユニオンステーションがある。
僕は中南米一週の旅行に出るときも、中南米一週から帰ったときも、ロサンジェルスとサンディエゴの間は鉄道を使ったものだ。
ここからロサンジェルスの日本人街、リトルトーキョーへは南へ歩いてすぐだ。
オルベラ街で思い出すのは、入り口の右側の革製品を売ってる店で、メキシコの小銭入れを買ってたことかな。
これはなかなか便利な小銭入れで、以前はひとつ3ドル50セントくらいだった。
それをお土産でまとめて買って、ディスカウントの交渉をするのが最初のころの定番だったね。
今でもツアーだとここにくるのかな。
【写真】オルベラ街の入り口の十字架に立つ世界旅行者
【旅行哲学】定番の観光地を普通に見るのも、大切なウンチクのひとつです
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20040905