『ニューヨーク長期滞在を切り上げて、グレイハウンドバスで、モントリオール経由でケベックへ』@ニューヨーク/米国

【ニューヨークで作った、お土産のIDカード(1988)】
1988年11月9日。
ロンドンからニューヨークに飛んできて以来、ずーっと泊まっていた「スローンハウスYMCA」の部屋で、荷造りをする。

これは「YMCA SLOANE HOUSE 356 WEST 34TH ST.」といって、9TH AVENUE近くにあった。
ロンドンから飛んできて、JFKから電話をかけて予約をして、地下鉄を乗り継いで、深夜チェックインしたホテルだ。

なぜか学割を効かせて1泊27ドル。
それにテレビが付くと1ドル25セント増しの、28ドル25セント。

ニューヨークの冬には最適で、暖房がガンガン暑いくらいに効いている。
トイレとシャワーは共同だったが、シャワーのお湯は、ドバーッと出るので、最高に気持ちよかったよ(笑)。

ま、そのスローンハウスでのニューヨーク滞在生活は、「ニューヨーク秋物語」で、別に細かく語ることにしましょう。
この日は、スローンハウスをチェックアウトするお話ね。

朝から僕お気に入りの熱いシャワーを浴びて、頭をスッキリさせる。
それから、ニューヨーク滞在中に溜まったものを、パッキングする。

ニューヨークの中央郵便局へ行って、それをSEAMAIL(船便)で送る(10ドル60セント)。
昼前に34丁目のYMCAをチェックアウトした。

そのまま42丁目のポートオーソリティバスターミナルへ歩く。
ロンドンで買ったグレイハウンドバス乗り放題のアメリパスをバリデートしてもらう(使い始めのチェックをしてもらう)。

今夜9時45分発のモントリオール行きバスに乗る予定だ。
その時間まで、バックパックはただ荷物になるだけ。

モントリオール行きのバスにチェックインして、バックパックを預けてしまう。
身軽になったが、バスターミナルにいても仕方がない。

49丁目まで歩いて、デリで巻き寿司とビールで昼飯にする。
50丁目のデリで、フォスターズ(ビール)の缶を2個買って、ブラウンバッグに入れてもらう。

そして、セントラルパークへ。
セントラルパークのどっしりした椅子に座って、ニューヨークのことを回想する。

セントラルパークへ来たころから、日差しが強くなって、いい感じになる。
ふらふらと散策していると、72丁目付近の噴水のところで、画家と白いドレスを着た女とコリーがいた。
たぶんコマーシャル写真の撮影をしていた。
僕以外誰も見ていなかったが、それがとても印象的でした。

まだ時間があったので、メトロポリタン美術館へ行って、さらに時間をつぶす。
バスターミナルへ戻ると、イヤに人が多い。

モントリオール行きのバスは午後9時45分発だが、心配になって9時から並んだ。
ま、他にすることもないしね。

夜行バスというのも、午後10時発というのは、旅行者にとっては使いにくい。
もちろんビジネスマンにとっては、仕事を終えて、バスに乗れるわけだから、ちょうどいいのだろうが…。

バスに乗り込むときに、アメリパスをバリデートしてないと言われて、軽くトラブルがあった。
でも、荷物も預けてあるわけで、乗り込むのに問題はおきなかった。

ニューヨーク(NEW YORK)から乗った時は、バスの座席も、程よくすいていた。
2時間ほどたってアルバニー(ALBANY)へ着くと、ここから結構乗ってきたね。
バスは順調に走って、アメリカとカナダの国境へ。
この時のカナダの入国審査が、特に東洋人に対しては厳しかった印象がある。

それでも無事国境を通過して、モントリオール(MONTREAL)到着が、午前5時45分。
ところで、ある町に午前6時前に着いても、何もすることがないよね。
街はまだ、本格的に動き出してない。
ホテルを捜すにしても、早すぎる。

ロンドンでアメリパスを買ったときにもらった「グレイハウンド北米時刻表」を見る。
モントリオールからは、午前6時にケベック行きのバスが出る。

つまり旅行の神が、「ケベックへ行け!」とお告げを下しているわけだ。
だったら、ケベックまで行きましょう!

アメリパスがあるので、とても簡単。
バスの入り口でパスを見せて、やってきたバスにそのまま乗り込む。

午前6時モントリオール発のバスはガラガラだ。
ボーッとしているうちに、午前9時5分、ケベックのバスターミナルへ到着。

午前9時ならば、町も動き出すころ。
バスの中で、今日はケベックに泊まることに決めていたので、歩いて旧市街へ。

これは正直、宿が開くのを待って、時間潰しをしていたってことです。
旧市街に入ったばかりのところに観光案内所を見つける。

時間つぶしも兼ねて入ってみる。
だいたい観光案内所には無料の市内地図があるし、時には宿の予約を取ってくれたりするもの。
ただケベックの観光案内所は、地図はくれたが、宿の予約はしてくれなかった。
もちろん、宿のリストはくれたけどね。

さて、僕はバックパックを背負っている。
そして安宿のリストも、地図も持っている。

でもバックパックが重い。
だって、バスターミナルから旧市街の入り口まで、ずーっと背負って歩いてきたのだから。

僕は「バックパックを預かってくれませんか?宿を決めて戻りますから」と言う。
観光案内所には、感じのいいカナダ人の若い男女がいた。

彼は、「ここでは、規則で、荷物を預かれないんです」と言う。
僕はそこを、「バックパックには鍵もかかってるし、僕はただここにおいて置くから、見ててくれるだけでいいよ」と説得した。

結局、「責任は持たない」ということで、黙認ということで、バックパックを置かせてくれた。
わざわざ規則を曲げてくれたわけだね。

その理由はというと、僕はケベックの観光案内所では、全部フランス語で話していたんだよ。
観光案内所の若者も、「日本人でフランス語がしゃべれる人なんて、はじめてですよ♪」と、喜んでたしね。
「どこでそんなにフランス語を学んだんですか?」と聞かれる。
もちろん、「勉強はしなかったが、僕は頭がいいから」と答える。
そして笑う。
これはもちろん、お世辞で言ってくれているわけだ。
僕はあちこちで、英語も、フランス語も、スペイン語もほめられ慣れている。
その切り返しは、「普通の日本人はしゃべれませんが、僕は頭がいいですから(笑)♪」というものなんだね。
まあ、確かに、こういう返事をする日本人は僕以外にはまずいないだろう。
こんな返事が出来る感性、それが外国語が出来る基本なんだよ。
歩いていって、3軒ほど回り、部屋を見せてもらって、「HOTEL LA MAISON DEMERS」という宿に決めた(23カナダドル)。
とっとと観光案内所へ戻り、お礼を言って、バックパックを引き取る。

これが僕の、カナダ東海岸旅行(1988)の始まりの「ニューヨークからケベック」でした。

ニューヨーク物語

北米一周グレイハウンドの旅 「ホテル加宝物語」

パリ滞在とロンドン、アイルランド(1988/10/03-1988/10/22)

europe world INDEX 北アメリカ LIST
xxx