『片道3時間程度ならば、宿を移動せずに、日帰り旅行も十分考慮に値する(1988/11/18)』@ニューヨーク〜フィラデルフィア往復/米国


【エンパイアステートビルにて@ニューヨーク(2000)】

1988年11月18日、ニューヨーク34丁目にあった「スローンハウスYMCA」のシングルルームで目を覚ます。
今日は、そんなに忙しくないので、部屋のテレビをつけて、ぼんやり見ている。
今日の予定をベッドで考えてみる。
昨日、ボストンからニューヨークへ戻ってきた。
アメリカ北東部(ニューイングランド)を旅するとしたら、ボストンは欠かせないよね。
実は、以前ニューヨークに滞在していたとき、ボストンへの往復を考えないわけではなかった。
鉄道の料金なども調べたが、片道39ドルという料金を聞いて諦めた。
往復だと80ドル近くなるわけで、この時代は1ドルが130円と考えて、約1万円。
日帰り旅行に1万円は使えないので、ニューヨークからボストンへの日帰りは、しなかった。
そこで、グレイハウンドの乗り放題切符「アメリパス」を使い始めた後で、ボストンへ行ったわけだ。
グレイハウンドの乗り放題切符の有効期間中に、昨日ニューヨークへ戻ってきた。
しかし、ニューヨークでのんびりしているつもりはない。
だって、もう、パスを使い始めたのだから、今日どこへも行かなければ、大損だ。
とすれば、次はやはり、フィラデルフィアでしょう。
フィラデルフィアは、アメリカ独立が宣言された町。
アメリカに来て、フィラデルフィアで、リバティーベル(LIBERTY BELL)を見なければ、大きな見残しをつくることになる。

ニコラスケイジ主演の「ナショナルトレジャー」でも、フィラデルフィアの場面が多かったね。
しかも、フィラデルフィアはニューヨークから、グレイハウンドバスで、たったの2時間半だ。
さてここで考えるのは、ニューヨークからフィラデルフィアへ行った後、どうするかってことね。
一つの考え方は、フィラデルフィアで泊まる。
次の考え方は、ニューヨークへ戻ってくる。
もう一つは、さらに次の町へ移動して、そこで泊まる。
僕はこれから、米国の東海岸を南下して、マイアミまで行くつもり。
その途中で立ち寄る町としては、フィラデルフィア、ワシントンはゼッタイに欠かせない。
また、この時代、アトランタとメンフィスもなかなか人気があった。
アトランタは、いまは、CNNの本拠地として有名だが、1990年前後はまだ、「風とともに去りぬ」の舞台として知られていた程度。
メンフィスはもちろん、昔もいまも、「エルビスプレスリーの町」だよね。
ただ、僕にはとにかく、グレイハウンドのバス乗り放題パスがあるので、どのようにでもルートは取れる。
アトランタやメンフィスに行くかどうかは、ワシントンの後で考えればいい。
僕が思ったのは、フィラデルフィアからまたニューヨークへ戻るのか、それとも、ワシントンまで行くのか、これだけだった。
ワシントンへ進むとすれば、フィラデルフィアの観光が終わった後なので、到着は夕方から夜になる。
しかも僕はホテルを予約せず、現地で決めるのが主義(世界旅行主義)だ。
夕方から、新しい町に着いて、それから宿を探すのは、これは結構大変。
しかも、ワシントンという町は、治安に問題があるところだったしね。
だとしたら、僕はフィラデルフィアからニューヨークへ戻ってきて、住み慣れた「スローンハウスYMCA」の部屋に戻ったほうがいい。
ニューヨークからワシントンは、バスで4時間半程度だから、次の日に朝から移動すれば、お昼にはワシントンに到着できる。
そうすれば、ワシントンのホテルも、ゆっくりと見つけられるはず。
という理屈とは別にだね、僕は正直、ニューヨークを離れたくなかったんだよ。
一度ニューヨークを出てしまえば、おそらく、まず、戻ってくることはない。
戻ってきたとしても、今のように、だらだらとオキラクな滞在はできないだろう。
実際僕は2000年に、ニューヨークに戻ってきた。
その理由は、僕のファンの知的美女に、「ニューヨークに来る?」と、呼ばれたからなんだけどね。
しかし、この話は、僕は指原莉乃のボーイフレンドではないので、これ以上は話しません(キッパリ!)。
この時は、ニューヨークも、泊まっているYMCAも大好きだったから、離れたくなかったんだ。
今日はただ、フィラデルフィアへ行って、またニューヨークへ戻ってくればいい。
すると、とても気楽だよ。
あまりにオキラクに考えてだらだらしていたので、結局バスに乗ったのが午前11時だ。
フィラデルフィア到着が午後1時20分で、行きのバスでは、所要時間は2時間20分だった。
フィラデルフィアのバスターミナルは、10th St.とJFK Blvd.の角にある。
いま確認のために「地球の歩き方・アメリカ」のフィラデルフィアの項目をチェックすると、今もまだ同じところにあるようだ。

フィラデルフィアの観光案内所はかなり大きな建物で、立派なものだった。
スタッフも多くて、パンフレットの種類も多い。
この時期は僕はほとんど英語だけで生活していたので、非常にきれいな、知的な英語を使って、丁寧に観光案内所のスタッフに質問をした。
すると、案外とそっけなくて、僕の探しているパンフレットの場所を教えてくれただけだった。
つまり、英語がぺらぺらに話せれば、親切にしてくれないってことね。
僕はそれを、ソルトレークシティのモルモン教本部でも確認した。
だから、そのあと行ったギャンブルの町リノの観光案内所に行ったときは、わざとたどたどしい英語を使ってみた。
すると、スタッフの女の子がメチャ優しくしてくれた。
「あれっ、この女の子は僕に気があるのかな?」と思ったくらいだった。
実は今でも、あのときの女の子は僕が好きだったんじゃないかなーと、時々頭に浮かぶんだけどね。
観光案内所でもらうものは、町の地図と観光のパンフレットと決まっていて、それはきっちりと入手した。
シティホール、インディペンデンスホール、オールドシティヒル、そしてリバティベル(自由の鐘)と、とっとと見て回る。
シティホールの案内人の美女が「RANGER」だったのにびっくりして、ちょっとドキドキしたのを覚えている。
これは、すべて近くにあったので、歩いてみることができた。
だから、どうやら僕は、「フィラデルフィア美術館(PHILADELPHIA MUSEUM OF ART)」には行かなかったようだ。
この美術館の入り口階段が、ロッキーがトレーニングのあとで手を上げるところ、で有名らしいんだけどね。
というわけで、フィラデルフィアで自由の鐘を見たら、それで僕にとっては十分。
午後1時20分に着いて、町の中心の観光名所をとっとと見て、午後4時のグレイハウンドに乗る(フィラデルフィアの滞在時間2時間40分)。
バスがニューヨークのポートオーソリティバスターミナルに到着したのは、3時間後の午後7時になってしまった。
行きに比べて40分も多くかかったのは、ニューヨークの夕方の渋滞に引っかかったから。
町を歩いて、YMCAに変える途中、デリを見つける。
そこで、赤ワインの「ポールマッソンノバーガンディー(Paul Masson Burgundy)」を発見。
つい懐かしくて、買ってしまった。
麻布に住んでいたころ、広尾の明治屋にこのワインが入荷して、ケース買いをしていたことがある。
別に高価なワインではないんだけれど、ものすごく好きになったんだ。
バーガンディの渋みが、ステーキによく合ったんだ。
その時代は、夏になると、麻布プリンスホテルのプールで、毎日泳いでた。
まあ、いまは貧乏な僕にも、そういう洒落た時代があったってことね…(涙)。
今日は無事に、ニューヨークからフィラデルフィアへ往復した。
明日はワシントンへ行くが、もうニューヨークへは戻ってこない。
そのまま、南へ下っていく。
だから今夜が、僕のニューヨーク滞在の最後の夜なんだね。
□ ある町に泊まって、日帰り観光も気楽なもの / 英語がぺらぺらだと人は親切にしてくれない
北米一周グレイハウンドの旅目次  
ニューヨーク秋物語 
北米 「ホテル加宝」物語 中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記