ナイアガラバスディポ@ナイアガラフォールズ/カナダ

【ナイアガラバスディポ2004】
トロントのユースホステル(Hosteling International Toronto)の朝、フロントに下りて、ナイアガラへの一番安い行き方を聞く。
すると、往復バスで観光つきのバスツアーを勧められる。

パンフレットが2種類置いてあって、どちらも「Niagara Falls Day Trip」という名前だ。
片方が38ドル、もう一方が40ドル。



これはさすがにユースホステルらしく、普通のツアー(80ドル以上)よりもずっと安いらしい。
内容的にはどちらも、滝への往復の他に、ワイナリーでのワインの試飲♪もあり、ナイアガラオンザレイクという町も回るようだよ。

しかし、世界旅行者はもちろん自分ひとりで行くことにする。
朝の出勤時間の人並みをかき分けて、トロントの通りをズンズンズンと歩いて、バスディポへと足を進める。

バスディポのカウンターで聞くと、ナイアガラフォールズへは、グレイハウンドとコーチカナダ/トレントウェイという2つのバス会社が運行しているらしい。
それが互いに二時間おき程度にバスを走らせていて、2つの会社を併せれば1時間おきに1本という間隔だ。

僕は一番早いバスのトレントウェイのバスの1日往復切符(one day return ticket)を買う。
これが、34.61ドル。
この時期、1カナダドル=86円程度なので、3千円くらいね。

トロント午前9時半発、ナイアガラフォールズ到着が11時20分(1時間50分)。
ナイアガラフォールズを午後3時に出て、トロント着が4時50分(1時間50分)。
帰りのバスの時刻はもちろん変更できます。

トロントからナイアガラフォールズへは特に見るものもない退屈な風景が続く。
特に冬だからか、曇り空で寒々しく、気分が乗らないが、世界旅行者は常に本を持っているので、読みながら移動する。
昔、北米をグレイハウンドで一周したころの記憶がよみがえるね。

予定よりちょっと遅れてナイアガラフォールズのバスディポへ到着。
バスディポはVIA鉄道駅の向かいの平屋建ての建物だ。
川の方向へ歩くと、途中にナイアガラユースホステルを見つけたが、さすがにオフシーズン、人影は見えなかった。
川沿いにナイアガラフォールズへRIVER ROADを歩いた。

この日は12月の始めだが、特に寒くもなくて、ちょうどいい感じだったね。
早足で歩くとちょっと汗ばむ感じだった。

川沿いの道には夏の観光客目当てのゲストハウスだらけ。
冬はやってないゲストハウスも多いみたいだったけど。

世界旅行者は、レインボーブリッジを渡って、米国に入国して、アメリカ滝を見て、アメリカから絵葉書を送ったりして、またカナダへ戻ってきました。
夏の日の長い時期ならば、もっと早くトロントを出れば、1日ゆっくりと使えると思いますから、自分で行くのがオススメかな。
カナダの鉄道VIA http://www.viarail.ca/ (その日本語ページ)http://wcs.ne.jp/via/
コーチカナダ http://www.coachcanada.com/
グレイハウンドカナダ http://www.greyhound.ca/en/
ナイアガラ観光局日本語ページ http://www.niagarajapan.com/
参考:世界旅行者がレインボーブリッジを渡って米国陸路入国した話

【写真】ナイアガラバスディポ(Transit Terminal City of Niagara Falls)
【旅行哲学】1人でバスに乗って観光地へ向かう。ツアーよりもずっと気楽でいいね。