『ナイアガラを観光して、ナイアガラからバッファローへ国境を越える(1988/11/15)』

【ナイアガラ滝(2004)】
1988年11月15日。
ナイアガラのバスディポの近くにある「EDGE CLIFF MOTEL」の大きな、ふかふかのダブルベッドで心地よく目覚める。

昨日は、夜にナイアガラへ到着して、このモーテルにチェックインした。
そのあと歩いて、イルミネーションのあるナイアガラ滝を見に行った。

今日は、昼のナイアガラ滝を見て、アメリカ合衆国へ入国する予定。
まず、バスディポへ行って、バスの時間を調べる。

【ナイアガラのバスディポ(2004)】
僕はナイアガラからバスに乗って、米国のボストンへ行くつもりだ。
手許にある「全米グレイハウンド時刻表」を見る。
まず、ナイアガラから、バファローへ行く。
そこからボストン行きの夜行バスに乗るには、ナイアガラ発午後7時半のバスに乗れば大丈夫のようだ。

昨日書いた絵葉書を2枚日本へ送る。
バスディポの前の市バス乗り場で待っていたら、ウェールズ人の中年男性がやってきた。

バスが来ないので、彼と話をしながら、一緒にナイアガラ滝の前まで歩いた。
このウェールズ人は、結構話が面白かったね。
話の内容は、彼が主に、ラグビーのこと。
僕が旅の中でいろいろ時になっていた、英語の質問をしたんだった。

それは、「チェックアウトは何時ですか?と、英語でなんというのか?」ってことだったけどね。
ちょっと英語表現を厳密に確認したかったんだ。

ナイアガラ滝に着いたら、ウェールズ人と別れた。
僕はまず、「TABLE ROCK SCENIC TUNNELS」へ。

これは、エレベーターで地下におりる。
そして、岩に掘ったトンネルを通って、滝の裏側へ入って、裏から滝を見るわけだ。

滝の裏に入れば、ずぶ濡れになるので、黄色いレインコートを着ます。
これは、至近距離でど迫力ものですよ。

これが、3ドル75セント(約4百円)、ただ1988年の値段ですが(笑)。
滝を見るところは3か所あって、一番左からレインボーブリッジを見ると、虹がかかって見えた。

このときは、日本のバブルの絶頂期で、日本人観光客が多くて、カップルもたくさんいたよ。
離婚して世界一周旅行に出た僕にとっては、縁のない話だけどね(涙)。

ナイアガラを観光しながら、考え続けていた。
それは、ナイアガラバスディポのことだ。

カナダ側にはバスディポがあるが、もちろんアメリカ側にもバスディポがあるはずだ。
米国側のナイアガラから、ボストンへのバスが出るバッファローへは1時間おきにバスが出ているらしい。

とすれば、カナダと米国を結ぶレインボーブリッジを渡って、米国へ入ったあとでバスに乗った方がいいのではないかってこと。
ただ、僕のこのときの情報では、歩いてレインボーブリッジを渡る時のチェックがどうなっているのかわからない。

また、米国側のバスディポの位置がわからないってこと。
人に聞いてみたら、レインボーブリッジを渡って、3ブロック先にあるとか。

もちろん、米国に入って、そこで聞けば、すぐにはっきりした場所はわかるだろう。
レインボーブリッジのカナダ側に立って、迷っていると、水商売ぽい大阪女が2人渡ってきた。

ところで読者の中には、「なぜ大阪女だとわかるのか」と疑問に思う人がいるだろう。
これは、女2人の会話が大阪弁で、服装が「大阪してた」からなのね。

歩いてレインボーブリッジを渡ることは、このとき諦めた。
というのは、僕のバックパックはモーテルに預けていたからね。

確かに、米国側のバスディポからバスに乗った方が、バス料金は安いだろう。
でもよく考えて見たら、僕はバス乗り放題の「アメリパス」を持っているわけだ。

アメリカからでも、カナダからでも、料金は一緒。
わざわざバックパックを取りに戻って、歩いてレインボーブリッジを渡って、アメリカ側まで行く意味がないからね。

そう決意した、世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)は、バーガーキングへ行った。
スクラッチゲームをしたら、ペプシを当ててしまった(当選確率1/8)。
なかなか調子がいいじゃないか!
ナイアガラを滝の裏から見たあとは、当然、上から見下ろさなければならない。
というわけで、「SKYLON TOWER」へ。
入場料は4.5ドルしたっけね。

次に「クリフトンヒル」というナイアガラの繁華街へ。
この「MOVIE LAND」というワックスミュージアムの下に、そのころ有名だった大橋巨泉の「巨泉のOKギフトショップ」があったよ(笑)。

まあ、これでナイアガラは十分。
バスでナイアガラフォールズのバスディポへ戻り、モーテルに預けたバックパックを受け取る。

午後3時25分発の「FUN TREK THE CANADA COACH LINES」というバスに乗る。
これもグレイハウンドと提携しているので、アメリパスがあれば無料で乗れる。
ねー、乗り放題のパスって、うれしいよねー(涙)!
このバスが、アメリカのバッファローへ、午後5時5分に到着予定だ。

さすが、国境越えのバスというわけなのか、客は僕を入れて4人だけだった。
バスはナイアガラを出て、しばらく川沿いに走り、国境へ到着。

ここでの入国審査、税関検査は非常に厳しかった。
特に僕一人だけ残されて、バックパックの中を全部開けられて、細かく調べられる。

僕がバスに戻ると、みんな心配してくれていたのか、拍手をしてくれた。
こういうときに、アメリカの庶民の優しさを感じるね。
日本人だったらゼッタイに、「あいつのせいでバスの出発が遅れたんだ」という、冷たい視線しか与えないだろう。
日本人というのは、仲間内の人間には優しいが、集団行動から外れた(邪魔した)人間に対しては、よそよそしいものなんだよ。
日本人が誰かに優しくするとしたら、それは、他の人も優しくするときだけだ。
まあ、こんなところでも僕は、深い旅行哲学してしまったわけだ。
バスは国境を通った後は非常にスムーズに走った。
そうして、予定よりもちょっと早く、午後5時前にバッファローのバスターミナルに到着しました。

僕が乗る予定のボストン行きのバスは、午後9時半に出発する。
これに乗れば、ボストンへ午前9時に到着予定だ。

バスの出発まで、4時間ほどある。
それでは、荷物を預けて、ちょっとバッファローを見に行きましょうか。
北米一周グレイハウンドの旅目次  
ニューヨーク秋物語 
北米 「ホテル加宝」物語 中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記