『オタワからトロントへ移動し、CNタワーを見て、さらにナイアガラへ行き、夜の照明された滝を見る(1988)』

【ホテル案内板@トロントのバスディポ(2004)】
1988年11月14日。
オタワのバスターミナルから、午前9時半出発の、さすがフランス語の「旅人(VOYAGEUR)バス」に乗る。

このバスは、この時期、アメリカのグレイハウンドと提携していた。
僕はグレイハウンドの乗り放題アメリパスだから、もちろん無料で乗車する。
ニューヨークを出て以来、モントリオール、ケベック、モントリオール、オタワと移動し続けているのは、このパスがあるからだ。
思い返せば、ヨーロッパでも、鉄道パスを手にして以来、とたんにヨーロッパ中を動き回ったことがあったよ。

月曜日のせいだったのか、オタワからトロントへのバスには、長い列がある。
僕は何事にも余裕を持って行動していたので、無事、一台めのバスに乗ることが出来た。

昨日からちょっと雨模様の天気だったのだが、バスがトロントに近づくにつれて、だんだんと晴れてくる。
午前9時半にオタワを出て、トロントのバスディポ到着が14時(午後2時)、つまり4時間半で移動できた。
バスディポの郵便ポストに、昨日書いた絵葉書を投函する。
1988年のトロントのバスディポはとても小さかった。

トロント市庁舎のあるネイザンフィリップス広場(Nathan Phillips Square)の観光案内所が閉まっている。
それで、イートンセンターの観光案内所へ行った。

ところで、トロントの名所といえば、「CN Tower」という高い塔しか思いつかない。
トロントの町をCNタワーまで、ずんずんと歩いて行った。

1988年のCNタワーの入場料は8カナダドル(840円)だった。
正直、840円は高いと思うが、2008年のガイドブックでは、なんと20ドル以上する。
ただ高いところに上るだけのために、大金を使うのは無駄。
高い塔や建物には金を使わず、タダで、下から見上げたほうがずっと意味があります(世界旅行主義)。

アドバイスしておきますが、大金をつかってわざわざ登るようなところではありません。
僕は、一応登りましたが、風が強くて、展望台に出れませんでした。

しかもこの日は、53秒で昇るエレベーターが、なんと4分ちょっとかかった。
かなり危なかったんじゃないかな。

トロントを、いままで旅をしてきた、ケベック、モントリオール、オタワ、と比較する。
すると、つまらないビルだらけの町に過ぎない。

文化も伝統も感じられない。
しかも、いまは、まだ午後4時過ぎだ。

トロントに泊まらず、一気にナイアガラへ行った方がいいだろう。
世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)は、今度は歩かず、地下鉄に乗って(C$1.05)、バスディポへ行きました。

トロントを午後5時に出て、ナイアガラ滝到着は2時間後の午後7時予定。
夕方のラッシュアワーにぶつかって、バスは少し遅れる。

到着は、午後7時からちょっと遅れた。
カナダの11月で、午後7時過ぎということは、すでに真っ暗になっている。

僕はこのとき、ニューヨークで買った日本語のガイドブックを持っていた。
ところが、そのガイドブックの地図と、バスディポの位置が全く違っている。

グレイハウンドのバスディポは、昔の位置からCN駅前に移動していたわけだ。
CNとは「Canadian National Railway(カナダ国営鉄道)」のこと。

【VIA駅@ナイアガラ(2004)】
現在のVIA鉄道は、CNの後継組織みたいだけどね。
さて、おそらくはいまのバスディポと同じところに到着した。

しかも夜中だ。
しかし、僕は全く恐ろしさを感じなかった。

僕には、「神に導かれている」という確信があったからだ。
それに、いままでの旅行で、「バスターミナルの近くには必ず宿がある」と知っていた。
CN駅前のブリッジストリートを東へ進むと、橋(Whirl Pool Bridge)に出る。
その手前に、明かりのついた宿が何軒かあったが、その中の「EDGE CLIFF MOTEL」に入ってみた。
部屋を見せてもらって、ダブルベッド、テレビ、バスタブ付きのかなり大きな部屋に決めた。
相手の言い値が、35ドル(3600円)だったが、30ドル(3150円)に値切って泊まる。

この部屋は、なかなか大きかった。
僕は「この部屋は日本の帝国ホテルよりも大きい!」と、大げさにほめたことを覚えている。
僕はもちろん、帝国ホテルなんかに泊まったことはなかったけどね。
でも、なぜか、ニューオータニのペントハウスに泊まった経験はあるんだが。

ホテルを決めたのは、午後8時ごろだったと思う。
するとそのまま寝るのが当然だろう。

だって、朝、オタワを出て、バスでトロントへ移動し、トロントの観光をした。
それから、またバスでナイアガラへ着いて、夜中に飛び込みで宿を見つけたのだから。

しかしこのころは僕も若かった。
僕は真夜中に、歩いてナイアガラの滝を見に行ったよ。

夜には、ナイアガラ滝の照明がきれいだと聞いていたからね。
「Falls Illumination」が見えるところまで行って、とっとと戻ってきた。

夜にはじめての道(リバーロード)を滝が見えるところまで往復した。
「40分くらいかかった」とノートに書いてあるので、歩いて滝を見て、また戻って40分ということだろう。。

滝のところまでは行かず、滝が照明されているのを見ただけだけ。
明日はまた、昼のナイアガラを見るつもりだ。
アメリカへ戻ったら、さあ本格的なアメリカ一周バス旅行の始まりだよ(笑)。
 北米一周グレイハウンドの旅目次  
ニューヨーク秋物語 
北米 「ホテル加宝」物語 中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記