ナイアガラ滝(アメリカ側/カナダ側)の写真集(2004/12/08)

【世界旅行者@レインボーブリッジにて(2004)】
2004年12月8日とはいっても、真珠湾攻撃の記念日ではない。
ここは北米なので、真珠湾攻撃は12月7日なのだ。
トリニダード&トバゴから戻って、トロントのユースホステルに泊まっていた。
が、フライトの関係でどうしても2泊しないといけないので、トロントから2時間のナイアガラへ来た。
僕は1988年の北米一周グレイハウンドの旅をしたとき、ナイアガラは見ている。
でもまあ、20年近くたっているのだから、変化を見るのもいいだろう。


【カナダ側からレインボーブリッジを見る】

1988年には、レインボーブリッジは渡らなかった。
カナダ側の滝を見たあと、グレイハウンドに乗って、バッファローへ向かったんだ(その後ボストンへ)。

だから、このレインボーブリッジを渡って、米国入国するのが一つの新しい体験だった。
2004年には、米国の陸路入国に6ドルのお金がかかったよ。

このときは、ちょっと米国側も見て、その日にまたカナダへ戻ってくる予定。
逆に言うと、米国側のナイアガラを見るための入園料が6ドルという感じかな。


【アメリカからカナダへの車のゲート】

レインボーブリッジを渡ったら、国境を越える自動車用のゲートがあった。


【ゴートアイランドのコイン式双眼鏡】

アメリカ側のゴートアイランド(Goat Island)へ渡ったら、大きな公園だった。
そこには、コイン式の双眼鏡があった。

この形がいかにもアメリカらしくて、写真を取りました。
日本だと、ゼッタイにもっと新しい形に取り替えてしまうだろうけれどね。


【アメリカ側にいたりスくん】

ゴートアイランドの公園には、リスが沢山いた。
それを追いかけて、写真を取りました。


【木の上にいたリスくん@ゴートアイランド】

冬の公園で緑が少ないので、リスくんはすぐに見つかります。
木に登ってじっといていたリスくんを落ち着いて撮ったので、手ブレが少ないです。


【ゴートアイランド(アメリカ)からカナダ側を見る】

ゴートアイランドの端に行って、レインボーブリッジを見る。


【ゴートアイランドからアメリカ滝を見る】

ゴートアイランドの端から、アメリカ滝を見ます。


【レインボーブリッジからカナダ側のビル群を見る】

カナダへ戻る途中のレインボーブリッジの上からカナダ側のホテルやタワー群を撮りました。


【レインボーブリッジからナイアガラ滝を見る】

レインボーブリッジの上から、ナイアガラ滝を撮りました。


【ナイアガラ滝からバスディポへのRIVER ROAD沿いにはB&Bがたくさんある】

ナイアガラ滝からは、リバーロード沿いに歩きました。
リバーロードには観光客向けのゲストハウスがずらりと並んでます。

夏の観光シーズンには大儲けするんでしょう。
12月だと、客も少ないので、閉まっているところが多かったです。


【ナイアガラのバスディポ】

これが、ナイアガラのバスディポ。
ここからトロントへと戻ります。

バスを待つ間に、日本人の学生4人組を見て、韓国人のおそらくは大学生と話をしました。
バス隣の席が中国人のおじさんで、ちょっと世間話をしたりて、本を読みながら戻りました。

http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20090107