『ニューヨークで、ケチャップを付けられる(ケチャップ泥棒?)が、それを切り抜けてワシントンへ』@ワシントンD.C./米国

【ニューヨークを歩く(2000)】
1988年10月22日に、ロンドンからニューヨークへ飛んだ。
空港から電話をかけて、夜中に、34丁目の「スローンハウスYMCA」へチェックイン。
そのあと、11月9日まで、20日間ニューヨークに滞在して、ニューヨーク中をあちこち見て回った。
11月9日、ニューヨークからグレイハウンドの乗り放題切符「アメリパス」を使って、カナダ東部へと旅を始める。
モントリオールケベックモントリオールオタワトロント、それからナイアガラと、バスで移動する。
ナイアガラから、また米国へ入国し、バッファロー経由で、ボストンへ。
ボストンから、ニューヨークへ戻って、またスローンハウスYMCAに泊まる。
ニューヨークの宿に泊まったままで、フィラデルフィアへ1日で往復する。
これはもちろん、北米のバス乗り放題のアメリパスを持っているから出来ることだよ(笑)。
僕は、もちろん、これから北米一周をしなければならない。
住み慣れたスローンハウスYMCAを出るのは、辛かったね。
でも、いつまでもニューヨークにいるわけには行かない。
僕は、世界一周旅行をしているのだし、旅には、そのポイントがある。
例えば、ヨーロッパだったら、絶対にユーレイルパスを使った鉄道旅行だよね。
ユーレイルパスを使った鉄道旅行で、ヨーロッパを走り回らなければ、ヨーロッパはわからない。
というのが、ユーレイルパスを使わないと、運賃がメチャ高くて、普通の人は金銭的に無理なんだよ。
また、アメリカを本当に見て回るには、「グレイハウンドのパスを使った北米一周旅行」しか有り得ない。
飛行機を使って、あちこち飛んで回っても、アメリカの広さは、わからないからね。
だから、ヨーロッパを鉄道旅行北米をバス旅行するのが、海外旅行のポイントなんだよ。
というわけで、さていよいよ、本格的にアメリカバス旅行を始めることになる。
1988年11月19日、スローンハウスYMCAの部屋で目を覚ます。
ポートオーソリティバスターミナルで、グレイハウンドのアメリパスを、新しく、打ち出してもらう。
この時代のアメリパスは、乗車券のつづりがまとまったものだった。
その1枚1枚の券を乗るときに使って、足りなくなればまた新しく、切符を打ち出してもらうもの。
だから、新しく14枚つづりを打ち出してもらったわけね。
もちろんこれがなくなれば、また新しくもらえばいいだけ。
この乗車券の冊子を見ると、「アメリカをどんどん旅するぞ♪」という気力がわいてくるよね。
だから、乗り放題のパスというのは、旅人の気力を奮い立たせるものなんだよ。
僕は慎重なので、ニューヨークのポートオーソリティーバスターミナルへは、時間に余裕を持って行った。
バスターミナルで、暇つぶしに、あちこち歩いていたら、黒人の肥ったおばさんが「ケチャップがついてるよ」と教えてくれる。
それを聞いても、僕は全く慌てない。
服にケチャップがついていようがいまいが、僕は基本的に気にならない。
それに、これはもちろん、ケチャップ泥棒だろうね。
ところで、本格的な海外旅行者は、旅をしていて、カラシ泥棒、ケチャップ泥棒にあるのは普通のこと。
僕もこれまで、スペインのマドリッドでカラシ泥棒にからしを付けられた。
また、このあと南米に行った時、ブエノスアイレスでも、カラシ泥棒にあった
だから、バスターミナルでケチャップをつけられたところで、なんとも思わない。
おばさんは、「すぐにトイレに行って拭いたらいいよ」と勧めるが、僕は「トイレに仲間の泥棒がいるな(笑)」としか考えない。
もちろん、誰かがいたずらでケチャップを付けたのかもしれないし、またおばさんも本当に親切で言ってくれたのかもね。
でも、そんなことを、あれこれ考えるのは、時間の無駄だよ。
さて、午前10時発のバスは、結構乗客が多くて、一台目には乗り切れず、追加の二台目のバスに乗ることになった。
二台目のバスの出発は、午前10時半。
バスはバルチモアを経由して、午後2時45分に、ワシントンのバスターミナルに到着。
つまり、ニューヨークからワシントンまで約4時間かかったということね。
ワシントンのバスターミナルでは、係員が来るまで、バスから荷物を取り出せずに、かなり待った。
といっても、午後3時ごろならば、別に急ぐこともないわけでね。
いっしょのバスに乗ってきた旅行者の間で、世間話をしたりして、時間を潰す。
僕は、ワシントンでももちろんホテルの予約はしていない。
バスターミナルに、ホテルの直通電話がある。
そこで、一番安い「THE BRAXTON HOTEL」に電話をかけて、部屋を予約すると、シングルルームの料金が39ドル+タックス。
バスの荷物が出てくるのを一緒に待っていたイギリス人の旅行者も、同じところに行くという。
イギリス人旅行者とタクシーをワリカンにする。
タクシーは(チップを含めて)4ドルで、1人2ドルとなる。
とにかく新しい町に着いたときは、旅行者同士協力したほうがいい訳でね。
「THE BRAXTON HOTEL」では、僕が持っていたマスターカードを受け付けてくれた。
カードが使えたり使えなかったりしているので、使えるところではとにかく使っておこうという気持ちなんだ。
イギリス人旅行者と僕は、それぞれシングルの部屋を取って、別れる。
ホテルの近くのテイクアウトの中華で、ホイコーローとライスをテイクアウト(TO GO)にしてもらっう(6ドル21セント/約800円)。
ホテルの部屋で、ベッドにごろんと寝て、いろいろ考えてみる。
これで、やっと、本格的なアメリカ一周の旅が始まった。
明日は、観光として、ホワイトハウスと、あと、スミソニアン博物館の一部でも見ればいい。
ワシントンの博物館群を見ることに、そんなに時間をかけられない。
ニューヨークの新聞で読んだが、スミソニアンの「NATIONAL GALLERY OF ART, EAST BUILDING」で、「JAPAN THE SHAPING OF DAIMYO CULTURE 1185-1868」というのをやっているようだ。
スミソニアンの博物館群は、とんでもなく多いので、ただの観光客としては、とてもとても全部を見ることは不可能。
この時期に、たまたま日本の大名展をやるというなら、見逃すわけには行かない。
明日は、ホワイトハウスと、この日本展を見ればいいだろうと、考える。
僕は、所詮、観光旅行をしている旅人なんだから。
ワシントンの次は、とにかくマイアミへ下ろう。
こうして僕の、アメリカ一周の本格的なバス旅行が始まったわけだね。
北米一周グレイハウンドの旅目次  
ニューヨーク秋物語 
北米 「ホテル加宝」物語 中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記