『ニューヨーク市立図書館へ行き、"The Rise and Fall of the Great Powers(大国の興亡)"を買う(1988/11/03)』@ニューヨーク/米国

【セントラルパークの池の前で(2000)】
1988年11月3日、まず、11月3日から6日までの4日分の宿泊費を払った。
一泊28.25ドルだから、4日分で113ドル。
いままでは、だいたい2日分ずつ払っていた。
だらだら過ごしているので、いつまでも、YMCA滞在を切り上げる決断ができない。
思い切って4日分払い、精神に余裕を持たせたわけだ。
なぜ、11月6日までは、ニューヨークにいるかというと、それには、ご立派な理由がある。
1988年11月6日には、ニューヨークシティマラソン(New York City Marathon)が開催される。
ニューヨークシティマラソンを見たいという気持ちがあったわけだね。
それは、ロンドンにいたときに、ロンドンマラソンを見ていたから。
ゴールがビッグベンのすぐ横の道路上で、僕と友達で一緒に、日本選手が走るのを見ていたよ。
その流れでだね、これから向かうロサンゼルスでも、ロサンゼルスマラソンを見たあとで、中南米旅行へ出た。
僕は、東京にいたときは、国立競技場のトレーニングセンターの会員だったので、東京国際マラソンのゴールはトレーニングついでによく見ていた。
その上、世界一周旅行の途中で、ロンドンではロンドンマラソンを見た。
ニューヨークにいるなら、ニューヨークシティマラソンを見るのは必然。
その流れで、これからロサンゼルスマラソンを見ることになる。
これって、なかなかスゴイことじゃないかな。
それに、11月6日まで4日の余裕があれば、出発の日を決定できるだろう。
多分ね…(笑)。
4日泊まると決めたので、キモチにも余裕が出て、朝から、「Japanese Overseas」を読んで過ごしていた。
お昼前ごろに、ニューヨークの街をふらふらと歩きに出る。
何もすることがない場合は、とにかく「セントラルパーク」へ行けばいい。
34丁目のYMCAから9番街を北へ歩き、セントラルパークへ。
セントラルパークを東へ抜けて、5番街へ出た。
5番街を南へ歩くと、「ニューヨーク高島屋」を見つけて、ちょっと入ってみる。
さらに南へ歩くと、42丁目を過ぎて、突然、重厚な建物が目に入った。
これが、「ニューヨーク市立図書館(New York Public Library)」だよ。
美術館のような立派な外観なので、入るのに躊躇したが、何かの展示会のようなものをやっている。
それが「A Sign and a Witness」というタイトルの特別展で、暇つぶしに中へ入りました。
すると、「死海文書(Dead Sea Scrolls)」が展示してあって、びっくり。
このニューヨーク市立図書館の本館は、あとで調べると、ニューヨークの観光名所のとして知られていたようだ。
さらに、5番街を歩いていると、日本書店「東京書店」を見つける。
気になっていた、「大国の興亡」を捜したが、下巻しかなく、軽く立ち読みしたが、それほど面白くなさそうだった。
さらに歩くと、本屋の「Barnes & Noble」を発見。
ここではもちろん、「The Rise and Fall of the Great Powers(大国の興亡)」があったので、購入した($21.95)。
また東京書店に戻って、「文藝春秋」と「諸君」を購入した(合計14ドル、日本円で2千円弱)。
日本食堂「サッポロ」で、ギョーザ、カツどん、日本酒を取って、11ドル(千4百円)。
韓国人経営のデリに寄って、フォスターズを2本とミネラルウォーターを買って、YMCAへ戻る。
午後8時から10時半まで、部屋のテレビで、ポールニューマン(Paul Newman)の「Verdict(評決)」を見た。
ベッドに寝て、ノートに旅行の記録をつける。
まず、今日やったことをメモする(そのノートが僕がこの旅行記を書く材料になってます)。
次に、これからのニューヨーク滞在でやることを、思いつくまま、書き出してみる。
チャイナタウン(Chinatown)、リトルイタリー(Little Italy)。
サウスストリートシーポート(South Street Seaport)
ブルックリン橋(Brooklyn Bridge)
ホイットニー・アメリカ美術館(Whitney Museum of American Art)
クロイスターズ美術館(Cloisters Museum)
というところかな。
といろいろ考えて、午前0時ごろにパタッと寝ました。
□ ニューヨーク市立図書館(New York Public Library) http://www.nypl.org/

ニューヨーク物語

北米一周グレイハウンドの旅 「ホテル加宝物語」

パリ滞在とロンドン、アイルランド(1988/10/03-1988/10/22)

europe world INDEX 北アメリカ LIST
xxx