『ニューヨークシティマラソンで、工藤一良選手が7位でゴールするのを、セントラルパークで見る(1988/11/06)』@ニューヨーク/米国

【セントラルパークにて(2000)】
1988年11月6日、日曜日。
この日は、「ニューヨークシティマラソン(New York City Marathon)」が行われる。
今はどうかわからないが、1988年のマラソンのゴールは、セントラルパークの中だった。
スタート地点がどこなのかは、記憶してない。
このマラソンは、プロのランナーも参加するが、基本的には市民マラソン。
だから、ニューヨークの街の、すべての地区を通るルートに設定してあるのだとか。
別に、記録を出すためのコースではない。
ゴールの時間は、お昼ごろだったと思う。
マラソンゴールのセントラルパークへ行く途中で、その前に、42丁目の「ポートオーソリティバスターミナル」へ寄る。
グレイハウンドのバスの状況を確認しておきたかったからだ。
僕が泊まっている、34丁目のYMCAから、セントラルパーク(南の端が59丁目)へ歩く途中に、バスターミナルがあったしね。
ロンドンで買ってきた、グレイハウンドの乗り放題パス「アメリパス」の使い方の確認をする。
それから、バスターミナルで、バスの時刻を調べた。
僕の手許には、「グレイハウンド全米時刻表」のパンフレットがあった。
ロンドンのグレイハウンドのオフィスで、パスを買ったときにもらったものだ。
ヨーロッパ鉄道旅行に必要な「トーマスクックヨーロッパ時刻表(Thomas Cook European Timetable)」と同じく、あくまでも参考にするだけだ。
旅の正確な情報は、現地の駅やバスターミナルで、自分で再確認するのが常識だしね。
このときはまだ、ニューヨークを出てどこへ行くか、は決めてなかったと思う。
アメリカ大陸を横断して、ロサンゼルスへ行くのは間違いない。
ただ、アメリカ東部には、ニューヨークだけではなくて、ボストン、フィラデルフィア、ワシントンなど有名な都市がある。
また、カナダ東部にも、トロントや、フランス語圏のケベックもある。
「赤毛のアン」で有名なプリンスエドワード島もあるが、時期はずれだし、中年のおっさんが一人で行くには場違い。
ここに行かないのははっきりしてるけどね。
とにかく日本人の行くところは決まっていて、「赤毛のアン」のプリンスエドワード島、「大草原の小さな家」のゆかりの地とかあったものだ。
僕は、そういう場所には興味がないが、これから、北アメリカを一周するつもり。
ごく普通に有名な場所を、訪れればばいいだろう。
まず何よりも、カナダとアメリカの国境には、「ナイアガラの滝」がある。
どうやら、最初は、ニューヨークからカナダのモントリオールへ行くのがよさそうだ。
というのが、この時代は、グレイハウンドのパスが、カナダでも提携バス会社は無料で乗れたからね。
つまり、パスを使えば、動き放題に動ける。
ヨーロッパの鉄道旅行でも、僕は、スイスのジュネーブで「21日間有効のユーレイルパスを入手したあとに、ヨーロッパ中を走り回った経験」がある。
それは、1988年の秋のこと。
つまり、ニューヨークへ来るちょっと前のこと。
だから、体力的にも、気力的にも、バスパスを使い始めたら、動きが止まらないだろうという予測ができる。
だからこそ、そういうバス乗り続けの旅に対しての恐怖があるんだ。
やってしまうだろう(ガンガンバスに乗りまくる)と、わかっているからね。
マラソンゴールのセントラルパークには、ゴールの観客席があって、そこに座ってみていた。
わざわざ見に来る人も多くないので、観客席に座れたということだったと思う。
11月のセントラルパークは、ちょっと肌寒い。
温かい飲み物を、飲みながら、席に座っていた。
身体を温めながら、選手がゴールするのを眺めていた。
すると、上下真っ白なユニフォームに、左胸に日の丸の国旗をつけた日本人男性が、上位でゴールした。
僕のノートには、「日本の工藤が7位(ロンドンで走ったのと一緒かな?)」と書いてある。
ネットで調べたら、この日本人選手は、確かに、「工藤一良」選手だったようだ。
1988年のロンドンマラソンで3位、同じく、ニューヨークシティマラソンでは7位に入っている。
僕は、工藤選手がロンドンで3位に入ったときも、ニューヨークで7位になったときも、現地でナマで、見ているわけだよ。
これは、ちょっとびっくりしたね。
といっても、そのときははっきり気がつかなくて、これを書いているときに、ネットで確認したのだが。
ニューヨークシティマラソンの印象としては、ロンドンマラソンのほうが、仮装をした人が多いってことかな。
もともと市民マラソンというのは、その町のお祭りだから、いろんな扮装をして走る人が多い。
ロンドンマラソンでは、スタート地点がグリニッジだった。
僕と友人のKくんは、スタート地点へ行ったので、目に付いたのかもしれないが。
上位選手のゴールを見て、セントラルパークを出て、近代美術館の前にある図書館でトイレを借りた。
五番街を歩いていて、52丁目付近で見つけた本屋へ入ったら、米国の戦記本がずらりと並んでいて、軽く驚く。
「タッドステーキ」に入って、フィレ・ミニヨンを頼んだが、火が通りすぎでがっかり。
サーロインステーキにすべきだったと後悔する。
ただ、この店は、ステーキをつまみにして、ワインを飲んで、結構時間が潰せるのがいいんだ。
午後の時間にゆっくりと食事をして、タイムズスクエアへ歩く。
観光客向けのいろんなお土産を売っている店があったが、店員さんが日本語ぺらぺらの韓国人だった。
午後の暇な時間だったので、あれこれ世間話をして、時間を潰す。
話した内容は、主に、「ニューヨークは韓国人が多いですねー(驚)!」ということだったと思うよ。
なにしろ、1988年のニューヨークは、韓国人が目に付いた。
韓国人の店(DELI)が多かったし、タイムズスクエアには、韓国人の似顔絵描きさんたちが、ずらりといたからね。
そうそう、僕がロンドンからJFKに着いた夜も、韓国人の若者と話しをしたんだ。
薄暗くなったころ、また、韓国人経営の「OK DELI」に寄って、エビアンとライム風味のペリエを買って戻った。
明日は、ニューヨークを出る予定だったが、この雰囲気では、ゼッタイに無理だね(笑)。

ニューヨーク物語

北米一周グレイハウンドの旅 「ホテル加宝物語」

パリ滞在とロンドン、アイルランド(1988/10/03-1988/10/22)

europe world INDEX 北アメリカ LIST
xxx