『モントリオールの名所を細かく見て回ったが、ほとんど記憶に残らなかった話(涙)』@モントリオール/ケベック州/カナダ

【ロンドンで発行された正規のISIC(1988)】
1988年11月11日。
ケベックの宿で起きて、午前中はケベックの要塞を見た。

部屋に置いたバックパックを背負って、バスターミナルへ。
ちょうど正午(12:00)発のモントリオール行きのバスがあった。

モントリオール到着が午後2時45分。
すぐに、モントリオールのYMCAへ行く。

僕はなにしろ、ロンドンからアメリカに着いたその夜、ニューヨークでは34丁目の「スローンハウスYMCA」に泊まった。
それから、北米一周をしたわけだが、ほとんどの町でまずYMCAを宿泊場所として考えた。

僕が北米を旅していた1988年ごろは、YMCAは安くて安心できて、どの町にもあったものだ。
そのころは、ガイドブックにも載ってたんだと思う。
もちろんユースホステルも存在したし、ユースで旅をしている学生さんも多かった。
ただ、YMCAだと、シングルルームに泊まれたから、快適さが大きく違う。
僕の北米一周グレイハウンド旅行が楽しかったのは、毎日一人になれる時間が確保できたってことね。
一日の終わりに、どんなに狭くても、ホテルのシングルルームに泊まれると、精神が安定するよ。

現在は、YMCAに泊まったという情報がないのは、泊まれなくなったのかな。
とにかくこの時代は、新しい町へ着いたら、YMCAへ飛び込むことにしていた。

モントリオールのYMCAは、シングルで28カナダドル。
国際学生証(ISIC)を見せると2ドル割引になって、26ドル(1カナダドルが105円として2730円)。

キーデポジットが3ドルなので、合計29ドルを払う。
部屋にバックパックを置いて、モントリオールを歩きだす。

まず、Windsor Station(現在のGare Lucien-L'Ailler)へ。
駅前にあった教会で祈る。

オールドモントリオールへ歩き、ノートルダム大聖堂(Basilique Notre-Dame)へ入る。
ここは、劇場みたいに、3階まで観客席がある。

大聖堂には巨大なパイプオルガンがあったが、その前に見た教会にもパイプオルガンがあった。
つまり、カナダの教会はパイプオルガンが重要なアイテムなのかもしれない。

続いて、モントリオールの旧市街を歩き回って、セントラル駅(Gare Centrale)へ。
ドミニオン広場を回って、YMCAに戻る。

途中で、ビールを2個とVittelを買って帰った。
どうやら、今日(1988年11月11日)は、戦勝記念日(Memorial Day/米国ではVeteran's Day)だったようだ。

1988年11月12日。
YMCAのカフェテリアで2ドル25セントの朝食をとる。

今日は、また、モントリオール見学をする。
町の両替所で、50米ドルを61カナダドルに両替した。
まずMary Queen of the World Cathedralへ。
次に、St.Joseph's Oratory(Oratoire Saint-Joseph)へ。

Brother Andre's Museumに彼の心臓があった。
心臓の展示というのは、世界でも珍しいので、記憶に残っている。

ただ、この建物は大きいのだが、いかにも安っぽく、宗教心がわかない。
現世利益の新興宗教の本山という感想を持つ。

次にバスターミナルへ寄って、時刻表を手に入れる。
明日は、モントリオールからオタワへ向かうので、バスの時刻の確認だ。

また歩いて、Notre Dame de Bonsecoursへ。
ここも祭壇に向かって、会衆席の後方入り口の上にパイプオルガンがあった。

モントリオールの教会は、どこも天井の模様とステンドグラスが凝っている。
ヨーロッパの教会と比較すると、モントリーオールの特徴感じられる。

次に、Tower & Museumへ行ったが、人形中心の展示だった(入場料1ドル)。
そのあと、Chateau Ramezay(入場料2ドル)へ。

ここでわかったのは、カナダ人の奥地進出はビーバー狩りのためだったこと。
17世紀に、紳士用のフェルト帽に使われたのだという。

フランスの西インド会社は、Beaver Pelt輸出の独占権を握った。
Saint-Amable Laneを歩くと、絵を売っていた。

次にまた、ノートルダム大聖堂へ。
裏のChapel Museeは小さくて、たいしたことはないが、学割を効かせて50セントなので我慢できた。

中華街へ行く。
しかし同じような食料品店、レストランばかりが並んでいる。

よくこれだけでやっていけるものだと、不思議に思う。
一軒だけ、日本料理店を見つけた。

モントリオールの地下街を通って、移動してみる。
カナダの都市では、冬に備えて、建物を地下通路でつないで、移動できるようになっている。

僕が1988年に感じたのは、道路を渡る部分が地下道になっているだけ。
あとは、ビルの中に入ると1階を通るみたいなところが目立った。

地下街を歩いていたら、酒屋を発見した。
日本酒も売っていたが、720mlで6ドルちょっとする。

日本酒を特に飲みたいわけでもなく、ワインを1本購入。
ピザと中華料理のテイクアウトを買って、部屋で食事をした。

さて翌日の11月13日は、次の町オタワへ向かいます。
ところで、この話を読んでも、あそこに行ったここも訪れたというだけ。

ちっとも面白くなかったでしょ(涙)?
書いていてもつまらないし、読み返しても、面白くもおかしくもない。

僕も旅行のときにつけていたメモを読んで書いているだけだ。
これはだね、目に付くものをすべて、だらだらと観光しているからなんだよ。

実際これだけの場所を訪れている。
ところが僕の記憶に残っているのは、ノートルダム大聖堂の内部とパイプオルガンだけだからね。

あと、心臓の展示かな。
でも、心臓は覚えているが、その建物とか、ほかの事は完全に忘れている。

ここで、世界旅行主義の一つの理論が導き出される。
「普通は、一つの町で見るものは、せいぜい3つまで、それ以上いくら見ても意味がない」ってこと。

例えば、アンコールワットを見るにしても、アンコールワット、バイヨン(アンコールトム)、タプロームの3つを見ればそれで十分。
それ以上見ても、記憶に残らないからね。
xxx
 北米一周グレイハウンドの旅目次  
ニューヨーク秋物語 
北米 「ホテル加宝」物語 中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記