『バスディポの隣の安宿に泊まり、マイアミダウンタウンへ出て、女性連れのギャング(らしき人)と話をする』@マイアミ/フロリダ/米国

1988年11月22日に、ワシントンを出て、バスを乗り継いで、総計26時間かかって、マイアミへ到着。
あたりは真っ暗なので、とにかく、バスディポの隣にあった安ホテルにチェックイン。
このホテルの名前、それから宿泊費がいくらだったか、ノートに書いてない。
というのが、途中のジャクソンヴィルの乗換えで、大切な大切なアメリパスをなくしてしまった。
だから、目の前が真っ暗になって、頭が混乱して、きちんとしたことを書けなかったんだよ(涙)。
ホテルにチェックインして、軽く夕食でも取ろうと、近くのレストランや酒屋の場所をホテルで聞く。
すると、「マイアミダウンタウンは、午後6時で店は閉まりますっ!」という返事。
つまり、「危険すぎる」ってことじゃないかしら(笑)。
でもこのとき僕は、アメリパスをなくしてしまって、絶望していた。
だから、「もうどうなってもいいや(涙)(笑)!」「殺すなら殺せー(怒)」という感情だったのね。
で、僕の旅行ノートには書いてないが、僕は荷物を部屋に置いて、夜のマイアミダウンタウンへ飛び出した。
確かにほとんどの店は、閉じている。
僕としては、酒屋となにか、サンドイッチでも売ってるところがあれば、それで十分なのだが。
結局、町を歩いて見つけた店は、ちょっとしたバーのようなところだった。
店に入って、ハンバーガーとビール程度のものを頼んだ。
この注文も、スペイン語を使っていた。
というのが、マイアミのバスディポでも、スペイン語しゃべってたしね。
僕は、日本でもスペイン語を勉強していたし、バルセロナではスペイン語学校に通っていた。
だから、日常のスペイン語会話も、旅に必要な言葉も、特に問題なくしゃべれるんだよ。
もちろんスペイン語で政治や経済を論じるなんてところまでは、とうてい行かないけどね。
一時期そこまでやろうと、考えないことはなかった。
英語からフランス語に手を出して、結構なレベルまで行って、次はスペイン語と考えたわけだけどね。
一気に、イタリア語や、ドイツ語、ロシア語まで、やろうと考えたことがある。
そのころは、僕もまだまだ若くて、面白そうなことにはなんでも手を出そうという情熱があったからね。
それは諦めたので、僕のスペイン語は、「面白そうな外国人が、スペイン語を勉強していて、一生懸命に話す」というレベルに留まった。
でも実は、このレベルの語学力が、一番人間関係もうまく行くし、旅にも有利なんだよ。
たどたどしい言葉だが、決して馬鹿ではなくて、ところどころで難しいことも言う。
でも、変な冗談を言って、「全体的な感じでは、ただの馬鹿」(笑)。
こういう人間になりきることが、海外個人旅行にとっては一番いいんだよ。
だって、面白いことをたどたどしい言葉でしゃべって、教育はあるらしい雰囲気の人は、とにかく人畜無害だからね。
そのバーのカウンターでビールを飲んでたが、ガラガラだったね。
ビールを飲んで、とっととホテルに戻って、寝てしまおうと考えている。
ワシントンからグレイハウンドで26時間かけてマイアミに着いたばかりなんだから。
とにかく身体は疲れているし、パスをなくしたので、精神的にはボロボロだ。
そこに、30歳くらいのラテンアメリカ系の若者と、その彼女らしい20歳過ぎの美女が入ってきた。
その2人がやはりスペイン語で会話をしているのを聞いて、僕はスペイン語でカップルに話しかけた。
「マイアミではみんなスペイン語を話すんですね」みたいなことを言ったかな。
考えてみると、この男性は、この地域のギャングの若頭みたいな感じだった。
でもチンピラではなかったようで、変な東洋人のおじさんに話しかけられても、自信と余裕を持って応対してくれたよ。
それに、僕は、人を褒めるのが上手なので、失礼にならない程度に、美女も持ち上げたしね。
2人から軽く笑いも取りました。
話が軽く盛り上がったところで、「美男美女のお2人に、神の幸せを!」と、言って店を出る。
「人間として一番大切なこと、それは、仲のいい恋人の邪魔をしないこと(世界旅行主義)」だからね。
ホテルの部屋に戻って、ベッドに横になり、旅の記録を書く。
マイアミのバスディポで、アメリパスを買えることは確認している。
それも、国外で買うのと比べて、特に高いわけではない。
だから、明日パスを買って、移動を続けることは出来る。
ただ、この意味を考えてみよう。
ニューヨークを出てカナダ東部へ移動してから、ほとんどバスで移動の連続だった。
だから、身体も疲れているだろうし、精神的にも疲れている。
パスをなくしてしまったのは、やはり、精神的にも肉体的にも、少し限界に来ていたのかもしれない。
だとすれば、マイアミで身体を休めるのは、わるいことではないよ。
マイアミにはもちろん、マイアミビーチがある。
一応世界的に名の通った大観光地なのだから、他にも何か見るものはあるだろう。
だから、マイアミにしばらくいてもいい。
とノートに書いて、そのままパタンと、寝てしまいました。
北米一周グレイハウンドの旅目次  
ニューヨーク秋物語 
北米 「ホテル加宝」物語 中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記