『バスディポの隣の安宿に一週間泊まると決めて、アメリカバス旅行を考え、マイアミビーチで泳ぐ』@マイアミ/フロリダ/米国

1988年11月22日に、ワシントンから26時間かけて、グレイハウンドでマイアミへ到着。
バスディポの隣にあった安ホテルにチェックインする。
1泊の部屋代は、20ドルはしなかったはずだ。
とにかく一泊して、身体と頭を休めた。
11月23日になって、目が覚めて、パスをもう一度捜すが、確かになくなっている。
さて、考えなければならないことがある。
まずは、ジャクソンヴィルの乗り換えの時に無くしてしまった、グレイハウンドの「アメリパス」のことだ。
マイアミに着いたときに、バスディポでアメリパスが買えることは確認してある。
それも海外で買うのとほとんど同じ料金だった。
でも、せっかくパスをなくしたのだから、これを利用することを考えた方がいい。
パスが手許にあれば、どんどん移動を続けるだろう。
だって、パスを持っていてバスに乗らないならば、毎日お金を損しているのだからね。
しかし、パスをなくしてしまった。
これは、「マイアミにしばらくいて、精神と肉体の疲れを取れ」という、神の啓示ではないか。
もしも僕がマイアミにしばらくいる定めならば、(神の導きで)ホテルのウィークリー料金が安くなっているはずだ。
ホテルで聞いてみると、このホテルは「一週間割引料金(weekly rate)で85ドル+税」という。
シングル一週間1万円ならば、1日千五百円だ。
これは、悪くないね。
しかも、4日泊まれば元は取れるわけだから、無理矢理に1週間泊まる必要はない。
一応天下のマイアミだから、4日くらいは潰せるだろう。
(神の導きに従って)ウィークリーで泊まることに決めて、お金を払う。
ウィークリーレートを払うと、とにかく一週間は居場所を確保したわけで、ホッとするね。
正直、海外個人旅行というものは、「移動をして、眠る場所を見つけること」の繰り返しなんだから。
しかし、眠る場所を見つけるのが心配だからと、最初からホテルを予約したら、それは「ダメダメちゃん」なんだね。
だいたい、旅では、現地へ行けば必ずホテルは見つかるし、予約できるところよりも、安いものなのね。
最近は、ネットで予約する人も多いようだが、予約してしまったら、旅の自由がなくなる。
日本人は気が小さいので、常に予約のことばかり心配している。
でも、海外個人旅行と予約とは、原則的に、対立するものなんだよ。
旅の基本は、「予約無しに現地へ行って、その場でホテルを見つけて、何をするかもその日に決める」ってことなんだから。
日本人は、本当に気が小さくて心配性なので、旅に出るとなると、細かい計画を立てて、すべて予約を入れようとする。
中には、「上手に予約を入れることが旅上手だ」と勘違いしている人がいるようだ。
でもね、「旅では予約を入れないで現地ですべて決める」のが、ホンモノなんだよ。
だって、旅を知っていれば、「本当の情報は、現地にしかない」って、わかるはずだからね。
例えば、グレイハウンドのバスディポのすぐ横の安ホテルなんて、誰も希望して泊まる人間はいないだろう。
こんな安ホテルを予約する人間はいないし、予約システム自体があるはずもない。
ガイドブックにも載ってないし、現地のオススメホテルリストにもない。
こういったホテルは、夜中にグレイハウンドでマイアミダウンタウンに到着した、ホテル予約無しの旅人のためのものだから。
逆に言うと、個人旅行者がどこへ行こうと、そこには個人旅行者を対象にした宿が存在するわけだ。
だから僕は、世界百カ国以上を本当に個人旅行してきたが、出発前に予約を入れたことは、3回くらいしかない。
しかもその一つではホテルの支払いで揉めたし、一つはホテルが期待よりも悪かった
まともだったのは、バンコクのホアランポーン駅前の「バンコクセンターホテル」だけだったね。
これも、バンコクからノンカーイへの切符を駅で自分で買うために、駅前のホテルを予約しただけだ。
さて、マイアミダウンタウンに一週間程度いることに決めて、アメリカ旅行について考えてみる。
いまいるマイアミからだと、キーウェストへ行くのは間違いない。
マイアミの北部には、ビーチリゾートが点在しているようだ。
そのころでも、フォート・ローダーデール(FORT LAUDERDALE)やパームビーチ(PALM BEACH)、ディトナ・ビーチ(DAYTONA BEACH)などの名前は知っていた。
ただ、こういうところはリゾート地なので、金のない中年のおじさんが、1人で行っても、意味のないところ。
確かに、米国旅行中に、米国東海岸のどこかで泳ぐことは、旅の経験として必要かもしれない。
それは、いまいるマイアミビーチで泳げばいい。
あと、マイアミを出てどうするか。
やはり、フロリダのディズニーワールドへは寄りたいものだよね。
1人で行くのは寂しいだろうが、せっかくフロリダにいるのだから、ここはどうしても行きたい。
それに、普通の日本人の場合、わざわざフロリダの「ディズニーワールド」まで来るというのは、珍しいはずだ。
アメリカ駐在の会社員とかならば、休暇で来ることはあるだろうが、普通の日本人はまず来ない。
僕はこれから、ロサンゼルスへ行くつもりだから、アナハイムの本家「ディズニーランド」へは行ける。
そこに、「フロリダのディズニーランドへも行った」という経験があれば、LAのディズニーランドの経験も、さらに豊かになる。
僕としては、これから、米国南部を移動して、ロサンゼルスへたどり着けば、アメリカ大陸横断が成立する。
その途中では、ニューオーリンズ、ヒューストン、サンアントニオ、エルパソ、それからグランドキャニオンへ立ち寄って、ロサンゼルスかな。
この時期、エルビスプレスリー関連で、メンフィスへ行く日本人旅行者は多かったね。
「風と共に去りぬ」で有名なアトランタ(いまはCNNが名物?)に行く人もいた。
セントルイスへ行って、「ゲートウェイアーチ」に上る人もいたかな。
この時期(1988年)は、日本人もまだ元気があったので、大型バイクでアメリカの大平原をぶっ飛ばす人もいたよ。
ニューヨークからロサンゼルスにアメリカ大陸をバスで横断することは、一つのまとまった旅だね。
これだと、あちこち立ち寄っても1か月あれば、北米一周バス旅行は出来る。
ただ、カナダの東部、西部まで旅するとなると、やはり2か月は必要かな。
僕はこのあと、ロサンゼルスへ行って、アメリカ西海岸を北上してバンクーバーまで足を伸ばし、内陸部のソルトレークシティへも行った。
これは、ロンドンで買ったグレイハウンドの1か月のパスだけでは不可能だった。
そういう意味では、「北米一周グレイハウンドバス2か月の旅」ができたのは、旅の途中でパスを無くしたおかげだとも言えるね。
この日は久しぶりにゆっくりとして、部屋でごろごろして、ベッドで本を読んでいた。
しかし朝から部屋にいて、昼過ぎになったら、急に焦った。
マイアミに来ているのだから、とにかく、マイアミビーチに行っておかないと、話にならないよ。
だって、僕に明日が確実に来るとはいえないのだからね。
バックパックにある水着を取り出して、ローカルバスでマイアミビーチまで行く。
適当なところで降りたら「18TH ST」で、ビーチへ歩き、軽く泳いだ(海水に浸かった)。
マイアミビーチの印象としては、砂浜が広いだけ。
椰子の木があるわけでもなく、景色もそれほどたいしたものではないね。
18TH STのビーチ際にある「TAVERN ON THE BEACH」へ。
この店のバーテンが沖縄にいたという白人で、軽く話をする。
まあ、マイアミのダウンタウンに泊まっていて、市バスでマイアミビーチへ行った。
軽く泳いで、ビーチ近くのバーでバーテンダーと軽く話せたら、1日としてはそれで十分だ。
また市バスで、ダウンタウンへ戻る。
夕食は、サンドイッチとビール程度にして、本を読みながら寝ました。
北米一周グレイハウンドの旅目次  
ニューヨーク秋物語 
北米 「ホテル加宝」物語 中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記