『マイアミダウンタウン、ベイサイド、マイアミビーチ、映画で、マイアミ滞在を切り上げる』@マイアミ/フロリダ/米国


1988年11月22日に、マイアミに着いて、とにかくバスディポの隣の安宿に飛び込む。
11月23日からの一週間、ウィークリーレートで(85ドル+タックス)で安宿に泊まることに決めた。
この目的は、とにかく身体と精神を休めること。
それに、マイアミに一週間いれば、ビーチでも泳げるし、映画を見たり出来るしね。
なにしろ、僕がニューヨークを出たのが11月9日。
モントリオールを経由していったケベックでは、手持ちの服を全部着ても、寒さで震えていた。
ケベックを流れるセントローレンス川も、凍りついてはいなかったが、寒々とした風景だった。
それから、ナイアガラ滝を見て、バッファロー、ボストン、ニューヨーク、フィラデルフィア、ワシントンと旅をする。
そして、ワシントンから26時間バスに乗ってやってきたのが、マイアミだよ。
ここでは、なんと、Tシャツで過ごして、ビーチで泳げる(笑)。
しかも、神のはからいで、マイアミダウンタウンに安く一週間いられることになった。
それならばそれで、神の導きに従って、気楽に過ごしたらいいだけだ。
というわけで、とにかく部屋でごろごろして、23、24、25日と過ごして、26日には元気を回復した。
ビーチへ行って、ダウンタウンのモールで映画を見たりする。
2011年のいま、わざわざマイアミに行く日本人はいないと思うね。
だって、もっと気の利いたビーリゾートは、たくさんあるし。
そこで説明しておくとだね、マイアミのビーチというのは、本土から離れた砂州の上にある。
マイアミダウンタウンから、マイアミビーチの間にはビスケーン湾(BISCAYNE BAY)がある。
このビスケーン湾で、マイアミとマイアミビーチをつなぐのがコーズウェイ(CAUSE WAY)だ。
マイアミビーチの方は、ほとんどがホテルやレストランだね。
マイアミのダウンタウンは、普通のアメリカの町だ。
面白いのは、マイアミダウンタウンには、町を四角形に取り囲むように、モノレールが走っている。
これが「メトロムーバー(METROMOVER)」で、僕から見ると、遊園地のアトラクションにしか見えなかった。
日本だったら絶対に作らない雰囲気の乗り物だが、それが楽しい。
僕も意味もなく、メトロムーバーに乗って、町をぐるぐる回ったよ(笑)。
そうそう、あと、マイアミからマイアミビーチへ向かうコーズウェイから、カリブクルーズの巨大クルーズ船が見えたね。
そのころは、「カリブクルーズなんて、そんな大金持ちの乗るものには一生縁がない」と考えていた。
しかし調べてみると、カリブクルーズというものは、案外と庶民的な(料金で参加できる)ものらしい。
でももちろん、男性1人で乗るのはおかしいだろうけれどね(涙)。
カップルで乗らないと、クルーズは楽しくないだろう。
11月27日になって、「BAYSIDE MARKETPLACE」というモールへ行った。
これは、マイアミダウンタウンのビスケーン湾沿いにあるもので、なかなかキモチいい場所だったよ。
このころあちこちで盛んだった「ウォーターフロントの再開発」でできたモール、という感じかな。
ベイサイドでは、いろんな店を見て回って、ある店で見た封筒のセットが気に入った。
僕はもともと、「文房具オタク」なので、日本にいたときは、銀座伊東屋や銀座四丁目地下のソニープラザへ通ってたしね。
11月27日は、「BAYSIDEへ行った/封筒が面白い」としかノートに書いてない。
28日になると、またマイアミビーチに泳ぎに行く。
23日に、一度18thで泳いでいる
あの時は、「マイアミビーチに来たからには、無理にでもビーチの海水に浸からなければ」という存在証明のためのビーチ行きだった。
今回はそんなに焦ってなくて、ビーチを楽しもうというキモチ。
マイアミビーチの17thや18th付近で、日焼けのためのビーチチェア(デッキチェア)を2ドルで借りて、本格的に楽しんだ。
とはいっても、すぐに飽きたけどね(笑)。
前回もやってきた、18thの「TAVERN ON THE BEACH」で、ビールを飲むと1.5ドル。
これで、「マイアミビーチを本格的に楽しんだ」と言えるのではないかな。
11月29日になると、これがマイアミダウンタウンの安ホテルの最後の日になる。
確かに汚かったが、一週間も住んでいると、部屋にも愛着がわくね。
窓に取り付けられているエアコンから、水が垂れていて、それが下の階のひさしに落ちて音がしたけどね。
それも、文句を言って、ある程度修理させたし。
翌朝30日の、出発の準備をすべて整えて、またショッピングモールOMNIの映画館へ行く。
今度見たのが、「SCROOGED」だった。
これは日本では、「3人のゴースト」というタイトルだったらしい。
ディッケンズの「クリスマスキャロル」の、パロディ。
アメリカ風の笑いだが、出てくる天使に面白いのがいて、そこのギャグだけは結構楽しめたね。
料金が2.95ドル(約4百円)。
今回は、まだ明るいうちに、バスに乗って戻ってきた。
さて、結局、グレイハウンドのアメリパスをなくしたことで、11月22日から29日まで、合計8日間もマイアミダウンタウンにいた。
明日からはまた、北米一周バス旅行の再スタートだ。
僕に迷いはない。
僕の旅は、神に導かれている。
マイアミダウンタウンに8日も居続けたなんて、まず僕以外には、いないだろうしね(笑)。
北米一周グレイハウンドの旅目次  
ニューヨーク秋物語 
北米 「ホテル加宝」物語 中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記