『セブンマイルブリッジを通ってキーウェストへ着き、泳いだあと、「SLOPPY JOE'S」でウォッカトニックを飲む』@キーウェスト/フロリダ/米国

1988年11月30日に、マイアミ滞在を切り上げ、またグレイハウンドでの北米旅行を再開する。
ある特別な理由で、マイアミダウンタウンの安宿に8泊もしたが、これで身体も休まったし、気分転換にもなった。
長期旅行では、次々と移動することを繰り返さないと、旅は出来ない。
しかし、移動の連続では持たないので、「ところどころで滞在してまた移動」を繰り返すことになる。
まず僕の(39歳時点での)体力と精神力では、1か月連続での移動は出来ない。
わかりやすい例としては、僕の『ユーレイルパスでの21日ヨーロッパ鉄道旅行(1988)』では、連日動き尽くめだった。
でも正直、21日で倒れそうだったよ(涙)。
無理をして、1か月は続けられただろうが、2か月は絶対に無理だった。
僕の『北米一周グレイハウンドバス旅行』でも、マイアミダウンタウンとロサンゼルスのリトル東京でちょっと休んだ。
これで、北米の東海岸、カリブ海沿岸、西海岸、そしてちょっと内陸部も旅できたわけだね。
11月30日、マイアミを出て、まずキーウェストを目指して旅立つ。
バスの時刻は、もちろん前日に確認してある。
なんと、マイアミダウンタウンからキーウェストへのバスが出るのは午前6時だ(笑)。
でも、僕が泊まっている安ホテルは、マイアミダウンタウンのバスディポのすぐ隣なので、問題はない。
久しぶりに午前5時に起床する。
すでに買っていた「アメリパス」を出して、バスディポで、有効期限を12月30日までで、バリデーションしてもらった。
これで、今日11月30日から12月30日まで、またグレイハウンドに乗り放題が出来るわけだ。
バスに乗り込むと、グレイハウンドバスの座席の下に、僕のバックパックがすっぽりと納まることを発見。
もともとパスを無くした原因が、バスディポでの荷物の積み替えの時のトラブルだった。
だからこれ以降、僕はバックパックをバスの中に持ち込むようにした。
バスはマイアミダウンタウンを午前6時にでて、次に「マイアミウェスト」のバスディポへ。
マイアミウェストに午前6時半に到着して、しばらく停まって、午前7時にまた出発する。
マイアミからキーウェストの途中には、有名な「セブンマイルブリッジ」が存在する。
これは、1988年ごろは、ものすごく有名な、アメリカ観光のポイントだった。
グレイハウンドでアメリカ一周をしていた日本人旅行者は、まず間違いなくセブンマイルブリッジを通っているだろう。
映画でも、シュワルツネッガーの「トゥルーライズ」のクライマックスはセブンマイルブリッジだった。
もう一つこのルートの途中に、「エバーグレーズ国立公園(EVERGLADES NATIONAL PARK)」がある。
ただ、グレイハウンドバスでは、行けないよね。
いま(2011年)だと、フロリダ観光は、ほとんどレンタカーを使う。
レンタカーならば、エバーグレーズ国立公園のビジターセンターに寄って、キーウェストへ行くのもいいでしょう。
でも僕が旅した1988年では、まだ普通の日本人バックパッカーが、レンタカーで旅をするような状況はなかった。
普通の若者は、マイアミからキーウェストへ行って、途中でセブンマイルブリッジを通った程度が、旅の経験となった時代だ。
だから、セブンマイルブリッジの乗り方のウンチクもあった。
アメリカの車は左ハンドルだから、「グレイハウンドの右側の先頭の席に座れば、セブンマイルブリッジがよく見える」なんてね。
さて、マイアミウェストのバスディポを午前7時に出たバスは、途中でセブンマイルブリッジを通って、午前11時半にキーウェストに到着。
確か、この同じバスが、キーウェストからまたマイアミへ戻ることになっていた。
だから日帰りしようとすれば、キーウェスト滞在は、2時間程度だったんじゃないかな。
僕はそれをやろうと考えないこともなかったからね(笑)。
バスディポで、カナダのブリティッシュコロンビア州から来た中国人と話をした。
彼は、これからバスに乗ってマイアミへ戻るという。
彼と話をして、キーウェストは見るものが多そうだとわかって、一泊しようと心が決まる。
まず、キーウェストの観光案内所へ行った。
観光案内所で、地図と、ホテルリストをもらう。
すると、なんとそのホテルリストには、ゲイ専用とかレズビアン専用とか(「大人だけ」とかさ)説明がある!

2015年ごろから日本でも、LGBTの権利について言われるようになってきた。
でも、僕がキーウェストのホテルリストを見たのは、1988年だから、びっくりしたね。
僕が泊まったホテルはゲイ専用とは書いてなかったのだが、マネージャーは確かにゲイの雰囲気ムンムンだった。
シャワートイレ付きの部屋で1泊40ドルだが、そこを値切って、30ドルにしてもらう。

3号室に決めて、バックパックを部屋に置き、キーウェストの町を歩き出す。
キーウェストの中心を貫く「デュバルストリート(DUVAL STREET)」に出る。

デュバルストリートは、キーウェストを一直線に貫くメインストリートだ。
歩くのも大変かなと思っていたら、自転車屋を発見する。
自転車は、1日8ドルで借りられる。
しかし、パスポートとクレジットカードを預かるというので、自転車はやめた。
ずんずんと歩いて、「フォートザカリーテイラーヒストリック州立公園(Fort Zachary Taylor State Park)」のビーチで、軽く泳ぐ。
この入場料が1.5ドルかかったと、ノートに書いてあります。
さらに、「ヘミングウェイの家(Earnest Hemingway Home)」を見る。
続いて、デュバルストリートの突き当たり、「Southernmost Point」の記念碑を見る。
さらに、そこのビーチで泳いだ。
僕はホワイトヘッドストリートとデュバルストリートを歩き倒して、2か所のビーチで泳いだわけだ。
日が暮れたら、キーウェストの名所「SLOPPY JOE'S」へ行って、ウォッカトニックを飲んだ。
これが2.75ドル。
ただ、このバーには、タンクトップ姿のマッチョマンだらけでした。
雰囲気が合わないのと、身の危険を感じて、ウォッカトニック一杯で、失礼する。
あとは、デュバルストリートのTシャツ屋を冷やかして歩く。
クアーズとピザのスライスを買って、夕食にした。
ホテルに戻って、マネージャーの、僕のお尻を見る目つきが気になったので、部屋のドアには内側から椅子を立てかけて寝ました。
部屋で、絵葉書を書いた。
キーウェスト滞在半日にしては、泳いだり飲んだりして、充実かな。
明日は、午前7時半のバスで、マイアミ経由で、オーランドへ行くつもりです。
北米一周グレイハウンドの旅目次  
ニューヨーク秋物語 
北米 「ホテル加宝」物語 中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記