『日本人美女と、セントラルパークを歩き、メトロポリタンミュージアムを見て、スタッテンアイランドフェリーに乗る(1988/10/25)』@ニューヨーク/米国

【ニューヨークを歩く(2000)】
1988年10月22日、僕はロンドンからのクウェート航空機(KU101)で、ジョン・F・ケネディ空港(JFK)に到着した。
そのあと、バス、地下鉄を乗り継いで、ニューヨークのど真ん中、「スローンハウスYMCA」にチェックイン
10月23日には、ニューヨークの中心街を歩いて回って、「キャッツ」と「レ・ミゼラブル」の切符も窓口で買った
10月24日に、ニューヨークの街角で、日本人美女と出会って、観光案内所へ行き、そのまま「自由の女神」を見に行った。
夜になったので、「エンパイアステートビルディング」の展望台から、ニューヨークの夜景を見る。
お互いにニューヨーク観光を始めたばかりなので、翌日の待ち合わせを約束した。
ただ僕は、この日本人美女にそれほどの執着心はない。
世界旅行者の考え方は、とてもさっぱりしている。
ある日に偶然出会って、一緒に観光をして、楽しい思い出を作っても、それに執着しない。
その日のことは、その日一日のことで、その思い出を繰り返そうとは、思わない。
これが、人と出会っては別れることを繰り返している、本格的な旅行者の考え方なんだよ。
だって、昨日出会った女性は、確かに美女だったが、考え方がまじめだった。
でも、今日は、別の、「信じられないくらいエロい美女」と出会えるのかもしれない。
その日一日のことは、その日だけで終わる。
昨日会った人と翌日も会おうと考えるのは、よくない。
人間として最も醜い心、それは「執着心」なんだよ。
それがなぜわかるかというと、僕は離婚した女性にすごく執着していたことがあるからだ(涙)。
執着した経験があるから、執着心の醜さがよくわかるってことね。
しかし僕は、離婚のあと、すべてを捨てて、世界一周旅行に出た。
ここで、僕のすべてを捨てているので、もう執着心はない。
でももちろん、ステキな女性と関係ができたら、もちろん執着する気持ちはあるが、それはコントロールできる。
女性への礼儀として、執着している振りをすることはあるが、本当は執着心はない。
執着心を見せるのは、女性へのサービスでしかない。
旅で出会ったすべてのもの、人や土地、風景とは、いずれ別れがくる。
世界旅行者は、世界各地で、出会いと別れを、繰り返している。
だから、ニューヨークへ来て、20歳代の日本人美女と出会って、ニューヨークを歩き回ったら、その一日はそれだけで十分。
その記憶だけで、これからの人生を、生きていける。
これ以上関係が深くなっても、別れるのが面倒になるかもしれない。
だから、24日は一緒に歩き回ったが、25日になって、待ち合わせをすっぽかされても、別に気にならない。
僕としては、女の子との待ち合わせの約束は、僕自身が、きっちり守ればそれでいい。
女の子との、1988年10月25日の待ち合わせは、お昼ごろだったと思う。

【セントラルパークのベンチに座る(2000)】
どこで待ち合わせたか、記憶にないし、僕の旅行ノートにも書いてない。
僕は、午前中を、YMCAの部屋で、テレビを見ながら、過ごす。
すると、テレビでは、法廷物のドラマをやっていた。
知る人は知っているが、アメリカ人は、法廷モノ、法廷ドラマ、法廷バラエティ、が大好きなんだよ。
しかもこのとき放送されてあ法廷モノというのが、「日本女性が、心中を図って、子供が死んで、母親だけが生き残った」というドラマ。
これはかなり話題になった実話を、ドラマ化したものだったんだけどね。
僕はモトモトこの事件を知っていたので、興味深く見ていた。
結局、日本とアメリカの文化の違いということになるわけだが。
ドラマ自体は、日本の心中を文化的に解説するような、日本人に同情的な立場だったので、違和感はなかったかな。
このドラマを見終わって、待ち合わせ場所へ行き、美女と再会した。
美女と2人で、「ポートオーソリティバスターミナル(Port Authority Bus Terminal)」へ。
ということは、待ち合わせは、ここだったのかな?
一緒に昼食をとる。
僕が食べたのが「焼きそば」と「ブロッコリー肉炒め」で、4ドル50セントでした。
彼女に、「グレイハウンドのアメリパスは一日あたり10ドル払えば、期間を延長できる」と教えてもらった。
この時代の日本のガイドブックには、「アメリパスの延長は、日本で、一日あたり2500円」と、堂々と書いてあったよ(笑)。
そのあと、2人で「セントラルパーク(Central Park)」を歩いた。
秋のセントラルパークを、美女と2人で歩く世界旅行者。
僕は2000年にも、セントラルパークを、別の知的美女と2人で散策したけどね。
次に、「メトロポリタンミュージアム(MMA/Metropolitan Museum of Art)」へ歩いた。
この時のメトロポリタンミュージアムの入場料は、学生で2.5ドル(3百円ちょっと)。
僕はなぜか、ロンドンで作った国際学生証を持っていたので、この値段で入場できました。
2人で、MMA(Metropolitan Museum of Ar)に入ったのが、お昼の12時10分。
二人で一緒に絵画を見た後で、別れて、別々に興味のあるものを見ることにした。
というのが、僕はヨーロッパやアフリカをすでに旅している。
だから、どうしても、エジプト関連のものを見たかったんだね。
もちろん、日本関連の部屋にも行きたかったし。
美術館や博物館は、やはり、自分の興味のままに、一人で鑑賞するものだしね。
午後3時半まで、別々に美術館内を歩いて、出口で待ち合わせした。
その時間に再会して、日本レストランの「サッポロ」で、ちょっと早い夕食を取る。
ここでも、いろんな話をして、夜になる。
2人で「スタッテンアイランドフェリー(staten island ferry)」に乗りに行く。
このフェリーは、ニューヨーカーが通勤に使っているものだ。
乗船料は、25セントだった。
2人で、通勤客でいっぱいの船に乗り、スタッテンアイランドへ。
ここで降りても意味がないので、またニューヨーク、マンハッタン島へ、戻ってきた。
フェリーがマンハッタン島へ近づいたとき、2人は、すぐに降りようと、船の先頭に立っていた。
フェリーが接岸する直前、マンハッタンの高層ビル群の明かりが、2人を取り囲む。
僕はそのとき、女の子の身体に手を回して、自分のほうへぐいっと引きよせた。
彼女も、僕のほうへ身体を預けた。
2人とも、知っていた。
これが別れなのだと。
だって、明日の話はしなかったからね。
彼女とのことは、こうして、とてもきれいな思い出として、残っている。
だって、これは、1988年の秋、まだ昭和時代なんだからさ。
平成になり、21世紀になったいまでは、これだけでは終わらなかっただろう。
でも、エッチをしたとしても、それがいい思い出になったかどうかは、わからない。
僕の考えでは、何もしないまま別れたのが、よかった。
だからこそ、いまでも、きれいな思い出として残っている。
僕が死ぬまで、何の後悔もなく、思い出すことができるってわけなんだ。
【旅行哲学】旅先の恋は、実らないままのほうが、思い出としてはいい(かもしれない)。
□ ポートオーソリティバスターミナル メトロポリタンミュージアム スタッテンアイランドフェリー
europe world 北アメリカ 世界百か国リスト
ニューヨーク物語 北米一周グレイハウンドの旅 「ホテル加宝物語」
INDEX
xxx