コロッサス@マジックマウンテン/ロサンジェルス
1990年2月3日、世界旅行者は中南米旅行のあとのロサンジェルスの長期滞在を切り上げて、そろそろ日本に帰ろうと考えて準備をしていた。
しかし、アジア、ヨーロッパ、アフリカ、中近東、それから北米、中米、南米と旅をしてきて、その世界一周の最後が、ロサンジェルスから飛行機で日本へ帰国では、大人しすぎてつまらないよね。

そんな根性のない世界一周は、誰にでもできる。
僕が世界旅行者と呼ばれ、日本中から尊敬されるからには、もっと「芸」をしたい。

単純に言うと、「太平洋を島伝いに」渡らなければならない。
また、特に興味はないのだが、そのころ学生がよく行っていたオーストラリアへも入国しておいた方がいいだろう。
世界旅行者が学生に負けるわけにはいかないしね。

オーストラリアへ行ったら、そこから東南アジアに入って、中国を経由して、船で日本へ向かうことも考えられる。
というわけで、世界旅行者は、リトル東京のHISでいろいろと相談していた。
だんだんまとまってきて、ニュージーランド航空のオーストラリアへの片道航空券で4回ストップオーバー可能というルールを利用して、タヒチへ寄る計画を立てていた。

ところで、タヒチなんか、普通では、カップル以外では絶対に行けないよね。
日本から男1人でタヒチなんかに行く人はかなりおかしいだろう。

でも、「ロサンジェルスからオーストラリアへのアイランドホップの途中で、軽くタヒチへ寄る」というのならば、中年男性の一人旅でも、何とかぎりぎり言い訳できる。

さて、南米から戻ってきて、僕はすでに、ロサンジェルスのめぼしい観光地、テーマパーク、美術館、博物館などは、ほとんど行っている。
ただ、一つだけ、「マジックマウンテン」だけが残っていた。

ところが、このマジックマウンテンは、特に個人では行きにくいんだ。
まず、公共交通機関が存在しない。

昔はグレイハウンドが立ち寄るようなこともあったらしいが、それもなくなったようだ。
この時期は、僕はまだ米国の運転免許を取ってなかったので、レンタカーで強引に行くこともできない。

心残りだが、マジックマウンテンは諦めていた。
それに、それほど一般的なところではないみたいだったしね。

この朝、「ホテル加宝」のマネージャー大山さんから、僕の部屋に電話がかかってきた。
「ロサンジェルスの観光について聞きたい人が来たから、西本先生、話してくれませんか?」だってさ。

僕はすぐに「ホテル加宝」のロビーに行って、話しかける。
心では、もちろんいつものように、「アメリカ観光に来たやつならば、中南米旅行に送り出してしまおう♪」と考えていた。

ところが、見ると、なかなかまともな、きちんとしたサラリーマンタイプの20代後半の男性だ。
名前は高橋くん。

まともなサラリーマンは中南米旅行に送れない。
旅行期間も短そうだしね。

ちょっとガッカリして、それでもロサンジェルスを車なしでバスで観光するウンチクを傾けようとしたら、なんと彼は車を借りているのだそうだ。
これでは、世界旅行者お得意の「中南米旅行のポイント」「バスで観光するロサンジェルス」が語れない。

しかし、話をすると、彼はロサンジェスルのどこかテーマパークへ行きたいのだとか。
ここにも神の導きが現れた!

高橋くんは「車を持っていて、どこかテーマパークへ行きたい」。
そして、世界旅行者は「マジックマウンテンへ行きたいが、車も免許証もない」。

この2つの孤独な魂が、ロサンジェルスの安宿「ホテル加宝」のロビーで遭遇した。
となれば、すぐに愛の炎が燃え立つのが、旅先の必然だ。

しかも、この1990年2月3日は、なんと、もちろん、神の定めにより、土曜日でマジックマウンテンがオープンしている週末だったんだ!

僕は彼に「ロサンジェルスで一番のテーマパークはマジックマウンテンですけどねー」と気を持たせる。

続いて、「フリーウェイで行くので、初めての人だと道がわかりにくい。途中で道を間違えて、行方不明になる人が多いんだよなー。フリーウェイの降り場所がわからなくて、サンフランシスコまで行っちゃう人もいるし。仕方ない、僕が一緒に行ってあげるよ」と強引に同行を決定する。

彼の借りた車は「Ford Probe」という、なかなかまともなもの。
彼が運転席に座り、僕が助手席でナビゲーターをやる。

車に乗って、僕の指示通り、まず向かうのは、フリーウェイの入り口ではなくて、ニューオータニ。
この時期、ロサンジェルスのテーマパークは割引券があちこちにあったもの。

だから、ニューオータニのツアーデスクでマジックマウンテンの割引券を入手したわけだ。
これだけでも、高橋くんは、世界旅行者先生様に、大きく感謝すべきだと思うよ。

割引券を入手したら、すぐにダウンタウンからフリーウェイに乗る。
101番のハリウッドフリーウェイから、170番に乗り換え、5番のゴールデンステートフリーウェイに入る。

僕はもともと頭がいいので、非常に優秀なナビゲーターだ。
相手が何を考えているか読んで、常に的確なアドバイスを与える。

逆に、僕が運転する時にはナビゲーターについて非常に厳しい。
僕が運転していて何かを聞いたときに、すぐに返事をしないと、「アホか!」と怒ってしまうんだよ。

僕が運転していて満足できたナビゲーターは、文藝春秋社のO記者だけだったが、彼は東大卒だったので、ピッピッと打てば響くような返事があったね。

まあそれはそれとして、ロードマップとフリーウェーの案内を的確に読んで、すんなりと進む。
左側にマジックマウンテンのライドが見えてくるので、フリーウェイを降りて到着。

マジックマウンテンの周辺には何もない。
もちろん巨大な駐車場があるが、さすがに2月なのでガラガラだ。

車を駐車して、すぐに切符売り場に行くと、ここには長い列があった。
高橋くんと2人で列に並んで、「アメリカ人は寒くても来るんですねー」などと世間話をしている。

しかし、このまま普通にニューオータニでゲットした割引券で入場するようでは、まだまだ素人さんだよ。
僕は列に並んでいる人を観察していた。

すると、後ろに並んでいる白人美女3人くらいが手に持っているのは、僕らよりももっと割引率の高いクーポンだった。
それを見せてもらう。

クーポンというものは一枚で何人か利用できるもの。
つまり、白人美女は余分なクーポンを持っている。

そこで、僕は話しかけて、そのクーポンを譲ってもらった。
アメリカ人は気さくな人が多いので、余分なクーポンをあげるくらいは常識だしね。

入場したあと、まず乗ったのが「コロッサス(Colossus)」、これはそのころ「世界一の木造コースター」と言われていたような記憶がある。
ガラガラだったので、ほとんど列に並ぶこともなく、すぐに乗り込んだ。

が、逆に心構えができないまま動き出したので、本当にあわてててしまった。
それで、高橋くんは「なんだ、気の小さいおっさんだ」と僕を正しく理解したらしく、それからあとは、2人とも子供になったように、次々と目に付くライドに挑戦していった。

覚えているのでは、Freefall, Z-force, NINJA, Log Jammerなどに乗ったね。
また、水をかぶるだけが目的のボートにも乗って、もちろん水をかぶって、びっしょりと濡れた。
この時は、いつもアーミージャケットを着ているのに感謝したよ(笑)。

いくらカリフォルニアでも冬の日は短く、ライドにもいい加減飽きたので、とっととマジックマウンテンを出て、駐車場へ。
すると米国のテーマパークやボールパーク定番のトラブル、「車をどこに停めたかわからなくなった」現象がおきてしまった。
何しろ2人とも、車の色まで忘れていたから、かなり長く捜したよ。

そのあとは、5番から110番のパサディナフリーウェイを通って、ダウンタウンのヒルストリートへと抜けた。
車をガソリンスタンドへ持っていって、そのガソリン代の9ドルは僕が出しました。

【写真】マジックマウンテンの名物ライド・コロッサス
【旅行哲学】テーマパークはやはり夏に行くのが楽しいかも。
参考:
magic mountain http://www.sixflags.com/parks/magicmountain/
Wikipedia http://en.wikipedia.org/wiki/Six_Flags_Magic_Mountain
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20060219