『テレビ番組でアメリカ社会を哲学し、ペンシルバニア駅、中央郵便局へ行って、マディソンスクエアガーデンでボクシングを見る(1988/10/27)』@ニューヨーク/米国

【ニューヨークを歩く(2000)】
10月23日に、「ウィンターガーデン劇場(WINTER GARDEN THEATRE)」へ歩いて、「CATS」の切符を購入した
10月26日午後2時に、キャッツを鑑賞した。
しかし手許には、10月31日の、「レミゼラブル」の切符がある。
ということは、10月いっぱいはこのままニューヨークに滞在することになる。
だって、僕は、グレイハウンドバスの乗り放題のバスパスを持っているので、動き出したら、止まれない。
一ヶ月間で、動きに動くつもりなんだから。
それまで、ニューヨークの観光名所を片っ端から見て歩こう。
思いがけなく見つけた「スローンハウスYMCA」の居心地は、とてもいい。
とにかく、ニューヨークのど真ん中、34丁目なんだから。
どこへ行くにも、軽く歩けるのがいい。
昨日は、早めに寝たせいか、午前5時に目が覚めた。
テレビをつけると、通販番組をやっている。
いまでは日本でもよくある通販番組だが、この話は、1988年のことなのでとても興味深かった。
この時期のニューヨークの日の出は午前7時過ぎなので、午前5時というのはまだまだ、深夜の雰囲気。
通販番組では、結構安い宝石やアクセサリーを売っていて、その売り上げが画面に表示されるのも面白い。
電話がかかってきて、それを直接流したりしている。
僕がその時に思ったことは、「アメリカには一人暮らしの老婦人が多いんだなー」ということ。
電話をかけてくる人は、ほとんどがそういう感じの人だったからね。
それから、チャンネルを変えていくと、「スペイン語での英語学習番組」というのも発見した。
つまり、中南米出身の人たちのための英語番組なんだろうね。
そういえば、ニューヨークの地下鉄やバスの表示も、街角の看板も、スペイン語のものが目に付いたし。
テレビを見ているだけで、アメリカのいろんな事情がわかって、興味深かった。
まあもちろん、それを理解するには、それなりの知的レベルが必要なわけだ。
ただ漫然とテレビを眺めていても、考えない人には何もわからない。
少し明るくなって、宿泊費を今日の分(10月27日)と明日の分を払った。
10月31日までいるのが確実なのに、2日分ずつ払うのは、旅先では(世の中では)何が起きるか、わからないから。
100ドルのトラベラーズチェックで支払い、おつりをドルのキャッシュでもらう。
わざわざ2日分(56.50ドル)ずつ払うのは、こうやると、100ドルのトラベラーズチェックからのおつりで、現金が簡単に入手できるからなんだ。
熱いシャワーを浴びて、洗面所へ行くと、今朝も日本人男性と会った。
前に会ったのは、100ドルとパスポートを取られた若者だった。
今日の若者は、ニューヨークに来て3週間になるが、3つのトラブルに遭遇したのだとか。
一つ目は、「夜の女性から財布を盗まれそうになった」こと。
次は、なんでも「騙されそうになったが、空手の型をして切り抜けた」んだと。
3つ目は、「自称ジャマイカ人に騙されそうになった」こと。
彼は、それぞれを自慢げに話をしていた。
彼は空手ができて、体力もあるので、それで「切り抜けた」という。
ただ僕は、「最初から怪しいことに、かかわらないほうがいいのでは」、と思ったけどね。
この時期は、日本人の若者で、特に目的もなく、なんとなくニューヨークに来た人が、メチャ多かったということね。
YMCA一階のカフェテリアで、朝食を取りながら、ニューヨークの地図を広げて、いろんなことを考える。
ニューヨークの住所を日本語にする場合が理解できた。
「1st Avenue」は、「1番街」と書く。
「45th Street」は、「45丁目」となる。
つまり、ニューヨークでは、「11W 53rd st.」は「西53丁目11番地」となるわけだね。
でも、ロサンゼルスでは、「1st. street」は、「1番街」と呼ぶんだけど。
取りとめもないことをいろいろと考えて、週刊誌の「TIME」を見ると、HONDAの「ACURA」の大きな広告が出ていた。
つまりこの時期、日本の自動車会社は、アメリカでもすごい力を見せていたわけだ。
僕も、日本人として、ちょっと誇らしかったよ。
しかし、普通の日本人サラリーマンが、会社の金でニューヨークで豪遊しているときに、僕は、安ホテルに泊まってるだけだ(涙)。
昨日洗濯をしたときに、アーミージャケットのポケットに穴を見つけていたので、部屋に戻って、ポケットの穴を縫う。
テレビを流しているので、アメリカのソープオペラ(お昼の連続ドラマ)を見て、楽しむ。
でもこのままでは、一日中テレビを見てごろごろしてしまう。
しかし、なにしろ、このYMCAはニューヨークのど真ん中にあるので、外へ出れば、すぐにやることが見つかる。
まず、ペンシルバニア駅(Pennsylvania Station)へ行った。
グレイハウンドのパスを使いはじめる前に、鉄道で近くの町へ行けないかどうか、を調べるためだ。
このとき、ニューヨークからボストンへの片道で、39ドル。
オフピーク料金が33ドルだった。
これは、正直、高すぎるね(汗)。
フィラデルフィアへ鉄道で行くとしても、片道が47ドル、往復で69ドル(平日のみ)だ。
これも、ちょっと考える値段だ。
だって、グレイハウンドバスでアメリカ中が1か月乗り放題で、たった250ドル程度だからね。
これでは、鉄道移動は、考えられないよ。
というわけで、ニューヨークから鉄道での近場の町へ出かけることは、スパッと諦めた。
続いて、ニューヨーク中央郵便局へ行った。
これは、ヨーロッパから持ってきたものの中で、不用品を日本の実家へ送り返すため。
郵便局で、郵送用の箱を売っていて、小さいのが75セント、大きい箱が1ドル25セント。
この日は、それを確認しただけで十分。
歩いていると、「マディソンスクエアガーデン(Madison Square Garden)」を発見。
マディソンスクエアガーデンといえば、いろんなスポーツイベントがあるところ。
何かあれば見たかったが、この日は小ホールでボクシングの試合があるのを発見する。
ただの観光客の僕としては、マディソンスクエアガーデンの中に入って、何かイベントを見られれば、それでいい。
僕としては、何でもいいわけだ(笑)。
「Madison Square Garden , The Felt Forum, Fight Night」というボクシングの試合がある。
いいのは、料金が10ドルだったってことかな(笑)♪
僕の席は、「section 2, row P, seat 10」でした。
このボクシングの試合でびっくりしたこと。
それは、善玉と悪役とがはっきりと決まっていること。
善玉は、服装もきらびやかで、真っ白なマントを羽織っているイケメンだ。
悪役は、最初から、いかにも悪役の雰囲気で、もちろん負ける。
これって、プロレスじゃないのかな(笑)。
でも観客は、それなりに盛り上がって、善玉を応援している。
僕が後年日本で見る「TBSが放送する亀田の試合」のように、最初から勝ち負けが決まっていたわけだよ。
だから僕は、日本で亀田のボクシングを見ても、他の日本人のようには怒らなかった。
「そういえば、ニューヨークでも、こういう試合を見たよなー(笑)」と思っただけだ。
まあ、世の中って、そういうものなんだよね。
ニューヨークの街を歩いていて、絵葉書を見つけたので、購入する(絵葉書5枚で1ドル)。
街角のキオスクで、テレビガイドも買う(75セント)。
あと、この日に気がついたこと。
中央郵便局で見つけた、郵送用の箱には、最初から糊がついていた。
この時期の日本では、自分で荷造り用のロープを買って来なければならなかったので、米国のほうが進んでいたね。
マジソンスクエアガーデンのボクシング試合を見たら、広告入りの帽子をもらった。
これも、入場料が10ドルだったので、帽子ももらえたのは、かなりうれしかった(笑)。
YMCAに戻ると、「エイズ撲滅週間」ということで、ロビーにコンドームが山積みになっていた。
無料だということなので、3つほどいただきました♪
女の子とニューヨークをうろつく前に、コンドームをもらっていたら、エッチしたかもね。
だって、それが、神の導きだと思っただろうから。
マディソンスクエアガーデン http://www.thegarden.com/
□ 3回騙されそうになった日本人旅行者/ ペンシルバニア駅/ ニューヨーク中央郵便局/ マディソンスクエアガーデン/ ボクシングの試合/ 無料コンドーム

ニューヨーク物語

北米一周グレイハウンドの旅 「ホテル加宝物語」

パリ滞在とロンドン、アイルランド(1988/10/03-1988/10/22)

europe world INDEX 北アメリカ LIST
xxx