『ロサンゼルスからラスベガスへ6時間50分、ラスベガスからソルトレークシティへ8時間35分』@ラスベガス/ネバダ州/米国

【世界旅行者@フレモントストリート(2001)】
1988年12月23日午前11時にリノを出て、(吹雪のせいで)バスが遅れたり、乗換えがあったりして、ロサンゼルスへ到着したのが24日のお昼近く。
つまり、リノからサクラメント、サンフランシスコ経由で、ロサンゼルスへ到着するまで、(バスの乗り換え時間を入れて)24時間かかったわけだ。
到着した24日の午前に、バスディポ近くの「セシルホテル(税込み17.68ドル)」に、チェックイン。
それから、僕の口座がある「加州住友銀行」へ行こうか、と考えた。
ロサンゼルスへ来て、リトル東京の「ホテル大元(ダイマル)」に泊まっていたとき、日本へ送金依頼の手紙を出しておいた。
作ったばかりの「加州住友銀行」の口座に、日本の口座に置いてあるお金を送るように頼んだ。
その入金を確認しようと、最初はリトル東京へ歩き出した。
しかし、考え直して、行くのを止めた。
というのが、送金があれば、確認しなくても、お金はそこにある。
銀行口座のお金は、見張っていなくても、逃げたりしない。
つまり、いまあわてて確認する必要はない。
しかし、入金確認して、もし入金がなかった場合は、精神的にダウンしてしまう。
もし送金されてない場合は、米国で野垂れ死に、飢え死にするだけだ(涙)。
だとしたら、飢え死にする前に、無駄な心配までする必要はない。
どうせ死んじゃうんだから(笑)。
まだグレイハウンドのパスが使えるのだから、飢え死にする前に、限界ぎりぎりまで使って旅を楽しんだほうが賢いのでは?
そう考えて、口座の入金を確認をするのは、止めた。
もし神が、僕を導いているならば、何も問題なく、口座にはお金が送金されているはずだしね。
難しいこと、苦しいことは、できるだけ考えないほうがいい。
正直、今になって振り返れば、僕の人生は、困難から逃げ続ける人生だったね。
正直言うと、いまもそうなんだけど(汗)。
それで死ぬまで逃げ切れるかというのが、心配なんだけどね。
銀行口座を確認しないなら、ロサンゼルスで何をしようかと考える。
普通に頭に浮かぶのが、日本語の本を読みたい、ってこと。
僕はとにかく、本を読むのだけは、やめられない人間。
僕が旅をすきなのは、旅の途中で、本を読む時間がたっぷりあるからなんだ。
バスの中でも、列車の中でも本は読める。
そればかりか、バスや列車を待つ時間も、本を読めるんだから(笑)♪
このところ英語の本ばかり読んでいたので、日本語が懐かしくなっている。
ロサンゼルスには日本語の本屋もあるわけで、日本語の本を立ち読みに行こうと考える。
メインストリートと6番街の角にあるとセシルホテルを出て、6番街を西へ歩き、「BOOKS NIPPON」という日本書店へ行った。
日本の雑誌を立ち読みしたが、まだ物足りなく、リトル東京へ行くことにした。
リトル東京のヤオハンがある大きなビルの中に、旭屋書店を発見。
この時代は、旭屋書店では、漫画が立ち読みし放題だったので、日本の漫画や雑誌を読んで時間を潰す。
旭屋書店で、雑誌「諸君」(7.80ドル)を買って、ヤオハンで、弁当とビールとキムチをゲットして、ホテルに戻る。
部屋で弁当を食べ、キムチをつまみに、ビールを飲み、諸君を読みながら、テレビを見る。
熱いシャワーを浴びて、ベッドに横になり、テレビを見ている。
正直、世の中に、これ以上幸せなことはないね。
前夜は、グレイハウンドバスの中で、うとうとしながら過ごした。
特にきついとは思わなかったが、この夜は、ベッドで雑誌を読んでいるうちに、コロッと寝てしまった。
さて翌日の、12月25日、クリスマスは、スカッと晴れたいい天気だった。
今日はさて、どこへ行こう?
乗り放題のバスが有効な以上、ロサンゼルスにいる選択肢はないわけで、とにかく移動する。
最終的には、パスを使い終わって、ロサンゼルスに戻るつもり。
「北米一周グレイハウンドの旅」がロサンゼルスを終着点にするとして、さて、そのあと、どこへ向かうのか?
中南米旅行はずっと考えているが、まだ現実感がない。
北米一周をしているのに、中南米へ足を伸ばさないのでは、世界一周旅行としては弱いしなー(涙)。
それも、もう一度ロサンゼルスに戻ってきたときに考えればいい。
ということで、今日は今日のことだけ考える。
これが、「世界旅行主義」だ。
そうして今日は、ラスベガスへ行く。
ラスベガスといえば、エルビス・プレスリーの「ラスベガス万歳」だよね。
せっかくロサンゼルスにいるのだから、すぐ近くの(といっても6から7時間かかるが)ラスベガスへ行かないと話にならない。
ま、ギャンブルはする気もないし、お金もないから、雰囲気だけでも味わえばいい。
ロサンゼルスのバスディポへ行って、ラスベガス行きのバスに乗る。
出発が午後2時。
バスは、ずーっと平原を走っていたが、途中で岩山に入っていった。
岩山の途中に、ポツンとレストランがあって、そこでミールストップがあったのを覚えている。
バスの休息はそれだけで、続いて砂漠を走り続けて、ラスベガス到着が午後8時50分。
このときは、ロサンゼルスからラスベガスまで、6時間50分かかった。
しかし、グレイハウンドバスは、途中の停車によって、大きく時間が変わる。
僕が2001年にバスでラスベガスへ行ったときは、6時間でした。
グレイハウンドのバスディポは、ラスベガスのダウンタウンにあった。
バスディポの周囲は、それほど大きくないホテルとカジノ、お土産屋などが並んでいる。
いわゆるラスベガスの豪華ホテル群は、「ストリップ」という通り沿いにあるので、ここからは遠い。
僕は、夜中にそんなところまで行くつもりもない。
バスディポ近くのカジノへ入って、ポーカーマシンにクウォーター(25セント)を入れて、ちょっと遊んだ。
もちろん勝ちもしなかったし、大負けもしなかった。
これで、僕の旅行経験の中に、「本場ラスベガスでギャンブルをした」という、勲章がまた一つできたわけだね(笑)。
さてこれからどうしようか?
バスディポの近くには、安そうなホテルもあるが、泊まったところで、宿泊料のムダだ。
もちろん、今夜は、バスの中で寝るつもり。
バスに乗って、ロサンゼルスへ戻ってもいい。
しかし、ロサンゼルスからラスベガスを往復しただけでは、面白くないね。
ロサンゼルスとは逆方向に、このまま進んだらどうなるだろう?
内陸部へ進めば、ユタ州の州都ソルトレークシティ(SALT LAKE CITY)がある。
時刻表を見ると、ちょうど、午後9時40分発のソルトレークシティ行きバスがある。
このバスの中で寝ていれば、翌朝にはソルトレークシティに着く。
というわけで、僕はバスに乗った。
翌朝(1988年12月26日)午前7時15分に、ソルトレークシティのバスディポに到着。
それでは、9時間35分かかったのかというと、それは違う。
だって、ネバダ州とユタ州の間には、1時間の時差があるからね。
だから、バスに乗っていたのは、8時間35分でした。
ねー、こういうことって、バスで大陸を横断してないと、経験できないことなんだよ♪
さて、ロサンゼルスから15時間以上かけて、ソルトレークシティにやってきた。
それでは、ソルトレークシティに、何があるの?
神が僕を呼んだのだから、なにか導いてくれるはず。
そう思ったら、その通り、ここで世界旅行者は、神様に出会う運命なのでした。
北米一周グレイハウンドの旅目次  
ニューヨーク秋物語 
北米 「ホテル加宝」物語 中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記